インパクトは無登録のキャッシングサイト(闇金判定)

【金融タイプ】キャンセル詐欺

お盆明けにより広告が偏って露出された結果、怪しい金融会社のサイトが大量発生していることが分かってきました。今回はそんな中から情報寄稿があったこちらの「インパクト」について検証を行ってまいります。

まず露出宣伝されているページは闇金ばかりを掲載している問題のある金融比較サイトでした。そのことから危険度は50%を超えておりますが斜め目線にならず冷静に会社概要から確認しました。

会社概要には会社名が記載されていません、つまりこのサイトは個人と言うことになります。さらに貸金業登録番号が記載されておりませんでした。貸金業登録番号の記載が無いということは未取得と解釈出来ます。

当サイトではこちらのインパクトを闇金と判断します。

特商法の観点からこのインパクトを再確認したのですが必要とされている情報に全くたりておらず業者が自分たちのい居所を探られたくはないという意図を持っていることが読み取れます。特筆すべき点はこのインパクトが会社概要で記載している住所です。実はこの住所、

それまでの古い闇金サイトが使い回している住所だということがわかりました。

インパクトが会社概要で記載している住所近辺の画像とマップ

このキャッシングサイトが記載をしていた住所近辺の写真がこちらになります。この住所には金融業者が全く存在していないのです。狭い路地裏といった住所であり金融会社の看板すらもありません。

東京都港区赤坂3-16-5

サンクス

ナイスライフ

マネースタイル

クオリティー

ライフスタイル

グローバル

これだけの闇金サイトが過去に使っている住所なのです。さらにいうなればこの住所に金融会社が存在しておりませんので書かれている情報がウソであることがわかります。さらに驚くべきことにこれらの闇金サイトは全て今回のインパクトと同じトップ画像を使っている事実です。

ここまで同じものを使い回しているにもかかわらず全てが別会社などということがあり得ますでしょうか?

そんなことはあり得ないのです。貸金業登録をしていない時点で「違法金融」となるわけですがそのことを知りながら業者からお金を借りるなどの行為をすればその人物も犯罪者に利益をもたらすとして被害者にならない可能性があるのです。

現在、こちらのページを読んでいる方でこのサイトに申込をしていないのであればサイトが限りなく違法であることを理解し慎重に行動してください。それだで金融被害を防ぐことができます。そして、残念ながらすでに申込をしてしまっている場合は慎重な行動が必要になってきます。


こうした闇金は必ず申込をした人物の勤務先情報を要求してきます。これは一般の消費者金融でもあり得ることなので防ぐことはできません。しかし闇金業者は勤務先情報を「嫌がらせ」の道具として使ってくるのです。

申込をした人物が勤務している会社に連絡をすることでその人物の尊厳を崩すことで恐怖に任せた支配をするための嫌がらせなのです。
お金をかりていないから大丈夫だなどという見解はまったくの筋違いであり誤解です。展開している闇金サイトの9割以上はお金を貸していません。警察では振り込め詐欺の分派である「特殊詐欺」業者として捜査しています。

つまりお金を借りることもできず、自分の信用情報をお金に替えることしかしないのです。

インパクトに騙された方が取るべき対応方法

インパクトとかかわっても何1つメリットがありません。しかしかかわると多くのデメリットが出てしまいます。
こうした特殊詐欺業者に対しては法律で毅然と対応しなければなりません。方法や対策がわからない方が圧倒的に多いことも理解しています。そしてお金がないからこうした闇金サイトに申込をしてしまうことも理解しています。

だからこそ当サイトでは無料でフリーダイヤル相談をしてもらえる法律事務所の番号を記載しています。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【サイト名】インパクト

【サイトURL】

【記載住所】東京都港区赤坂3-16-5

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所