=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

ドメイン「fine-spice」をつかってたくさんの悪質金融サイトを作っていることをすでに皆さんも御承知であると思われますがここにきてまた新しいサイトが登場しました。結論から先に申し上げるのであればこちらのサンクスですが限りなく闇金であると言えます。

当サイトではこのサンクスを闇金と判断せざるを得ません。

違法性が強いサイトと判断した根拠は以下となります。

・サイトが会社概要として表記している住所が過去の闇金が使っている住所と全く同じでありそこに業者が存在していない

・貸金業登録番号の表記が無く取得した経緯も確認できない

・過去に猛威をふるってきた闇金サイトと全く同じデザイン、文章を使い回している

状況証拠という意見もあると思いますがサイト上に貸金業登録番号の表記が無いのは問題です。この点について被害者が問合せをすると業者は、

「更新時期だから新しい番号がきたら表記する」

といった言い訳をしてきます。これは過去にあったほぼ全ての闇金が使っている常套句です。同じような発言をされたのであればそのサイトは闇金もしくは悪質性の強いサイトであると判断して問題ありません。

スポンサーリンク


貸金業登録番号は3年経過により1つ番号が上がります。しかしながら更新といった概念ではありませんし番号が変更になることも無いのです。つまりは業者が貸金業登録番号について更新なることばを使った時点でまっとうではないと判断できるのです。

次に住所表記についてご説明します。サンクスが表記している住所は存在します。しかしそこに「サンクス」なる金融会社が存在していないのです。つまりニセモノの住所と言うことになります。これは特商法違反になる可能性があります。

東京都港区赤坂3-16-5

地図はこちら

さらにいうとこのニセモノの住所ですが過去に多くの闇金が使ってきた住所でもあるのです。そのいくつかをこちらに書いておきますので気になる方は確認してください。そしてデザインをみてください。ほとんど同じであることが分かるかと思います。

インパクト

ナイスライフ

ベストサポート

マネースタイル

ライフスタイル

これら4つのサイト(少なくともこれだけの同デザイン、同住所表記の闇金)は過去に当サイトが闇金と判断したサイトであり被害者を生みだしてきているサイトなのです。驚くべきはこれらのサイトすべてにおいて全く同じデザインであり文言までもが一緒であるという事実です。

これを単なる偶然と判断しますか?

偶然であるならば恐ろしい確率ですがそれほど現実は神秘的ではありません。従って考えられる可能性としては同じ広告代理店が使い回しのデザインを使って闇金グループにサイトを提供しているということでしょう。

このデザインにおける闇金サイトは「同時エントリー」なるシステムを搭載している場合があります。今回のサンクスにはそのシステムは実装されておりませんがこれも危険なシステムです。
実態は別の闇金に個人情報を転売してもうひと儲けしているということなのです。

つまりは被害者の個人情報をいろんな闇金組織に売ってしまっていると言っても間違いではないと思っています。

知らずに融資依頼をしてしまっている方はすぐにも対策に入る必要があると考えます。とくに相手に勤務先や勤務先電話番号さらには会社名を検索されるとネットで勤務地がすぐにバレてしまう可能性があるような場合は緊急性が高まります。

闇金業者は目の前にパソコンを置きグーグルマップなどで住所検索をし綿密な情報を集めてから連絡をしている可能性があるのです。つまり被害者が提供してしまった情報から位置情報、勤務先のホームページ、子供の情報を持っている場合は年齢的に小中学生であればどこの学校かまで割り出してきます。

それらはすべて被害者を追い込むための脅迫情報として記録されているのです。

無料で相談することができるウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してみてください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

サンクス

【サイト名】サンクス

【サイトURL】http://fine-spice.com/B7RcP

【記載住所】東京都港区赤坂3-16-5

【貸金業番号】

【電話番号】

法務事務所は数多く存在しますが「闇金特化」でノウハウを持っている法務事務所はそれほど多くありません。さらに無料相談が出来る事務所はもっと少ないのが実情なのです。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所