プラチナプランは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
昨日、危険であると告知したサイトと同様の一括申し込みサイトです。システムが同じなことから同じ会社が運営している可能性が示唆されます。ドメインはやはり管理会社留めになっており弁護士を介入させて開示要求しなければその先へはたどり着けないようになっておりました。

さてこのサイトで問題なのは企業概要が一切なく、どこのだれが運営しているのかがわからないこと、そして個人情報の連絡先です。相談者さんからの報告では先の相互サービスと同様におおよそまともとは言えないような業者や自分たちの業者名すらも聞き取りにくいように早口でしゃべる業者ばかりから連絡が来るようです。

貸金業登録番号を取得していないような業者ならばそれは違法であり犯罪です。そのような人物に個人情報を売ってしまっているとしたら残念ながらこのサイトの管理者も犯罪に対して加担した人物となるでしょう。

仮に知らなかったとしても、こうした闇金に対して危険告知をしているブログなどで取り上げられた時点で調べる義務はあると考えます。利用規約にはまるで自分たちは悪くないかのような責任免除をうたった記述がありますが刑事罰に処される可能性もあるこうした行為は一筆かいてあるくらいでどうにかなるものではありません。

ご利用者と金融業者との間に生じる直接又は、間接的損害に関し当サイトは一切責任を負わないものとさせて頂きます。

ある程度の過失は申し込みをした本人にも発生してくることは否めないとしても、あきらかに犯罪であると知った上で情報を利益目的で転売していたのであればこのサイト管理者にも責任は発生してきますので責任を負わないなどということはありません。それを判断するのは裁判所というところまで発展する可能性のある話なのです。

さらに問題なのはこのサイトは一括申し込みで1人の個人情報を複数転売して利益を上げていると判断されるサイトにもかかわらずまるで自社で審査をしているかのような記述があることです。金融の審査については貸金業登録を行っている業者が行うことでありこの業者がその番号を持っているのであれば開示しなければなりません。開示していないと言うことは番号をもっていないかもしくは、特商法違反ということになります。

お金が必要な方が、消費者金融業者へ申込む前にご融資可能な業者があるかどうかを事前に審査するサイトです。 

トップページに書かれているこの記述が何よりの証拠になります。しかも大切な箇所は赤い文字で強調されていることからスタッフが間違って書いた等ということも通用しないでしょう。魚拓しておくことが大切です。

誇大表現により勘違いをして申し込みをしてしまった結果、怪しげなサイトから連絡が入ってしまっている方は直ぐに警察まで被害相談をおこなってください。生活安全課という部署がこうした問題について取扱いをしております。

それでも埒があかないと思われた場合は法律事務所が被害者向けに行っている無料相談ダイヤルまでお電話することをお勧めします。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

銀行や大手金融業者、親兄弟に頼れないそんなお困りの方に当サイトでは、あなたにピッタリの金融業者をご紹介

【サイト名】PlatinumPlan/プラチナプラン

【サイトURL】http://plarinumc.com/?guid=ON&AF=**************

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

マネークリニックは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
やはり先の危険告知したサイトと同じくドメインは管理会社留めになっており詳細を伺い知ることはできませんでした。

個人情報の保護について方針が記述されておりますが読んでみると本人の同意なくして個人情報を第三者に提供することは無いと記載されておりました。しかし同意を取るチェックボックスも無ければそのような記述についてもありません。いったいどのようにして同意を取っているのでしょうか?

また法令については関係省庁ガイドラインに沿うとありますが情報の転売先がヤミ金業者や特殊詐欺業者だあれば当然ながらガイドラインに違反するわけです。そのようなところまでしっかりと確認を取ってから営業しているのでしょうか?

個人情報を転売し利益を上げているサイトであればサイト上に会社概要なりを記載しなければなりませんがそのようなページは存在しておらずこの点だけを考えても法律に違反している可能性があります。さらに、勘違いを誘発するような記述も同様に誇大表現とみなされます。

個人情報はかなり細かく記載することになっておりますので一度、こうしたサイトに出してしまった情報はどこまでも転売される可能性があります。闇金に限らず、悪質な出会い系業者、競馬予想、ロト6等の業者にまで転売される可能性があります。

おかしな電話がかかってきたらすぐに警察に相談をしてください。それが解決の早道になるのです。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

審査項目を入力して頂くだけで、あなたにマッチした業者を事前審査するサイトです

【サイト名】マネークリニック

【サイトURL】http://okanesodan.com/?guid=ON&AF=******

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

フクトク相互サービスは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
ドメイン情報は管理会社宛てになっており業者を特定する材料にはなりませんでした。相互サービスという保険会社が使うようなことばまわしで安心感を演出しているようですが相談者さんからの報告ではおよそまっとうではない金融サイトにも個人情報を流しているようです。

担当者鳴る人物から融資の枠がどうのこうのといった電話がなることは事実のようですが貸金業番号を訪ねるとごまかしたり態度が変わったりして最終的に教えないような業者や、おまえだれ?といったような攻撃的な発言をする業者などにも個人情報を転売しているようです。

問題なのはこの業者が広告収益目的で知り得た個人情報を犯罪グループと分かって転売している場合、詐欺のほう助になってくる可能性があると言うことです。仮に知らなかったとしても継続的に販売を行っていればそれはやはり問題になってくると思われます。

こうした比較サイト、情報の転売サイトは個人情報保護の点からいえば保管体制などについて報告する義務があります。また、利用規約には現代では通らないような記述が当たり前のように記載されておりましたので抜粋致します。

コンテンツ及び、ページ内での情報のご利用はご利用者ご自身の判断により行って頂くものとさせて頂きます。
サイト内の情報はその正確性に万全を期すよう努力しておりますが、その内容を保証するものではありません。
ご利用者と金融業者との間に生じる直接又は、間接的損害に関し当サイトは一切責任を負わないものとさせて頂きます。
当サイトでのサービス及び、コンテンツは、ご利用者に予告なく変更又は、中止される場合がございます。 

自分たちで金融業者を紹介するサイトであると言っておきながらその相手先のことについては知りません、というのは管理責任の点から考慮すればおおよそ通る話しではありません。仮に広告費用を受け取っての運営であれば仲介者の位置づけになりますから知らぬ存ぜぬは通じないのです。闇金業者から広告代理店を経て自分たちのサイトで集まった閲覧者の個人情報を転売しているとなれば刑事事件の捜査対象になり得ます。

申し込みをした後に明らかに闇金もしくはそれに該当するような可能性があるとおもったらすぐに警察に連絡をしてしかるべき対応について協議してください。それでも相手がひかない場合は弁護士事務所が行っている被害者向けの無料相談ダイヤルに連絡をすることが解決への糸口になります。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

すぐにお金が必要な方ピッタリの店舗がきっと見つかる!!

【サイト名】フクトク相互サービス

【サイトURL】http://fuku-toku.com/?guid=ON&AF**********

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

長谷部は口座買取屋┃090-2140-1044

=銀行口座買取サイト公開情報=

【概要】銀行口座買取屋
口座の買い取りをすると持ちかけてくる個人業者が確認されました。サイトを持つと削除されたり、逮捕のリスクがあるため昨今では掲示板に書き込みをしたり個人間やり取りのできるアプリやフリマアプリなどを中心にこの手の業者が跋扈しているようです。

言うまでも無く銀行口座は売ったり買ったりすることはできません、貸すことも譲渡することもできません、犯罪です。

 

業者は色々な言い訳を作り上げてさも合法であるかのような発言をしますが日本ではどのような理由があるにせよ違法です。従って口座を売買した人物は犯罪に加担したとして被害者ではなく加害者として取扱われます。

さてこの業者ですが詳細を調べてみるとwifiを使って連絡をしていることがわかりました。三重県でインターネット回線などを提供している企業のサービスを使っていることも分かってきました。業者の大半は東京と言われておりますが表層上なのかもしれませんが他県の回線でアクセスしていることからこの手の犯罪が全国的に広がっている可能性があります。

もちろん、串を刺して転送している可能性は否定できません。もし多段と呼ばれる複数のプロキシーサーバを通しているのであればそこにはシステム会社などが介在している可能性もあります。こうした犯罪グループに協力する企業を道具屋と呼びます。警察では昨今、こうした道具屋の摘発に力を入れておりますので口座等を売買すると同時に被害者であるはずの人物も捜査対象になることを忘れないでください。

文末になりますがこうして手に入れた他人名義の口座は相手にわたるとその日のうちに転売されてしまいます。転売先はオレオレ詐欺や出会い系詐欺、競馬予想やロト6詐欺、さらには交際クラブなどいずれも逮捕者が出ている悪質商法の集金口座として売られます。

口座は絶対に他人に渡さないようにしてください。

【サイトキャッチ】

【サイト名】無し

【記載住所】

【担当者名】長谷部

【URL】

【アドレス】littlesatan1224@docomo.jp

【電話番号】090-2140-1044/090-8649-8251

RECRUITファイナンスは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺
新しく金融比較サイトに登場しているサイトで被害報告が入り始めることが予想されております。会社概要の箇所に記載されている情報から業者の詳細を洗い出してみました。

会社住所ですが現存しない住所が書かれておりました。ビル名等をごまかすような記述方法はそれまでのヤミ金でもありましたがこのサイトでは所在地事態が存在していないようです。さらに、登録番号においても番号の持ち主が確認できませんでした。

所有者の存在しない番号を勝手に書いている模様です、違法行為です。

このことからサイトがキャッシング権利を有しないでこのようなサイトを展開している違法な金融サイトであると断定出来ます。その上でさらに調べなければならないのは高利貸なのか詐欺なのかという点です。

申し込みをされた方はこの箇所を良くよんでください。まず業者が連絡をしてきた際に勤務先等の確認を行ってくるかとおもいます。その後、担当者を名乗る人物から信用情報機関の話やcic等専門用語を並べてブラックになっているとかそのままでは融資が出来ないと言われたらその時点で闇金ではなく特殊詐欺とかんがえてください。

また携帯電話を買って履歴の更新をすれば融資ができるとか、自社貸付をするにあたりキャッシュカードを送ってください、預け入れにすることでブラックの方でも融資が出来るようになりました。等の発言があった場合は完全に詐欺ですから言いなりにならないようにしなければなりません。

そして相手が言質を求めるような発言をした場合は適当に話を合わせてその場を回避し直ぐに警察に相談をすてください。その場で電話をかけてもらえるのであれば最高ですがそうはならないケースがほとんどですからそのような時は法律事務所の介入を考えておく必要があります。

詐欺業者はお金を貸していなくてもその人物が金になると考えれば執拗に攻撃してきます。勤務先への電話などは当たり前で日に10本、20本と嫌がらせの電話をかけられるようになると状況はひっ迫することになります。

法律事務所への相談は無料ダイヤルを使うことで無料被害相談ができますので怖がらずにすぐにも電話をするようにしてください。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

過去トラブルがあった方も大丈夫!安心と信頼の即日審査!低金利5.8%~当社独自審査だから確実にご融資可能

【サイト名】RECRUITファイナンス

【記載住所】東京都港区新橋3-5-32-8階

【貸金業番号】東京都知事(3)第12486号

【電話番号】

CHUOUファイナンスは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺
ブラックでも融資や債務整理融資などの単語で検索して出てきた金融サイト紹介サイトにリンクがありました。会社概要はなくトップページの下部に所在地と商号、登録番号が記載されていたので調べてみました。貸金業番号はデタラメで登録実態がありませんので無登録で営業している悪徳金融と断定出来ます。

所在地については該当する住所が存在しておらず業者の存在がそこにないことを立証しています。さらに株式会社と表記されておりますが存在しない住所で登記はできませんのでこれも虚偽であることがわかります。総合すると書かれている情報がすべてデタラメであり存在があやふやな金融ということになります、違法ですから闇金と断定出来ます。

違法金融ですから書かれている融資詳細においても信憑性は無くこの条件での融資は行っていないとかんがえなければなりません。そもそも融資自体を行っていない可能性が高いため注意が必要です。申し込み前の方はこのサイトが東京都に金融業の許可を出さず所在地もあやふやで株式会社登記していないにも関わらず株式会社を名乗っている点を考慮して判断をしてください。

申込をしてしまっている方には確認事項があります。このサイトは勤務先名を必須としておりますから会社を記入しているかと思います。お勤めの会社は会社名と都道府県を入力するとインターネットで検索出来るのでしょうか?もし会社がホームページを持っているのならば100%の確率で業者は被害者さんの会社を割り出してきます。たとえ電話番号を教えていなくても突然電話が掛かってきます。

申し込み後に電話がかかり勤務先電話番号等を伝えている場合も同様です。

申込をして相手とやり取りをしている方はすでに被害が発生しているものとして対応する必要があります。不意なキャンセルはキャンセル費の請求につながる可能性がありますし、電話を無視していると会社にいきなり電話をかけてきて恫喝するような発言をしてくるようになります。

また信用情報機関の話をしそのままでは融資が出来ないが携帯電話を買うことで履歴がクリアされる、更新されるので融資が可能になるとか、預け入れ融資という独自の方法で融資をしているからキャッシュカードを送ってもらいたいと言われた場合も同様に詐欺ですから決して相手の言いなりにならないでください。

沈黙しても電話に出なくても、キャンセルを伝えても今の業者は応対話法を確立しているので逃がしてくれません。対応方法としては警察に相談をすること、そして早期解決を望むのであれば法律事務所の介入も視野に入れることが大切です。

闇金問題を扱っている法律事務所は総じて無料相談窓口を持っておりますので電話をかけて現況を報告ししかるべきアドバイスをもらうことが大切です。介入するか否かはその電話などでしっかりとサポートしてもらえますので気がね無く電話することが大切なのです。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

低収入があれば誰でもご融資可能です。2.9%~の低金利

【サイト名】CHUOUファイナンス株式会社

【記載住所】東京都豊島区東池袋3-25-27-3階

【貸金業番号】東京都知事(2)第07483号

【電話番号】

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います。

JAPANローンは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺
新しく登場した金融サイトに対して早くも被害相談が入り始めているので情報を精査して調べてみました。デザイン等は過去に多くのヤミ金グループが使っていたものを色とテキスト原稿、サイト名を変えているように思えます。

そこで会社概要らしき箇所に記載されている住所と貸金業登録番号を調べました。登録番号はすでに抹消されているか取り消しされており東京都が許可を出していない番号であることがわかりました。

さらに所在地は存在しておらずビル名の記載もないことから内容証明郵便を送っても届くことがありません。

総合的に判断するとまぎれもなく闇金で間違いありません。違法な金融サイトです。申込をしてしまうと後々、社会生活にまで影響が出る可能性がありますので気を付けてください。

申し込みフォームを確認すると、無職や年金受給者、生活保護者にも融資を行っているかのような記載がトップにありますが被害者からの相談によるとそのような事実はないとのことでした。

番号認可を受けていないサイトですからそもそも融資する権利も無いわけですからこのようなサイトで週伽気している時点で出資法もしくは詐欺罪に抵触する可能性があります。

申込をしてしまっている場合は早期解決を考えなければなりません。時間が解決するの待つほど業者はやさしくありません。キャンセルをすればキャンセル費を要求したり実行費用をせがんできます。

電話を無視していると勤務先にいきなり電話をかけてきて罵詈雑言を発してくることも業者のマニュアルに書かれている事実なのです。

被害解決には警察への迅速な相談と法律事務所への無料相談が好ましいと考えます。確かに自分で解決することはできますが時間がかかり、その間、毎日のように闇金から電話がかかり会社をクビになってしまう可能性があるのです。

したがってこうした闇金問題は早期解決が絶対条件であり、そのために法律事務所の力を借りることは大きなアドバンテージを持つことになるのです。

気をつけていただきたいのは法律事務所を選択する場合は、闇金問題に精通している事務所でなければならないと言うことです。見極め方は専門的な事務所は無料相談ダイヤルを設置しており、専門スタッフが状況を伺ってくれます。無料相談ダイヤルが無い場合は専門ではないかもしれないと考えてください。

費用面について不安になる方も多いのでこの場で説明すると、闇金問題を専門的に取り扱っている事務所は概ね、1件あたり5万円以下が相場です。分割できるところが大抵ですから、お金に悩まずに介入してもらう方が結果的に安く済むのです。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

自社審査だから安心!確実!現状借入れ困難な方のため審査基準大幅改定!

【サイト名】JAPANローン/ジャパンローン

【記載住所】東京都中央区銀座8-23-32-4階

【貸金業番号】東京都知事(4)第02238号

【電話番号】

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル

LIKEローンは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺
会社案内なる箇所に記載されている業者情報を調べ見ましたが該当する金融会社を確認することが出来ませんでした。さらに登録番号において照会をかけてみましたが同様にこの番号が使われている実態が無くサイトが違法に作られた闇金であると断定出来ました。

ご融資案内に記載されている融資情報は一見するとまっとうな業者のように見えるように加工されておりますが実態は融資を行っていない可能性が高いことが被害相談などから明らかになってきました。

主婦や年金生活、生活保護でも貸付が出来るかのような記述がありますが審査を行っている様子がありませんし折り返しの電話などで融資に対して条件をつけてきていることがわかりました。

さらに勤務先を聞き出しており安易に電話に出なくなったりキャンセルをすると態度がかわり脅迫発言を繰り返すようになります。粘着性が高く電話に出るまで何度もかけてくるなど闇金の特徴を全てもっていることから昨日、今日に登場したグループではないと考えられます。

申し込みページ下部に「仮審査を通過したお客さま」には連絡をすると書かれておりますが貸金業番号を持たず、日金協の会員でも無いこのサイトが与信を行ったり、信用情報機関にアクセスすることはできませんので何を審査しているのか疑問です。

さらにいえば、登録をしていない無許可金融ですから貸付行為自体が違法となりますので相手の言いなりにならないように気を付けてください。

問題の解決に関してですが、個人情報を教えてしまった時点で被害は発生していると考えてください。相手は被害者の勤務先情報や免許証など身分証のデジタルデータ、住所と正確な名前を把握しているため自分たちでお金に換えられない場合、その情報をさらなる犯罪組織に転売してきております。

闇金問題の解決は相手の関係をしっかりと断ち切ることにあります。そのためには警察だけではなく法律事務所の力を借りることも必要だと当サイトでは考えます。黙って時間が過ぎるのを待つこともできますが今のヤミ金業者はそこまで寛大ではなく、勤務先に1日50本といった嫌がらせ電話をかけるなどの行為に出てきます。

すると周りから退社を迫られることになってしまい社会生活が崩れてしまいます。そうならないためにも早めの解決が感じです。この早めの解決に法律事務所は有効なのです。

知り合いの弁護士に頼まれたりする被害者さんもいるようですが特殊詐欺や闇金問題はノウハウが全てです。その法律家が問題に対して知識を持ち合わせているのであれば良いのですがそうではない場合、状況が悪化する可能性がありますので気を付けてください。

悪徳金融問題については相場も安定しておりまたテクニックを持っている事務所の多くは無料相談ダイヤルで問題を精査してくれます。まずは無料相談にて自身の状況を把握することが大切なのです。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

ご融資可能額1~300万円、実質金利5.8%~18.0%ブラックの方もOK

【サイト名】LIKEローン/ライクローン

【記載住所】東京都渋谷区代々木4-28-29-5階

【貸金業番号】東京都知事(4)第18437号

【電話番号】

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル