RODは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

昨日の違法サイトと同じく迷惑メールで宣伝しているサイトになります。住所と貸金業番号が記載されておりましたので調べてみました。

住所ですがこの住所にRODなるキャッシングサイトは存在しておりませんでした。この時点でこのホームページに書かれている情報がニセモノであることがわかります。

貸金業登録番号についても同様に登録されている正規の番号ではありません。つまり、貸金業を取らずに営業している悪質な違法金融であることが判明したわけです。

こうした違法サイトは昨今では高利貸ですらもなく、銀行口座をだまし取るためのフックサイトだったり、携帯電話を転売するために存在している詐欺を目的としたサイトであるのです。

ほぼ全ての闇金が言っていることがありますので同様のことを言われたら絶対に従ってはいけません。

1.通常の融資は出来ないけれども預入融資というウチ独自の融資システムならお金を貸せる。そのためには銀行のキャッシュカードをウチで預からせてもらいたい

2.信用情報機関でブラックになっているのでそのままでは貸付が出来ない。携帯電話を購入して更新履歴を作ることで融資が出来るので指示された端末を買って下さい。履歴が大切なので電話は高値で買ってくれる業者を紹介します。

これどちらも詐欺ですから絶対に引っ掛かってはいけません。またこのような発言をするところまで話が進んでしまっている場合は相手も容易に引き下がらなくなります。そのため自身で解決しようとなどとは思わず闇金被害にノウハウを持っている法律事務所の無料被害解決相談などに電話をしてください。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

他社で断られた方でもお力になれます!無職・生活保護・年金受給者の方もご相談に乗れます!

【サイト名】ROD/株式会社ROD

【サイトURL】http://plans-good.com/index.php?AC=

【記載住所】東京都中央区日本橋茅場町2-5-6 日本橋大江戸ビル

【貸金業番号】都(1)31860

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

NAVERは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

{被害報告募集します!}こちらのサイトですが迷惑メールで日々宣伝活動を行っていることが確認されております。皆さまからの被害情報をお待ちしております。

大手の企業のようなサイト名ですが正規に貸金業を行っているという情報は入ってきておりませんので「なりすまし」を目的とした闇金サイトであると考えられます。

誰にでも貸付をしているかのような書き方をしているため多重債務の方でもお金が借りられるとおもい申し込みをしてしまう事態が発生しています。

残念ながらこのサイトは融資行為を行っておりませんので申し込みをしても借りることはできません。そればかりか融資をするためには!という担当者を名乗る人物からクレジットカードを送るように指示されたり、キャッシュカードや携帯電話を送るように指示されると被害者自身の今後に多大なる影響が出てしまいます。

詳しくは携帯電話が新規購入出来なくなったり、銀行でキャッシュカードを作ることができなくなります。また今保有している銀行口座も凍結される恐れすらもありますから決して安易な申し込みをしてはいけません。

すでに申し込みをして相手に個人情報を送ってしまっている方は迅速な対応が必要になります。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】NAVER

【サイトURL】http://aon2h.com/?ad=

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

ネピアは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

新しく登場した可能性が強い「ネピア」ですが調べていくと法律に違反している無許可金融サイトであることが分かってきました。結論から言えば闇金です。

問題になるのは会社概要にしっかりとした記載がないこと。まず所在地は記載されているのですがその場所にこの業者が存在しておりません。つまりは虚偽の住所を勝手に書いているということになります。

次に責任者名や固定の電話番号がありませんでした。貸金業に限らず特定商取引法なる法律では運営会社にコンタクトできる情報を載せることを義務つけております。固定の電話番号も無ければメールアドレスも無い、責任者名の名前も無いのであればこのサイトに連絡をするには申し込みをするしかなくそれは認められておりません。

さらに申し込みページの上にずらっと並んでいるおかしな記述にも目を配る必要があります。これらの記述は通常の貸金会社では決してホームページでは言いません。それこそ差別になってしまうからです。

クレジットカードや携帯電話などは別ジャンルのサービスである以上、キャッシング会社が別会社のビジネスに連動するようなことはないのです。

申し込みをしている場合は相手からの嫌がらせ行為や実害が発生する可能性が飛躍的に高まりますので迅速に解決していくことが大切です。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

※キャッチコピーではなくこのような記述がある場合は闇金と判断できるように闇金特有のコメントを記載しておきます。

下記に該当される方はお申込みできません。

・信販会社への未納がある方
(クレジットカード、携帯電話料金)
・申し込みされた携帯電話番号が繋がらない方
・メールでの返答及び回答はいたしかねますので
必ずお電話対応お願いいたします

【サイト名】ネピア

【サイトURL】http://skt.freedstar.site/nv5n7lU7/entry.php?id=

【記載住所】東京都新宿区新宿4-3-17

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

宝船ファイナンスは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

以前にも似通った名前の闇金サイトが存在しておりデザインもほぼ同じであることから系列グループが名前を変更して再集客を行っていると予想出来ます。

結論から申し上げればこのサイトは闇金です。

理由を下記いたします。

【住所がデタラメ】
ホームページに記載されている住所を確認したところ住所事態は存在しているのですが肝心の業者がそこに存在していないのです。さらにこの住所は以前、このサイトで危険な違法サイトとして告知している「プライベートバンク」と同じ住所なのです。

プライベートバンクに関する過去記事はこちら→プライベートバンク

【貸金業登録番号が無い】
被害者からの報告によるとこの点を指摘すると、番号の更新だからいま新しい番号をもらっている最中だ、などといった言い訳をしてくることが分かってきました。
貸金業番号は3年で()の中身の数字が上がるのですがそれは更新などというものではなく官公庁側で把握しているだけのものなのです。つまり業者が何かをして新しい番号の発見を待つようなことはないのです。

たとえ業者が何を言ったとしてもサイト上に貸金業登録番号が記載されていない時点で闇金と疑っても全く間違いではありません。これだけを覚えてけば詐欺、犯罪に巻き込まれる確率は劇的に下がります。

そしてもう申し込みをしてしまっている方は対応に慎重にならなければなりません。やるべきことは限られておりますので説明をしてまいります。

まず、相手に電話することはやめましょう。相手が何を言い時間を区切って連絡するように言われたとしても電話することはありません。相手の言いなりになるということは何をされても従う人だと相手に認識されてしまうからです。

次に会社の電話番号を教えている場合は会社に電話される危険性を考慮して対応しなければ会社をクビになってしまう可能性があります。会社の電話番号を知られている方は、警察に相談するのと同時に法律事務所の無料相談で今後の対応方法などについてレクチャーを受けておくことが大切です。

レクチャーを受けないで自分の考えて行動した結果、及びもしない最悪のケースになってしまうケースが後を絶ちません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】宝船ファイナンス

【サイトURL】http://fine-spice.com/J2cPr/index2.php?s=

【記載住所】東京都中央区日本橋横山町6-15

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

ビーストは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】携帯電話契約/キャンセル詐欺

過去に当サイトで告知をしている闇金のデザインと全く同じサイトが登場しました。いずれも金融サイトのようにみえておりますが違法に営業をしている闇金サイトであることが分かっておりました。気になる方はこのサイトの過去のサイトを確認してください。

タカライフ

アールサポート

いずれのサイトも融資をするためには携帯電話を買うことを指示してくる違法サイトでした。

今回のこちらのサイトも同様で申し込みをするページに携帯電話の料金が未納になっている方はお申し込みが出来ないといった旨の記載が確認出来ます。

これはアフィリエイト広告と呼ばれる成果報酬型の広告を出しており自分たちに利益の無いユーザーからの申し込みを少なくするために書かれた一文であると思われます。通常の金融会社は携帯電話を買えば融資するなどとは絶対に言いませんのでこの一文を確認するだけでこのサイトが違法サイトであることがわかります。

さらに所在地を確認してみましたがこちらもデタラメであることがわかりました。この住所は完全な住所ではなく枝番と呼ばれる住所の末尾番号がありません。従って業者がどこで何をしているかはこの住所から把握することはできません。

申し込みをしている方は最大限の注意と問題にせずに相手の担当者から逃げるかを考えて行動しなければなりません。まず1つは相手が何を言ってきたとしても相手の申し入れに従わないこと。

そして自分あての携帯電話を無視しないことです。

自分の携帯電話を無視していると会社に電話をかけてくる可能性が飛躍的に高まるからです。これは最悪のケースになってしまいます。

キャンセルを申し入れてそのまま相手が逆ギレしても電話を切ってその後に何もなければよいのですが、キャンセル費用を要求してきたり裁判がどうのと荒唐無稽な脅迫をしてきている場合は次の対策を講じておく必要があります。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

他社様NGの方もご相談ください

【サイト名】ビースト

【サイトURL】http://fine-spice.com/M5jHA/index2.php?s=

【記載住所】東京都千代田区外神田1-1

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

ライフスタイルは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

新しく登場した金融サイトについて危険告知をしなければなりません。
それまでに多くの違法金融をデザインしてきた広告代理店があたらしく作り上げたサイトであることは間違いないようです。こうした悪徳金融サイトは特定の広告代理店に依頼をしていいますが警察などのたゆまぬ捜査により今では1週間程度で警察から配信しているサーバ会社を通して広告代理店に削除要請が入ります。

このサイトもそのような経由をたどった古い闇金サイトの名前を変えたサイトであると思われます。

問題になるのはこのサイトが一切の出資を行っていないという事実です。

トップページからプライバシー保護などそれらしいことが書いてありますが実態は商品をだまし取るための詐欺サイトなのです。

会社概要に書かれている住所を調べてみました。そこで分かってきたのはこの会社もしくはサイトに記載されている所在地にこの業者が存在していないという事実です。
これは特定商品取引法違反に相当するといえます。わかりやすく言えば商品を販売しているにも関わらずその業者の詳細がデタラメで虚偽であることを律する法律に違反しているということです。

さらに貸金業登録番号の記載が見当たりません。

貸金業は日本で貸金業を行うために必須の許可ですがそれは許可番号としてわかりやすいところに記載しなければならないことが義務つけられております。
業者に確認をすると、

「ホームページ業者に確認する」

「いま切り替え時期なので少ししたら確認できる」

などと言い訳を言いますがそのようなことはないのです。つまり闇金です。

申し込みをしてしまっている方はその事実を理解した上で対処しなければなりません。ここで大事なのは違法業者だからと言って相手を追い詰めるような発言はしないことです。

あいては自分たちが違法行為を行っており刑事事件として逮捕されるリスクを負っていることを承知の上で行動しています。そのような腹をくくった人物を脅してもメリットはありません。

やんわりと融資の断りを申し出でみてください。

その上で相手が脅すような発言をしてきた場合はすぐに次の対応に入らなければ会社等に電話をされてしまいかえって自分の立場を悪くしてしまいます。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

最短5分で実行!

【サイト名】ライフスタイル

【サイトURL】http://fine-spice.com/M717T/?s=

【記載住所】東京都港区赤坂3-16-5

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

アドプラスは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

新しく登場した金融サイトは貸金業登録番号を詐称している闇金であることがわかりました。番号は存在こそしておりますが福岡県での登録ではなく山口県で確認されましたが全く別の名称である正規業者であることが分かっております。

したがってこのサイトが記載しているのは別の県名に詐称した番号をくっつけて作ったデタラメの番号であると言えます。

さらに申し込みのページを確認するとまるで申し込みをする方が空く人であるかのような記載がありました。

「虚偽の申込や冷やかし・いたずら等が発覚した場合、弊社顧問弁護士より法的処置をとらせて頂く場合がございます。」

このことに恐怖して申し込み後に脅されてしまったという被害者さんがいらっしゃると思いますが必要以上に考えないでください。そもそもアドプラスなる金融サイト自体が違法性が強くまっとうではありません。こうした法律に抵触するような行為を行っているサイトが弁護士をやとってその契約に対して文句を言うことはありません。なぜなら、

違法性のあるような契約は日本では無効だからです。

闇金は立派な犯罪ですからその行為をやめるといった申込者に対して損害賠償請求や他の法律的な問題を問うことは出来ないのです。

ただしそれを知ったからと言って相手の上手を取るような行動は慎むべきです。メリットが無いばかりか相手を感情的にさせてしまい最終的にさらにひどい事態になってしま可能性があるからです。あくまでも自分の中での精神の安定と言うことで考えてください。

問題なのは相手に個人情報を伝えてしまったことですからこの点において相手との関係を断ち切るための施策をしなければなりません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

AD+簡易審査で即ご融資します安心納得催促のサービスをお約束いたします!借入れ先でお悩みの方諦めないでご相談

【サイト名】アドプラス

【サイトURL】http://ad.yayoi.space/i_form.html

【記載住所】山口県山口市熊野町1-10 ニューメディアプラザ山口2F

【貸金業番号】福岡県知事(7)01375

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

エイザは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

6月に新規で発覚した金融サイトです。まるでブラックユーザーにでも貸付をしてくれるかのような記述が随所に見受けられますが実態はまるで反対で一切の融資を行っていないことが分かってきました。

さらに記載されている住所は存在自体はしておりますがエイザなる金融会社が存在してはいないことも確認されてきました。

勤務先や勤務先の電話番号が必須扱いになっているため申し込みをすると担当者は被害者の勤め先をあらかじめ知っていることにあります。折り返しの電話でもそのあたりを確認してきているため何かあるとすぐに「会社に電話するぞ」と脅すようになってしまいます。

闇金業者で一番の厄介ごとはまさにこの点なのです。会社に電話をされることであなたの信用は崩れてしまい周りも犯罪者からの電話に怯えてしまうため最終的にはクビになってしまうのです。

そのためこの業者に申し込みをしている方はすぐにも対策をしておくことで被害を最小限に抑える努力をすべきであると考えます。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

おまとめ・一本化のお客さまにお得なキャンペーン実施中

【サイト名】エイザ

【サイトURL】http://fine-spice.com/M8pGY/index2.php?

【記載住所】東京都台東区上野7丁目1-8

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所