【やり取り全公開】個人融資名目で紹介屋の手口

個人融資をかたった紹介屋、闇金

闇金が使う紹介屋の手口がツイッターで復活

ツイッターの個人融資についてはかなり危険であることが分かってきています。テレビ等でもその危険性が指摘されています。そのような中、個人融資の手口が変化してきているようです。今回も怪しいと思われるアカウントについての情報が入ってきました。

やはり詐欺の被害に遭われる方が少しでも減ればということでやり取りのスクリーンショットを頂きました。

スポンサーリンク

今回の手口は昔から闇金がつかう「紹介屋」と呼ばれるものです。詳しくは当サイトで以前に特集記事を書いておりますので「【平成の闇金、紹介屋とは】」を参照してください。

これも立派な闇金であり犯罪です。相手がコンサルティングとかサポートと言ってきたとしてもそれはすべてまやかしの言葉です。警察では紹介業を禁止しています。警察が動くと言うことは刑事事件です。お金を払ってしまっている方は警察に被害届の提出もできるほどに悪質な事案なのです。

紹介屋

紹介屋は仲介などしていない!審査が通るのはブラックではないから

ツイッターに限らず紹介屋の手口はさも自分たちが金融について情報を持っているかのような発言して仲介すれば融資がもらえるかのようにふるまうことです。仲介ではなくコンサルティングであるなどと言ってくる場合もありますが実際には何もしていません。

言われたところに申込をして借り入れが出来たのであればそれは紹介屋の力ではなく、もとからアナタの金融情報がブラックではないということなのです。

問題なのはさも自分たちが力を貸したかのようにふるまっておき最終的に手数料を要求することにあるのです。これは違法です。具体的に何もしておらず借りたお金から手数料をもらうという行為は法律的に問題があります。これは過去に紹介屋が警察に逮捕されている事例からもわかります。

以前は融資額の3割が基本でしたが今のツイッター型の紹介屋は人を見ながら取れるお金を取る柔軟型が多いようです。ただどちらにせよ極めて違法性が強いので支払いはしないことです。

ツイッター闇金は総じて高飛車な業者が多いのが特徴です。指摘をすると逆ギレしてブロックしたりしてきます。広告費を支払っていないので美味しい客だけ相手にして面倒な客はブロックして相手にしないというスタンスだからです。黙っていればお金を借りたいというお客が無料で連絡してくるわけですからやりたい放題になるわけです。

ここが広告代理店を使って集約しているWEB系闇金との違いです。

コンサルするから融資を受けたら手数料をよこせという紹介屋の記録

対象アカウント:
sakura
@yuuha60643296

名前を変更する可能性があります。相手の手口を理解するように心がけてください。

①架空のコンサルタントを登場させて融資にたいして力を貸すかのような発言をする

コンサルタントが資金方法を提案

②まるでコンサルタントが金融機関に便宜を図るかのような発言(虚偽)

審査が通るかのような発言

③個人融資とは思えないようなメッセージが届く

ここで手口が紹介屋、現金化などに分かれる可能性がありとにかくお金にするための提案をする。相手がブラック確定と判断されると現金化、アプリギフト、携帯電話契約詐欺などに誘導されることもあると考えられる。

個人情報のヒアリング

④架空の人物に確認をするしぐさ、実際にはそのような人物は存在しない

この手続きが信用性を生んでいると考えられるが午後10時近くにわずか10分程度でレスが戻ってくることに不自然さを感じる。もし本当にいるのであればそれは商売としてこのビジネスをしているので「個人融資」にはならず、手数料を取る行為を目的とした詐欺(紹介業行為)である可能性が高くなる。

架空のコンサルティングに相談するシーン

⑤個人情報を聞き出しにかかる

このあたりはWEB闇金と全く同じ手口。文面にハッキリと紹介業であることを書いている。この行為は違法。

⑥違法性を指摘すると逆ギレし騙せないとわかると感情的な発言

違法性を指摘すると逆ギレ

⑦騙すことが出来ないとわかり感情的なメッセージを送りその直後、ブロック

逆ギレした上にウソの発言

お金を払ってしまった場合の対処法

紹介業は犯罪ですから警察に相談してください。その上で相手の連絡先電話番号や振込口座を凍結してもらうようにしましょう。被害届が受理されない場合は闇金専門の弁護士事務所や司法書士事務所に相談をして下さい。

弁護士が相手の銀行口座を凍結し中にお金が入っていればそのおかねは取り戻すことができる可能性があります。相手はやっていることが違法だと知っていますしトバシの銀行口座を使っているため凍結された口座について凍結解除の手続きは出来ません。口座が凍結された時点でその銀行口座を手放し別の新しいトバシ口座で同じ紹介行為を繰り返します。

相手が銀行口座ではなくゆうパックなどでお金を送れと指示し送ってしまっている場合は残念ながら取り戻すことはほぼ不可能です。荷受詐欺に加担している人物の家を突き止めることはできますがその人物自体も詐欺の被害者である可能性があるため犯罪の本丸にはたどり着けないからです。

手数料を教えてきた銀行口座に振り込めと言った場合においてお金を取り戻せる可能性があるのです。個人でどうにかできる問題ではありませんので法律のプロに相談しお願いすることが一番確実であると言えます。

無料で相談できる闇金、個人融資被害相談窓口の連絡先電話番号を下記しておきますので被害に遭われている方は連絡をしてみてください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【やり取り全公開】個人融資の名を借りた携帯電話契約詐欺

資金調達だと携帯電話を買わせてくる詐欺の実録やりとり公開

ツイッターの資金調達や個人融資の悪質手口

ある視聴者から当ツイッターアカウント宛てにダイレクトメールが届きました。融資を受けようと思ったら携帯電話を買えと指示されたとのことでした。
当サイトでは以前より、闇金が携帯電話をだまし取る「携帯電話契約詐欺」について警鐘を鳴らしてきておりましたがついにツイッターにまでもその手口が飛び火したのかと愕然としました。

相談者は途中で気づいてやり取りを辞めたので被害は出ておりませんが自分のような人間が出ないのであればということでやり取りの全文を当サイトに送ってくれました。そして、その内容を公開して注意喚起してもよいと言ってくれたのです。

そこで当サイトではそのやり取りを公開することにしました。その前に携帯電話契約詐欺などについて改めて説明します。

スポンサーリンク

携帯電話契約詐欺とは?

数年前から闇金の主要手口に名乗りを上げた「携帯電話契約詐欺」ですがこれは闇金業者が融資を希望する申込者に対してCICの情報が芳しくないとかブラックになっているからそのままでは融資出来ないなどデタラメを並べ立て携帯電話を買えば個人情報が上書きされ融資が出来るなどと持ちかける特殊詐欺です。

最近ではシンプルに携帯電話をローンで購入させ買取屋で売れば現金が出来るともちかける場合もあります。

しかしながらこれは携帯電話会社に対する詐欺行為になるので犯罪です。詳しくは警視庁が発表している携帯電話等を販売店からだまし取る行為は犯罪です!のページを確認してください。警察がはっきりと「詐欺」と言っているのです。

間違ってはいけないのは詐欺の対象者が携帯電話を購入する人だということです。当然、持ちかける人にも犯罪ほう助の罪に問われる可能性がありますが結果的に一番悪いのは携帯電話を買って転売した人になります。

ツイッターでは資金調達などと詐欺に誘導する行為をまるで合法であるかのように言っておりますが全くの間違いですから信じては自分の身が危険になります。携帯電話契約詐欺については当サイトでも以前に【平成の闇金、最新事情2携帯電話契約詐欺】で説明しているので詳しくはそちらを確認してください。

個人融資でも資金調達でもなく犯罪で捕まります

さてツイッターで合法的で安全な資金調達(実際には犯罪行為もしくはそれに該当する可能性がある危険な行為)であるかのように説明しているいくつかのアカウント管理者の発言には大きな間違いがあります。本来の利用目的ではない転売目的の携帯電話の購入は犯罪行為に該当します。合法ではありません!そして捕まるのは買ったアナタです。

絶対に相手のいいなりになってはいけないのです。相手は終始、丁寧な発言と下手に出るような発言、合法でお金が手に入るかのような発言で犯罪行為に誘導してきます。さらに、お金が手に入ったらコンサルティング料金などの名目で金銭要求してきます。

犯罪に誘導する行為だけでも違法ですがさらに金銭をだまし取る行為は別の罪に該当します。

今回、ツイッターを媒体とした携帯電話契約詐欺について同じように犯罪誘導してくるアカウントには免疫が出来ると思われます。

もし同じような手口で携帯電話を購入させてくる業者がいましたらそのアカウントを「個人融資、個人間融資被害掲示板」までご投稿ください。匿名投稿OKです。

携帯電話を購入させてくる悪質業者のやりとり記録

ある投稿者はお金が必要になりツイッターの個人融資に問合せをしました。すると個人融資をうたっているアカウントからダイレクトメールでレスが来たということです。それまでにもたくさんの闇金アカウントや詐欺アカウントがあるにもかかわらず信じたのは、このツイッターアカウント管理者がツイートで、自分は詐欺に遭った人から連絡が来る、個人融資は詐欺だと同業を詐欺呼ばわりし自分は安全であると見せかけていたからだと言っています。

実際には転売目的で携帯電話を購入させる行為は詐欺罪に抵触すると警察がハッキリ明言していますから携帯を買わせる行為を資金調達の方法などと言っているのは犯罪行為の指示で安全どころか犯罪誘導です。

ではそのやりとりを画像で公開していきます。

①自分は融資ではなく資金調達だと闇金ではないことを主張する
さらに携帯電話を転売した際の取り分をよこせというのは闇金の紹介業行為に該当する(違法)

融資ではなく資金調達のサポート

②資金調達の方法をなかなか言わない、相談者がやる気があるのかを確かめるための行為

相談者がやる気があるのかを確かめるための行為

③初めて手口を公開するが転売目的の携帯購入は違法

携帯の新規契約案件

④融資と資金調達は違うというが犯罪誘導は違法

初めてではないと思われる携帯電話契約詐欺

⑤ここで怪しいことにきづき被害を避けることに成功

この後、相談者さんは犯罪に巻き込まれることを懸念してやりとりを終了しました。

相手の業者はここでも自分は他の携帯電話詐欺業者とは違うと弁明していますが転売目的で携帯電話を買わせることを指示していますから明らかに携帯電話会社に対する違法行為の示唆です。

また自分はサポートだから犯罪ではないと言っていますが相談者については言及していません。つまりは相談者が詐欺の実行犯になる可能性を知っていたとも言えるわけです。

犯罪と知ってその行為をやらせたのであれば罪に問われます。

ツイッターで資金調達を提供しているアカウントの中には携帯電話詐欺の業者が紛れ込んでますから決して騙されないようにしてくたざい。

相手が高圧的になる場合はすぐに警察に相談してください。

また騙されて携帯電話を買ってしまった方は弁護士や司法書士など闇金問題に精通している事務所に相談をしてください。この問題は個人融資による被害ではなく闇金の悪質な特殊詐欺行為による闇金被害なのです。

無料で個人融資による被害相談ができる弁護士事務所のフリーダイヤルを下記します。担当者に直接つながるフリーダイヤルですから気を使う必要はありません。

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先などで自分以外の連絡先を相手に伝えたときは取り立て被害、嫌がらせ被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

スポンサーリンク

個人融資や悪質な資金調達に関する当サイトの記事をまとめました。

今年に入って爆発的に勢いを増しているツイッターの個人融資関係について取り上げた記事になります。SNSを使ったこうした新しいタイプの闇金についての概念を知りたい方はこちらのページを確認してください。

個人間融資などというまやかしや犯罪行為による資金調達など違法性の強い行為を要求し手数料をとったり、先払いという詐欺行為を働いているアカウントを危険告知するためのページをつくりました。随時更新しているだけではなく情報の投稿も可能となっております。詳しくは個人融資を語った闇金リストを参照ください。

被害者やすんでのところで犯罪行為を犯さずにすんだ方などから悪質業者とのやり取りを公開してほしいというご要望を頂きましたのでSNS闇金の手口を公開する記事もアップ開始いたしました。

悪質業者は自分たちの名前はおろかサービスについてすらもなかなか説明してきません。DMでのやり取りやDMからフリーのアドレスに誘導しそこから短文と長文を織り交ぜ何度もやり取りをさせることで犯罪を犯してでもやる気があるのかを確かめてきます。

これらの悪質行為はすべて精密なマニュアルがあると思われます。匿名性が強いSNSで犯人を特定することは難しいかもしれませんが同じような被害に遭う方を少しでも減らす点においては有効な記事であると確信しています。

第一弾は資金調達やサポートなどさも合法であるかのような発言を繰り返し相手を安心させるような発言をしてくる携帯電話契約詐欺の業者とのやり取りです。出来るだけ詳細を記載しておりますのでSNSでやり取りをしている方はこちらで確認をしてください。

【最新版】個人融資を騙った闇金リスト

個人融資ということばは闇金や犯罪グループを協力するアフィリエイターグループなどがつくりだした造語です。とはいえその言葉のイメージに騙されて被害が拡大しているのは紛れもない事実です。
日々生み出される犯罪行為を助長するアカウントを公開していきます。

個人融資を違法または闇金と判断する基準

・個人融資は存在しない
※なぜなら利息目的とした行為は営利行為であり貸金業登録の必要があります。当サイトでは貸金業登録番号を最初に開示せずに行っている若しくは貸金業登録を行わずに「融資」行為を行っているものは闇金と判断しているからです。

・クレジットの現金化も貸金業が必要

数年ほど前にブームとなったクレジットカードの現金化ですが警察の指導により金銭目的、換金目的の場合は貸金業登録が必要であるとガイドライン化されました。
また換金目的の現金化行為はクレジットカードの利用規約に違反しています。換金行為とみなされれば登録抹消される可能性がありカード保持者にとって全くメリットが無い。

・人物の特定が出来ない

ツイッター等を使って個人融資を行っているアカウントのほとんどで実名や連絡先を訊こうとすると逆ギレ、ブロック、無視など情報を取得する行為に対して相手が実際の情報を出さないという点は貸金業行為を定めている国や県に即していません。
相手の居場所や連絡先、名前も知らずにお金のやり取りをしてしまって被害が発生しても警察はあきれ顔で好意的に見てはもらえません。

それは警察がアナタが違法だと知って相手と付き合いをしたと考えるからです。もしも違法業者わかってアナタが付き合えばアナタには犯罪ほう助の罪に問われる可能性があります。
こうした法律の知識も知らずに個人融資などに安易に手を出すのはとても危険なのです。

スポンサーリンク

個人融資、個人間融資で出てくる当サイトが闇金、違法アカウントと判断した垢

ブハ
@sflower1998
保証金を要求してくる


@FScWpHCkl4mmHeG
こちらは資金調達という名目で携帯電話を購入させてきます。携帯電話契約詐欺と言われている手法ですが本人が自覚しているかは不明。いずれにせよ携帯電話会社の利用規約に違反していることは明白である。くわしくはこちらで記事になっています。

個人融資 個人間融資掲示板
@pikomori444

個人間融資 昔からの桜木
@EJNX9Inbr3tQryh
line.me/ti/p/Gh5_vNZX_L
LINE@に引っ張り込む闇金、勝手に漫画のキャラクターを転載している肖像権侵害

東京近郊対面のみ! キングボンビー対面 個人間融資は心意気
@kingbombiemoney
対面でも貸金業を取っていなければ闇金。さらに勝手にゲームのキャラクターを転載している肖像権侵害

未来金融
@bkWHBBEKFoCHXFT

かずたか
@hAX3h8zzG979dJ3
対面系はその場で警察を呼んで対応すること

かしや
@laCoKKbmsuDX5jX

KM
@km23684395

高額融資希望者
@hDhkZqeNXna7TM6

たく
@dd5xr

ラッコ@融資
@chankoa4545

sakura
@yuuha60643296
コンサルティングを紹介するといいつつ融資が受けられたら手数料をよこせと迫ってくる紹介屋
詳しくはこちらで記事になっています。

個人融資
@a16457183
個人融資先から金をだまし取ることを勧めてくる詐欺師に詐欺をさせてくる模様。詳細データを入手したので後日記事化します。

個人融資 神楽-kagura
@kagura44283873
自分が被害者であるかのような態度でアカウントを開設しているが実態は闇金業者。貸金業登録を行っていないため犯罪の可能性が高い

あなたのための高額融資 LINEでご相談♪
@enjoyletalmoney
LINE闇金。警察に相談してもLINEだけでやり取りしているため実態がつかめず良い顔をされないばかりか闇金と分かって接したと逆に犯罪者扱いされるので注意

だら銭
@iCPWFLThN0R813U
個人融資を騙っているが実態は闇金である。さらに貸金業登録をしていないので出資法違反。もし気になるなら本人に名前や電話番号、所在地、貸金業登録番号を確認してみるとよい。どれ1つ答え無くても特商法違反

個人融資
@qHeUPeFtI0q7j6S
LINE闇金。保証金を求めてくれば先払いと同義、言われたキャッシング会社で融資が降りた後に手数料を要求してきても犯罪、これを紹介屋と呼ぶ。詳しくはこちらを確認

同じサイトへ誘導している集客用広告垢

※全部、実在しない架空の人物の可能性が高い。

xxxマッケンロー
@Shokichi13
自分たちは平気だと言いつつ闇金に誘導する詐欺ほう助系

涼香
@aqPhsqq2L3WDFRt

さな
@epQcKIHOibJGYzm

み う
@GUjNwu7MngMXjij

れ な
@TIUN7RRQQw33rPE

ほのか
@i6zCG7WPzS9jeKv

?えみ?
@emichann1b
ここに誘導しているサブ垢が複数存在しているので要注意。すべて架空人物

あいな
@p4NLUYJUgkSvC5y

個人間融資 福沢
@DviyX6H9TqbhKZS
Line誘導系

のの姫
@3V3Vx5QlD8yJ7WT

Natsumi
@Natsumi33632209
えみ(emichann1b)誘導系

ここに挙げたのは一例です!閲覧した方でおかしなアカウントに遭遇した方は下記の掲示板までご投稿ください。

【匿名投稿OK】個人融資、個人間融資被害掲示板

先日、同様に個人間融資やツイッターをつかった詐欺について説明する記事を書きましたので気になる方はこちらをよんでください。

個人間融資で被害に遭ったら

個人間融資は今後も被害が拡大化していく恐れがあります。利息をとってお金を借りるのに個人で契約書も取り交わさずに貸金業も取得せずに行うことなあり得ないのです。そうした基本的な知識を知らずに被害に遭ってしまったのであればすぐにでも対策を取らなければなりません。

そこで個人間融資、個人融資、先振、銀行口座をだまし取られたなどの被害に遭われ方は下記で無料の被害相談をしておりますのですぐにお電話してください。
これ以上、自分の被害を拡大させないためにも専門家の意見や知識を訊いておくことはとても大切なことなのです。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【匿名投稿OK】個人融資、個人間融資被害掲示板

【匿名投稿OK】個人融資、個人間融資被害掲示板

個人融資による被害を投稿してください

個人融資という幻想にもちかい言葉を生みだしSNSを中心に被害者を生みだしている悪質業者を黙ってみていては危険が増幅してしまいます。被害者の方からの投稿や手口をご存じの方はこちらまで匿名でOKなので情報をお願いします。

現在、「先振り」と言う名目で融資保証詐欺が復活しています。融資をするのみ保証金を先払いするようなことは絶対にあり得ません!それは詐欺ですから振り込まないでください。

また「預入融資」といって銀行のキャッシュカードを送らせ暗証番号を聞き出した後に連絡が途絶えるという闇金の詐欺も確認されていますが銀行口座は絶対に送ってはいけません!

これ意外にもたくさんの詐欺手口がツイッターの架空人物アカウントを使って存在しています。

皆さんからの投稿をお待ちしております!

◆投稿について◆

匿名でもOKです、もし個人特定されそうだと思った場合はこちらで「匿名希望」に投稿者の名前を変更するので安心して下さい。

メールアドレスは非公開ですから安心してください。

 

【猛威・被害甚大】個人融資、通称ツイッター闇金に気をつけろ

個人融資、通称ツイッター闇金に気をつけろ

TwitterとLine@を使った闇金の被害者多数

追記:あたらしく個人融資や先振り詐欺に対してアカウントを開示していくページをつくりました。同時に皆さまからの被害投稿や手口の投稿、アカウントの拡散要求等ができる掲示板も作りましたのでご活用ください。

【最新版】個人融資を騙った闇金リスト

こちらは被害投稿の掲示板です。

【匿名投稿OK】個人融資、個人間融資被害掲示板

WEB闇金が下火になり新しい集客方法としてツイッターとLINE@をつかった新闇金が登場しているとは訊いていましたが実際にかなりの猛威となっていることが分かってきたので危険である旨を告知しておくべき記事おこしをしてみました。
現在でも特殊詐欺グループである携帯電話契約詐欺や銀行のキャッシュカードだまし取り詐欺はWEBを使って集客を行っております。

しかしながらこれら特殊詐欺と別のグループであるソフト闇金や高利貸を中心とした個人闇金グループの動きが少し変わってきました。それまでのWEBサイトや迷惑メールでの宣伝からツイッターとLINE@を使っての宣伝に変化してきたのです。困ったことにこの新しい宣伝スタイルが若いユーザーからの借入につながってしまっており被害が雪だるま式に膨らんでいることが分かってきました。

そこで今回は「個人闇金」もしくは「個人間融資」と呼称される新しい手口のソフト闇金について危険告知と個人融資の罠について書いてまいります。

スポンサーリンク

ツイッターでほぼ100%闇金の危険なハッシュタグ

お金に困った人が闇金に手を出すことは以前からありました。しかしココに来て闇金と名のらないサイレント闇金が登場し猛威をふるっています。これらのサイレント闇金は自分たちを単なる個人でちょっとした利息をもらえればお金を貸しますと言い副業であるかのようなスタンスで迫ってきます。

しかし実態は頭の先からつま先まで闇金業者です。

トバシの携帯電話を使って100以上のツイッターアカウントを作り毎日、同じようなハッシュタグに同じメッセージを投稿しているのです。これらををツイッター闇金と呼びます。社会的な問題になるまでもうそれほど時間が無いと思われます。すでにマスコミもこのSNS闇金の存在には気づいており当サイトのツイッターアカウントに取材の依頼が入ったほどです。

そこで私たちは個人融資、個人間融資の実態について調べました。まずはこうした個人闇金が投稿を続けているハッシュタグの解析に着手しました。これはすぐに分かってきました。なぜなら同じ名義人であろうアカウントが複数ありすべてが同じハッシュタグを使っているからです。それを下記します。

闇金が潜む危険なハッシュタグの一覧

これまでに当サイトで把握できた危険なハッシュタグの一覧です。これ意外にもあるとおもいますので気付いた方は下記の投稿もしくは専用の掲示板までご連絡ください。当サイトへの投稿はすべて秘密厳守、匿名OKとなっております。

#個人融資
#個人間融資
#お金貸します
#お金欲しい
#お金借りたい
#お金貸して
#融資案件
#借金
#金欠
#主婦
#ブラック
#大学生
#生活費
#おまとめローン
#対面
#小額融資
#風俗
#月1回払い
#レンタル
#スピード審査
#約束厳守
#闇金
#ソフト闇金

こうしたハッシュタグとくにお金に関するハッシュタグは全て闇金業者が自分たちで作っているツイッターアカウントになりますから気を付けてください。参考までにどのようなアカウントがあるか画像を貼りつけておきます。

スポンサーリンク

・アドレスをそのまま貼りつけているタイプ

ツイッターにGメールアドレスをつけている闇金 ツイッターにYahooアドレスをつけている闇金

Gmailアドレスがそのまま貼りつけてあります。やっていることはソフト闇金などと変わらず1週間で3割から4割の利息+手数料として3000円をひくなどソフト闇金と代わらないです。そもそも個人融資など存在しません。利息を目的としている個人のお金の貸し付けは貸金業登録を取得しビジネスとして行わなければならないのです。

・DM型で完全に身分を隠しているタイプ

ツイッターのDMに連絡をよこせという闇金

個人的に融資をしていると言っている割には専門用語や他の闇金アカウントと同じような言葉回しをしていることに違和感がある。実態はソフト闇金である。高利貸を目的としていますから借りてしまうと返済できなくなり警察に駆け込んでも積極的に話を訊いてくれない場合もあります。なぜなら個人融資などという言葉やビジネスは存在せず犯罪の温床であると知っていながら犯罪者からお金を借りて犯罪に協力したのはアナタと言うことになるからです。

DMでのやり取りでは相手の実態が全く分からず警察に駆け込んでも相手を特定することはほぼ出来ないと言われることもあります。

ちなみに「先振込み」とは先にいくらかお金を振り込めば融資するという意味で融資保証詐欺が積極的に行っていた違法手口の変化形です。

融資保証詐欺はオレオレ詐欺の分派でもっとも警察が摘発を狙っている犯罪の1つです。そのような犯罪にどのような理由があるにせよ付き合いをして相手の利益になることに協力をすれば犯罪ほう助に問われます。これは驚かしているのではなく本当にそのようになります。

事実、闇金業者にキャッシュカードを送ってしまった被害者は警察に逮捕された経緯があります。犯罪資金防止法違反だからです。高利貸においても犯罪者と分かっていてお金を借りているのであれば犯罪協力になりますから同様に逮捕される可能性があることを理解しなければなりません。

・女性を語った個人融資

ツイッターに女性とウソをついて発言している闇金

これも最近多くなっているタイプです。女性というだけで何か甘いとか簡単に借りられる、何かあったら逃げられるなどと考えている方が多いようですが実際に動いているのは屈強の闇金業者です。プレイヤーと呼ばれる闇金の男性担当者が後ろで手ぐすね引いて被害者を生みだしているのです。

他にもLINE@に誘導してそこでやり取りをするタイプの個人融資もありますが実態はソフト闇金となんら変わりませんでした。

こうした新しい宣伝窓口を持った闇金業者はそれまでの情報弱者ではなく大学生やSNSを使いこなしている若者をターゲットにしています。

「なんとかなる」

と勘違いしたSNS世代、ネットの闇金業者対策などを読んで闇金が甘い存在だとか、いざとなったら警察が助けてくれるなどと軽く考えた結果、引き返せない被害に遭ってしまっているのです。ソフト闇金や闇金業者はそれまでにもたくさんの被害者を生みだし、完璧なマニュアルを作って被害者を追い詰めてきているのです。何よりもお金に対して貪欲な彼らがそんな抜け道を用意することなどあり得ないのです。

入口がツイッターという誰でも簡単に匿名で居場所もばれない秘密性の強いSNSだからこそ犯罪者が利用しないはずはないのです。自分はその辺は理解している、とか、自己責任で何とかするので大丈夫です、などと言っている人に限ってすぐに警察に駆け込み自己責任の重さを知ることになるのです。

SNS闇金には近づかない、触らない

ハッキリと断言します。

個人融資でお金を貸す等と言っているアカウントは100%闇金であり闇金業者のアカウントです。

やっていることは闇金行為であり特殊詐欺行為でしか無いのです。自分は大丈夫とか相手はとても真摯に対応してくれているのでその人だけは違うと思って騙されてしまう人ばかりなのです。どうしても信じられないというのであれば相手に下記を質問してみてください。

住所、電話番号、本名、貸金業登録番号

特に最初に訊くのであれば、

「個人融資はプライベートであっても貸金業登録番号が必要なのでアナタの持っている貸金業番号を教えてください。」

と質問して下さい。それで言い訳をして貸金業登録番号を教えてこなければその時点で闇金です。

また本名等はいくらでも詐称出来ますので本名と併せて免許証や保険証の写メを送ってもらうように質問をします。それで写メが届くのであれば信用するのではなくそのやり取りをもって警察に相談してください。警察から闇金の可能性があるからこれ以上かかわるなと言われるでしょう。

電話番号を知り得たと喜んで連絡してくる相談者もいましたがあまり参考にはならないかもしれません。例えばライン@でやり取りをしていると相手はライン電話で連絡してきますがこれは特殊性が強く本人特定には至りません。そもそもトバシの携帯電話で犯罪行為を行うためのアカウントを作ってますから本人とは異なり実質的な犯罪者のあぶり出しにはならないのです。

トバシの携帯電話の番号を教えられてしまっては意味がありません、おそらくほとんどの闇金はトバシの電話番号を教えてきますから意味がないのです。

闇金がWEBサイトなど広告代理店が介入する宣伝方法を使うのであれば警察も広告代理店から駆け上がることが出来るかもしれません。しかしトバシの携帯電話で自分たちでアカウントを乱発してツイッター上で特定のハッシュタグで宣伝してしまえば犯人特定は難しくなってしまうのです。

それを犯罪者も理解していますから徹底した追い込みをかけてきます。これがSNS闇金で一番厄介な点なのです。
WEB闇金よりもハードな追い込みにほとんどの人は参ってしまいます。

自分たちが絶対に安全なポジションで仕事が出来るとなれば徹底的に相手を追い込み、脅迫し金を搾り取るのがSNS闇金の本質なのです。

アナタは自分が犯罪者になる可能性があり徹底的に追い込まれることがわかっているSNS闇金からそれでも借りますか?

すでに個人闇金で被害に遭っていたり、被害に合いそうだと思っている方は弁護士が開設している闇金被害相談ダイヤルに電話して今後の対応をしっかりと確認してください。無料ですから不安になってもすぐに利用できます。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

フロントコートは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

早々で申し訳ないですが結論から先に申し上げます、この「フロントコート」は闇金であると当サイトでは判断しました。その結論に至る過程が複数ありますのでこれから説明しますが申込をすると特殊詐欺の被害に遭ってしまう可能性が高いためくれぐれも注意してください。

この手のサイトをチェックする場合、会社概要を確認することから始めます。このサイトについてもセオリー通り会社概要をチェックしましたすると、

会社概要に貸金業登録番号がありませんでした。
固定電話の番号表記が無くメールアドレスの連絡先もありませんでした。
所在地がデタラメで郵便物が届かないだけではなく過去に闇金が使っていた所在地を使い回しています。

これだけおかしな点が出てきてしまったため過去の闇金データを照合をかけた結果、闇金であると判断したわけです。みただけではわからないという方も多いと思いますのでポイントだけ整理して書きます。

スポンサーリンク

闇金サイトかを見分けるポイントは、

会社概要に貸金業登録番号が無い

まず番号の確認をおこない会社概要ページに確認出来なければ闇金と考えて問題ありません。それほどまでにこの番号は重要な番号なのです。そして、固定電話番号が無い場合も同様に闇金の可能性が高まりますがアフィリエイト収益を目的としたサイトの場合、宣伝用素材として電話番号が記載されていないこともあるようなので貸金業登録番号に比べれば精度は若干下がります。

それでもわからないという方に撮っておきの方法があります。検索を書けるということです。その際に必要なのは、

「フロントコート(疑っているサイト)」+闇金

と入力することです。検索結果にフロントコート本体のサイトが出てこず、闇金サイトであることを告知するサイトがたくさんできてきたらそれは闇金と判断して問題ありません。どうしてもお金が借りたいと思っている方は焦らずにまずこれらのことを試して申込を検討しているサイトが闇金では無いかを確認することが大切です。

さらに情報としてこのサイトが記載している住所が過去に私たちのサイトで闇金であると結論したサイトでも使われていたという事実です。これは闇金が住所を勝手に使い回していることを意味しているのです。

過去から現在までにおいて当サイトで同じ住所を使ったサイトをいくつかリンク設定しておきますので真実の有無を確認してみてください。

新しいところから言えば「オクトパス」「アイエイスト」と言ったところです。そして古いサイトになると「ピクスト」となります。いずれも特殊詐欺サイトとしていろんな告知サイトで闇金もしくは犯罪サイトとして既出しておりますのでネットやgoogleを使って調べてみてください。その悪質性が分かるはずです。

いままで書いたのは申込をしていない方などにもわかる情報ですがこれから先は申込をしてしまっている方への情報となります。

スポンサーリンク

すでに申込をしてしまい相手に個人情報を渡してしまっている場合は可及的速やかに法律事務所への連絡と警察への被害相談をおこなってください。被害届が入らない可能性もあるのですがそれでも警察に相談することで履歴が残ります。そして警察官にその場で闇金業者に電話をかけてもらえるようにお願いして下さい。

アナタの携帯電話からかけてくださいと言われる場合もありますが警察署の電話でかけてくれる場合は電話番号の末尾が110になりますので相手(闇金業者)は警察から電話がかかってきたことを知ることができます。

こうすることで自分たちのサイトが警察の衆目になったことを理解させることが必要です。そして法律事務所に出向くのは相手からの嫌がらせに対して自分の身を守るためです。

闇金は嫌がらせを開始すると会社に電話をかけてきたり、ピザやソバの出前を自宅や会社に強制的にアナタ名前で頼んでみたり、タクシーを何台も会社に呼びつけたりします。こうした嫌がらせはすべてアナタ名義で行われますから会社の同僚からの信用を失ってしまいます。

また仮に信用が失われなくとも会社として闇金業者から電話がかかれば反社会組織と通じているとおもわれクビになってしまうことがありますから決してこの問題を軽視してはいけないのです。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

フロントコート

【キャッチコピー】

応援枠、拡大決定!無職で断られた方、他店で断られた方、他件数が多くて断られた方、ご相談ください

【サイト名】フロントコート

【サイトURL】

【記載住所】東京都品川区大井4丁目4 3F

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

キャッシングのアイコムは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

同名の闇金を当サイトで危険告知したことがあったがその時とは別のサイトであることが分かっています。以前のアイコムについてはこちらの記事を確認してください。

アイコム

2016年7月に闇金として初登場しその後の宣伝を復活していることが分かっていますが住所が宮城県であることから今回登場した「キャッシングのアイコム」とは別物であると考えられます。
さて新しく登場したキャッシングのアイコムですがこちらは東京都の住所で営業をしておりますがその住所はデタラメで内容証明郵便が届くような代物ではありませんでした。そして驚くことにこのアイコムが記載している住所は先日、同様に闇金であると告知した「キャミッシュ」と全く同じなのです。

デザインも全く同じです。下記を比較していただくとどれだけ似ているかわかると思います。

キャミッシュ キャッシングのアイコム

似ているどころか全く同じです。そしてどちらも闇金なのです。

これは同じデザインを流用することで警察からの指摘を回避しているのだと思われます。警察は被害届が入るとサーバ会社やコンテンツを提供している業者に悪質サイトがあるが知っていてサービスを提供しているのか?と尋ねます。すると闇の広告代理店は、

「そんなことは知りませんでした。すぐに掲載を停止します」

とまるで被害者かのような対応を行いサイトを閉鎖します。しかし裏では警察介入を闇金に伝えて新しいサイトの準備をしているのです。

短時間で新サイトをデザインすることはできません。そこで闇金も代理店も過去のサイトの一覧から適当なものを用意して指定された住所とサイト名を記入して新しいサイトを作り広告を再開するのです。

これが似通ったサイトがいくつも出てくる理由です。代理店の営業マンがこうしたキャッシングサイトがまともなサイトであるなどとは思っていません。当然、闇金と知りながら営業しているのですが警察に睨まれるとすぐに撤収しているのと代理店の先にハウス業者と呼ばれる闇金と直結しているブローカーがいるため捕まらずにすんでいるのです。

さてこのアイコムですが過去の闇金と同じデザインであるだけなく、会社概要に貸金業登録番号が記載されていなかったり、会社概要に必要情報が記入されていないことから闇金であると判断します。

闇金はその申込者がお金になると思えば平気です会社にも電話してきますし大声を張り上げて脅迫してきます。お金を借りること自体がすでに犯罪ほう助になるため闇金と知っていて相手からお金を借りる行為も禁じられています。

どんなにきつくてもお金はまっとうなところに依頼をしなければならないのです。そして少しでもおかしいと感じたらすぐに闇金対策の専門家に連絡をして対策しなければならないのです。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。また闇金問題について弁護士に連絡することを嫌っている方もいらっしゃいますが結果的に現状で一番効力があるのもまた弁護士事務所であることを理解しなければなりません。
警察は被害届がはいれば捜査することを考慮してくれはしますがすぐに犯人を捜し出して逮捕するということは出ないのです。またお金の問題は民事になると解釈している場合もあるので民事事件には介入出来ないと言って断ってくることもあるのです。「

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

定収入ある方確実女性(主婦含む)大歓迎!
最短5分
独自審査で窯らずお力になります

【サイト名】キャッシングのアイコム

【サイトURL】http://fine-spice.com/N2c3E/

【記載住所】東京都千代田区外神田1-1

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

ナイスライフは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

新しい年号になりましたが闇金の宣伝は一向に無くなる気配がありません。それどころか令和を語る新手口により被害が拡大しているのが正直なところです。悪質商法がしぶとく消えないのはかれらの特筆した情報収集能力の高さと時代を先取りし半歩先行く狡猾な犯罪行為によるものだと思います。

そんな中、あたらしくキャッシングサイトが登場してきました。新しいサイトが登場した時はかならず会社概要を調べることをお勧めします。その際、貸金業登録番号、固定電話番号、責任者名、ビル名まで書かれた住所、どれ1つでも不足していたらそれだけで闇金と判断して問題ありません。

ではこのサイトの会社概要をチェックしてみましょう。

ページは存在しているようですが詳細情報が記載されている箇所があまりにも少なくて驚きます。まずは貸金業登録番号を確認して業者を洗い出してみます。

貸金業登録番号は記載されておりませんでした。

この時点で闇金と判断できます。念の為、他の情報も確認します。

責任者名の記載、固定電話番号の記載がありません。特に固定電話は貸し企業登録に必要な情報ですから記載が無いのはおかしいのですがありません、これも闇金サイトの典型的なやり方ですから覚えておくとよいでしょう。

最後に住所ですがこの住所には見覚えがあります。赤坂の日枝神社のそばですが金融会社が存在できるような場所ではありません。デタラメの住所です。さらにいえばこの住所、過去に多くの闇金が使ってきた住所の使い回しです。

つまり業者はココに存在などしておりません。当サイトで過去に闇金と判断したサイトと全く同じ住所を使っています。過去の闇金サイトについても今一度洗い出してみました。

ベストサポート

マネースタイル

ライフスタイル

グローバル

こちらの闇金は全てナイスライフと同じ住所であるばかりではなく、すべて同じデザインなのです。サイトのデザインも一緒ですトップ画像の自体フォントまでそっくりです。

1つの広告代理店がデザインを使い回していることは明白であると言えます。仮にこれらのサイトが資本関係も無く全て別物だとしたらどうでしょう?

これだけ似たり寄ったりのサイトが存在してお互いで何も言わないのでしょうか?そんなことはありません。住所も同じでデザインも一緒のサイトで資本関係が無ければお互いが著作権等を主張することは明らかです。

そんなことが無いということはこれらのサイトは裏で一緒であると考えられるのです。

こちらのナイスライフなるサイトに申し込みをしている方は気をつけなければなりません。相手は勤務先名や勤務先電話番号を必須としている最悪の申し込みフォームを持っています。申込をした時点ですでに1つ以上の追い込み先情報を仕入れているということなのです。

驚かすつもりはありませんが闇金は追い込めばお金になると判断すると貸付をしてもしなくても嫌がらせや徹底した恐怖を与えてきます。その上で被害者がいいなりになるように話法を使ってくるのです。

対策は的確にそして迅速に行わなければなりません。おとなしく相手のいいなりになっていれば嵐は去ると考える方がいますが大きな間違いです。黙って相手の話を聞いている被害者ほどやりやすいものは無いのです。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

ナイスライフ

【キャッチコピー】

お得なキャンペーン実施中
今すぐお申し込み
人に言えないことや
一人でお悩みの方
悩まず遠慮なくご相談ください
安全秘密厳守お約束

【サイト名】ナイスライフ

【サイトURL】http://fine-spice.com/N1cHs/index2.php?s=tn001&c=***********

【記載住所】東京都港区赤坂3-16-5

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所