即ナビは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
紹介されているサイト全てがヤミ金サイトでした。もしくは同じような違法な金融サイトを紹介している比較サイトであることもわかりました。こうしたサイトはアフィリエイトと呼ばれる広告を違法業者でも引き受ける広告代理店から仕入れてお金目的で配信をしておりますのでランキングのように見えたとしてもそれはウソの情報であることを理解しなければなりません。

過激に書かれているキャッチコピー等も全てはアフィリエイト広告で収益を上げるためだけに記載されているテキストですから信憑性は全くありません。

どんなにお金に厳しくてもこのようなサイトで紹介されている広告に申し込みをすることは危険であると認識して下さい。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

お金借りれてますか?? 有力情報GET!!! 本日限定、残り2名様のみ先着受付! ブラックでお金が借りれない…と諦める前にお申込みを。

【サイト名】パニッシュ

【サイトURL】http://soku.black-cashing.net/index2.php?id=*****

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

セレクトは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

ゴールデンウィークが近いという中、闇金サイトの広告が止まりません。よくある名前で勘違いを誘発している可能性がありますのでくれぐれも気をつけていただきたいサイトが登場しております。
トップページには複数からの借入でもまるで融資できるかのような記述がありますがそのような事はありません。連絡先として記載されているのが無料で取得できる匿名性の高いフリーアドレスだけという時点で違法金融であることがわかります。

連絡先:koko741258963@yahoo.co.jp

また住所のは大手のスーパーマーケットが存在しておりました。つまり住所詐称と言うこともわかります。
すでにこのサイトに申し込みをしている方は違法行為の手助けをすることになってしまいますので速やかに対応することが大切です。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

弊社はヤミ金ではございません。ヤミ金への申し込みは十分にお気を付け下さい

【サイト名】セレクト

【サイトURL】http://afr.freedstar.site/******/about.php

【記載住所】東京都品川区大井1丁目3-6

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

手元にある銀行口座が止まってしまった方へ

昨今、大変に多くなってきている銀行口座の凍結問題ですが相談できる法律事務所はほとんどありません。話を訊いてもらうことすらも難しいのが実情です。

しかしここに来て限定的ではありますが銀行口座の凍結問題について対応している法律事務所が見つかりましたのでご紹介いたします。

ただし、相談に対するガイドラインがありますので条件をみたいしていない方はご相談をお控えください。いつ弁護方針が変わってしまうかわかりませんので何卒、ご理解の上ご利用のほどよろしくお願い申し上げます。

◆ブライテスト弁護士法人相談ガイドライン

・無料相談でご対応できるケース

闇金業者などに渡していないキャッシュカードや通帳が全てそろっている口座が凍結された方(関連口座の凍結)

・対応不可のケース

→キャッシュカードや通帳が手元にない方、どちらか1つでも無い場合は相談不可
→財布をおとした、紛失し警察と銀行に紛失届を提出していない方
→銀行口座を貸した、売ったなど自分の意志で相手に渡した方

無料相談でご対応可能な方は下記までお電話ください。

相談先:ブライテスト弁護士法人 0120-546-411

複雑な口座凍結問題

他の弁護士事務所や司法書士事務所などがこの銀行口座凍結問題を受けない理由の1つとしてその経緯と自己責任の問題があると当サイトでは考えています。

 

上記法律事務所さんのガイドラインに付記し当サイトの見解を加筆し説明したいと思います。

・関連口座の凍結

闇金業者や口座買取等と称した業者、個人間融資を語った人物が融資の条件や高価買取を営業トークに銀行口座をだまし取る犯罪に巻き込まれてしまたとはいえ、自分の意志で相手にキャッシュカードなどを渡す行為が問題なのです。

警察が口座を凍結するとその名義人が他の口座でも集金行為をしている可能性を考慮し銀行に対して犯罪に使われた可能性のある口座として銀行にその情報を提供します。それが預金保険機構のホームページにある「振り込め詐欺救済法に基づく公告」などに反映されます。

問題になった口座はどうにもなりませんが、自身が犯罪に手を染めておらず騙されてしまっている場合、関連口座の凍結については解除出来る可能性が残されています。

現状で騙されてしまった被害者の方ができる唯一の対処法は、自身名義の銀行口座で関連して凍結が始まってしまった口座の凍結を解除するということだけと言っても過言ではありません。

あくまでも当サイトの見解になりますが銀行口座の凍結問題の解決点とは下記であると考えます。

【関連口座の凍結を防ぐ、解除する】

・自己過失が多すぎて受けられないケース

多くの弁護士事務所が頭を抱え、依頼を断る理由ではないかと思われるのがコレ。ブライテスト弁護士事務所でもやはり受けられないケースがあります。

→通帳やキャッシュカードが欠けている
キャッシュカードを紛失した場合は警察に紛失届をだし銀行に再発行の依頼をするのが当たり前の手続きです。ところがその手続きをめんどくさいからとか使っていない口座だからといった独りよがりな意見で何もしないと大変なことになります。

警察や銀行の視点からみればその行為が銀行口座を売ってしまったり、犯罪に協力する可能性を完全に否定できないからです。否定できない以上、対象者に一定の疑惑が残るため凍結解除に応じないという結論になります。

どのような理由があっても紛失届は必ず提出し再発行手続きをすることが大切なのです。

→やることをやっていないケース

財布を紛失すれば当然、紛失届をだしますがその行為をしていないという事が警察と銀行に不信感を与えることになります。お金に直結する大切なものが他人にわたる可能性があるにもかかわらず紛失届を出さないなどあり得ないのです。

警察でも銀行でもこの点を大変に重視しておりますのでどのような理由を述べても紛失届を出していない時点で口座の凍結解除の可能性はほぼゼロになると言えるのです。

さらに昨今では業者が卑劣なアドバイスをすることも確認されているようです。例えば、

「財布をおとしたと言えば問題無い」
「財布をおいて席を離れたらなくなっていた」

などそれらしい言い訳を作ってきますので警察や銀行もその発言がアドバイスされたものなのか真実なのかを判断しづらくなっているのです。そのため主張自体を重視せず紛失届が出ているのか、それが迅速に出されたものなのかで判断するようになっています。

本当に財布をおとしたり盗まれたりしたのであれば迅速に紛失届を出さなければなりません。時間が経過してからの紛失届についても警察や銀行は猜疑心を持っていることを忘れないでください。

→銀行口座を貸した、売ったなど自分の意志で相手に渡した

どのような理由があるにせよ自身で相手に口座を渡した時点でその口座に対する凍結解除は難しくなります。だまし取られた口座はほぼ100%犯罪に使われますから早晩、警察により口座凍結されます。

その際、どのような言い訳を述べても、自分の意志で相手に口座を渡した時点で犯罪となるため最悪の場合、被害者が逮捕される場合があるのです。

自分の意志で口座を渡してしまった方に多いのが下記

・お金に困って口座買取業者に口座を売ってしまった
・お金持ちの税金対策用口座だから人助けなのでといわれ口座をかした
・レンタルすることで料金を得ることができるといわれ仕事感覚で口座を売ってしまった

そしてもう1点、暗証番号を相手に伝える行為も法律違反です。

特に勘違いが発生するのが下記、

・暗証番号を忘れる可能性があるのでカードの裏に暗証番号をかいていた
・暗証番号を書いた紙をカードと一緒の財布にいれていた
・口座の利用確認等の理由で相手に暗証番号を教えてしまった

これらは一見、筋が通っているようにも思えますが警察では全く通用しません。過去に多くの方々がこうした発言をしていますがやはり口座を意図的に売った、貸した可能性を否定できませんので警察ではまともに取り合ってはくれません。

結論として口座の解除には至らないことがほとんどなのです。

残念ながら大抵の被害者さんはこの相談が受けられない理由のどれかに該当してしまっているのです。

だからこそ法律事務所の凍結解除が出来ないため受けられないことがほとんどになるのです。
先にも述べましたが銀行口座の凍結問題についてできることは、本人が所有している相手に渡していない口座が関連して凍結した際の凍結解除というのが対応できる唯一のケースであると言っても過言ではないのです。

関連口座が凍結している方でキャッシュカードや通帳などが全てそろっている方は無料相談で対応してもらえますので早めに対応に入ることが大切なのです。

相談先:ブライテスト弁護士法人 0120-546-411

口座を売却したいといった相談について

最近になって当サイトの主旨を勘違いしている方からの連絡が多くなってきております。当サイトは闇金被害を無くすことを目的とした情報発信サイトでありその手口を細かく書くことで今、被害に遭おうとしている被害者の方に危険を告知するためのサイトです。

ところがその趣旨を理解していただけない方からの連絡が相次いでおります。
もちろんその中には闇金業者や銀行口座詐欺を行っている犯罪グループからの連絡も混じっていると思われます。

これまでそのような電話に対してはログをサイト内で保存することはしませんでしたがあまりにも多いため今後は業者と思われる電話と口座を売却したいなどと犯罪に手を染めるような連絡をしてきた方のログを保存することに致します。

このページで改めて危険告知致しますが、銀行口座は他人に貸すことも売却することもできません。そして口座を自らの意思で売る行為は犯罪に抵触する可能性がありますのでいかなる理由があったとしても認められることではありません。

一時のお金の為に人生を台無しにするような行為は避けなければなりません。闇金業者や犯罪業者が言葉巧みにまるで合法かのように口座の売買や貸与をもちかけてきますがそうした彼らでさえ自分たちの口座は売ったりしないのです。

それほどまでに危険な行為であり違法行為であることを改めて認識していただければと思います。

中央ファイナンスは闇金┃0120-305-469

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

被害者の報告により発覚したキャッシュカードをだまし取る闇金業者です。ただいまサイト情報やURLなどを確認している最中ですがあまりにも詐欺のスピードが早いため手口の告知等を先におこいます。

相手から連絡をしてくる電話番号は携帯電話とフリーダイヤルの2つですがフリーダイヤルは飛ばしの携帯電話に転送されている可能性があります。保留音がかからないことや明らかに移動しているような音声がはいることが報告されております。

相手は審査をしたが一般的にはNGとなっているので何処に申し込みをしても融資は難しい、などと言ってきます。その上で、自社審査であれば融資が可能だと持ちかけることで詐欺の手口がさも正当であるかのような営業トークをしてきます。

最終的にはキャッシュカードを指定した場所に送るように指示してきますが、送ってしまうとそのカードは犯罪グループに転売されてしまい犯罪の集金用口座として使われてしまいます。こうなると被害届が入った段階であなたの口座は警察により凍結されます。

これが意味するのはあなたが犯罪に加担したという疑いがかけられることになるということです。どんな申し開きをしても銀行口座は貸与も譲渡もできない商品ですから自らが招いた責任として誰も助けてくれません。もちろん警察も事情は把握しておりますが法律からみればあなたの主張は通らないのです。

相手に銀行口座を渡してしまっている場合はすみやかに弁護士や司法書士など法律に精通しておりなおかつ、闇金業者の行っている銀行口座のだまし取りに対する対応をしてくれる法律事務所に依頼をして自分の身を守らなければなりません。

何をすればよいかわからないわからない方は闇金による銀行口座のだまし取りに対してノウハウを持っているブライテスト弁護士法人が開設している無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-546-411

事務所名:ブライテスト弁護士法人

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】中央ファイナンス

【サイトURL】

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】0120-305-469/080-4189-5735

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-546-411

事務所名:ブライテスト弁護士法人

株式会社DOUは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

結論から言えば貸金業登録番号を取得していない時点で闇金となります。書かれている住所は虚偽記載で業者はそこに存在しておりいません。

株式会社と書かれておりますが港区に同名の貸金業、キャッシングを行うことを申請した企業はありませんので会社法に違反していることもわかりました。

携帯電話やキャッシュカードを送れば貸付できると言った詐欺手口や小額の振込に対して倍のお金を返済させて履歴を作れば融資ができるなどといった近代闇金の手口で被害者を生みだしております。

相手から融資に対して条件をだされたらそれは闇金と考えて間違いありませんのでその場で適当に話を併せて電話をきったらすぐに警察や弁護士事務所の緊急闇金相談ダイヤルなどにそうだんすること。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

低金利キャンペーン実施中初めての方でも安心!様々なプランでお客さまをサポート

【サイト名】株式会社DOU

【サイトURL】http://dou-fine.com/index.php?AC=

【記載住所】東京都港区新橋1-18-21第一日比谷ビル

【貸金業番号】都(1)31685

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

スタイルは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

年齢認証ページが実に不自然でスマホでクリックしたときだけ閲覧できるようになるサイトです。貸金業に取って大切な会社概要はおざなりにトップページの下にわずかに書かれているだけでした。その住所も虚偽で必要情報を満たしておりません。

さらにマンションの1室のようですがそのマンション自体の特定ができませんでした。このことから書かれている所在地に意味は無く業者は別の場所で営業していると思われます。

貸金業登録番号や固定電話の記載がないことから登録をせずに営業する闇金業者だと判断できます。

親身になってくれるようにみせかけたサイトになっていますが実態は詐欺サイトで商品のだまし取りや押し貸し詐欺と呼ばれる犯罪にまきこんでくることから申込をしてしまった方は迅速に対策する必要があると考えます。

会社名や固定電話番号を相手に教えている方は自分独りで解決しようとせずに使えるものは何でも使って相手との関係断ち切りをしてください。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

最低限の確認事項でご相談を承っておりますので、周りに知られたくないなど内緒でご相談をご希望されるお客様にもご満足頂いております。 ご家族には知られたくないなど、ご事情がございましたら、ご相談お申込みの際に併せてお申し付けくださいませ。

【サイト名】スタイル

【サイトURL】http://spice-zero.com/L1cPA/index2.php?s=

【記載住所】東京都千代田区神田淡路町2-107

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

スクリーンは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

同じデザインの闇金がここ数年で爆発的に増えているため注意が必要だと思っていたのですがやはり違法な金融業者であることがわかりました。
会社概要に書かれている住所はソーホーオフィスやレンタルオフィスのサービスを行っているところでこの業者の存在は確認できませんでした。レンタルオフィス会社自体もそうした受付はしていないと思われます。

会社概要には登録番号の記載がありませんし固定電話の番号もありませんでした。このことから貸金業登録も行っていないため貸付をしていれば出資法違反になります。

問題なのはこの業者が詐欺行為を行っているという疑惑があることです。
携帯電話を買えば信用情報の記録がリセットされるとかキャッシュカードの預入をつかった独自の融資方法だからカードを預からせてもらいたいなどと言い実態は商品のだまし取りを行っていることがあります。

この詐欺被害は自身の個人情報が汚されるだけではなく以後、携帯電話が購入できなくなったりキャッシュカードがすべて凍結されてしまい新規のカードも作れなくなるなど多大なるデメリットが発生する事、最悪の場合、刑事罰に問われる可能性がある等が挙げられます。

申込をしている方はすぐにもヤミ金対策に入り時間の経過による悪化を防がなければなりません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

人に言えないことや一人でお悩みの方、悩まず遠慮なくご相談ください。完全秘密厳守お約束

【サイト名】スクリーン

【サイトURL】http://spice-zero.com/M5jHA/index2.php?s=***

【記載住所】東京都渋谷区渋谷3-33-15

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所