アドプラスは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

新しく登場した金融サイトは貸金業登録番号を詐称している闇金であることがわかりました。番号は存在こそしておりますが福岡県での登録ではなく山口県で確認されましたが全く別の名称である正規業者であることが分かっております。

したがってこのサイトが記載しているのは別の県名に詐称した番号をくっつけて作ったデタラメの番号であると言えます。

さらに申し込みのページを確認するとまるで申し込みをする方が空く人であるかのような記載がありました。

「虚偽の申込や冷やかし・いたずら等が発覚した場合、弊社顧問弁護士より法的処置をとらせて頂く場合がございます。」

このことに恐怖して申し込み後に脅されてしまったという被害者さんがいらっしゃると思いますが必要以上に考えないでください。そもそもアドプラスなる金融サイト自体が違法性が強くまっとうではありません。こうした法律に抵触するような行為を行っているサイトが弁護士をやとってその契約に対して文句を言うことはありません。なぜなら、

違法性のあるような契約は日本では無効だからです。

闇金は立派な犯罪ですからその行為をやめるといった申込者に対して損害賠償請求や他の法律的な問題を問うことは出来ないのです。

ただしそれを知ったからと言って相手の上手を取るような行動は慎むべきです。メリットが無いばかりか相手を感情的にさせてしまい最終的にさらにひどい事態になってしま可能性があるからです。あくまでも自分の中での精神の安定と言うことで考えてください。

問題なのは相手に個人情報を伝えてしまったことですからこの点において相手との関係を断ち切るための施策をしなければなりません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

AD+簡易審査で即ご融資します安心納得催促のサービスをお約束いたします!借入れ先でお悩みの方諦めないでご相談

【サイト名】アドプラス

【サイトURL】http://ad.yayoi.space/i_form.html

【記載住所】山口県山口市熊野町1-10 ニューメディアプラザ山口2F

【貸金業番号】福岡県知事(7)01375

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

エイザは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

6月に新規で発覚した金融サイトです。まるでブラックユーザーにでも貸付をしてくれるかのような記述が随所に見受けられますが実態はまるで反対で一切の融資を行っていないことが分かってきました。

さらに記載されている住所は存在自体はしておりますがエイザなる金融会社が存在してはいないことも確認されてきました。

勤務先や勤務先の電話番号が必須扱いになっているため申し込みをすると担当者は被害者の勤め先をあらかじめ知っていることにあります。折り返しの電話でもそのあたりを確認してきているため何かあるとすぐに「会社に電話するぞ」と脅すようになってしまいます。

闇金業者で一番の厄介ごとはまさにこの点なのです。会社に電話をされることであなたの信用は崩れてしまい周りも犯罪者からの電話に怯えてしまうため最終的にはクビになってしまうのです。

そのためこの業者に申し込みをしている方はすぐにも対策をしておくことで被害を最小限に抑える努力をすべきであると考えます。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

おまとめ・一本化のお客さまにお得なキャンペーン実施中

【サイト名】エイザ

【サイトURL】http://fine-spice.com/M8pGY/index2.php?

【記載住所】東京都台東区上野7丁目1-8

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

FAIEは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

パソコンのメールアドレス宛てに送りつけてくる迷惑メールで発覚したサイトです。やはり広告代理店が裏で暗躍していることがわかります。しかしその行為は違法になりますので担当者や層のような人物が法律的に訴えるやイタズラ登録は損害賠償だなどとすごんできても驚かずにそのまま受け流して下さい。日本では違法性のある契約は無効なのです。

ファイエと名乗るこの業者は株式会社を名乗っておりますがその所在地には存在が確認できておりません。また大変に低金利で貸付を行っているようですがこちらについても貸付をしてもらった!という意見がまるで寄せられないことから本質は金融サイトを装った詐欺サイトで高価で売買される銀行口座や携帯電話をだまし取るサイトであることがわかります。

勤務先を必須としているため相手にその情報を推してしまっている場合は早急なる対応が必要です。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

他社で断られた方でもお力になれます!

【サイト名】FAIE/株式会社FAIE

【サイトURL】http://mof2mof.com/?ad=ad

【記載住所】東京都港区海岸3-5-13 五色橋ビル 3F

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

タカライフは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺/携帯電話契約

住所が不完全で郵便物が届きません。つまり内容証明郵便を出そうにも業者に届かないということになります。もちろんそれは意図したものですから間違いとかミスでは無いのです。

担当者から電話がかかってきている方はまず、会社概要に固定電話番号や責任者が書かれていないこと、貸金業登録番号を質問することからはじめてください。

現在の闇金は騙されそうな人物に対しては執拗に迫ってきますが騙せないと思われる人物(知識を持っているまたは誰かから入れ知恵された可能性があるようなケース)では深追いしないことが多くなってきているのです。

それでも100%の確率で相手との関係が断ち切れるわけではありませんが自分でできる有効な方法の1つであることに代わりはありません。そして会社の連絡先を抑えられてしまっている場合はもうすこし深く対策を立てなければなりません。

特にタカラライフは「携帯電話料金未納の方はお申込み出来ません。」と申し込みページに書かれていることからわかるように携帯電話をだまし取る詐欺サイトであることが分かっております。

相手がどのような発言をしたとしても結果的に融資を受けるためにまず先に何かをしなければならないという条件であればそれは受け入れる必要はありません、詐欺だからです。

そのような発言や要求が出てきた場合は慌てずにしっかりと闇金対策をする必要があります。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

他社様NGの方もご相談ください期間限定!キャンペーン中!

【サイト名】タカライフ

【サイトURL】http://fine-spice.com/M5jHA/index2.php?

【記載住所】東京都千代田区外神田1-1

【貸金業番号】

【電話番号】03-6757-7967

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

リターンは闇金┃03-6757-7967

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

先の電話闇金と同様にサイトを持たずに迷惑メールだけで集客を行っている悪質な闇金業者です。さらにこのサイトがターゲットにしているのはいまだにスマホではなくパカパカフォンと呼ばれる一世代前の電話を使っている方です。

年齢層が高めであったり諸般の理由でスマホを使われていない方をターゲットとしているのは意図的であるとも考えられます。

問題なのはこの業者が貸金業を取得せずに出資法違反と分かっていながらこうした行為を続けていることになります。さらに言えば銀行口座をだまし取ったり携帯電話をだまし取ると行為は闇金ではなく商品詐欺です。

融資の条件としてそのような発言を業者がしてきている場合は高利貸ではなく詐欺であると認識して関係の断ち切りをしなければなりません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

審査不要で最短15分振込!
無利息キャンペーン実施中!
めんどうな手続きなしで今スグお客様の口座にお振込み致します。
無職・主婦・アルバイトの方でもご融資可能です!

【リターン】サポート部
03-6757-7967
お気軽にご相談ください。
急ぎの融資大歓迎!

【サイト名】リターン

【サイトURL】

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】03-6757-7967

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

グローバルは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

過去10年ほど同じようなデザインが使われており特定の広告代理店が関与していると考えられます。結論から申し上げるならば残念ながら「闇金」であると言えます。

トップページには5分で融資するなど景気の良い見出しが躍っておりますが実態は全く融資等行っておらず融資を餌に携帯端末や銀行のキャッシュカードをだまし取るタイプの詐欺サイトであると言えます。

さらに問題になるのはこのサイトで被害に遭ってしまうと警察でも助けてもらえるかが微妙になってしまうこと。
理由は「闇金と知っていて関われば被害者ではない」ということなのです。申し込みをした時点ではわからずとも途中で闇金かもしれないと思うことは多々あります。それでも借りてしまえばなんとかなる!等と思っているとあとでとんでもないことになってしまうのです。

従って現在の闇金問題はとにかく被害に遭う前に何とかするというのが大前提なのです。しかしそのような風潮は業者もしっていますからさらに過激な追い込み行為をするなどして被害は深刻になるばかりです。

やるべきことは決まっていますから慌てずにしっかりと一歩一歩進めていく事が大切なのです。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

本当にお困りの方、ご相談お待ちしております!最短5分で実行!!♪今すぐお申し込み♪

【サイト名】グローバル

【サイトURL】

【記載住所】東京都港区赤坂3-16-5

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

パンジーは闇金┃03-6757-7977

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

Yahooメールで特定多数に迷惑メールを送りつけてきている闇金です。スパムメールを送った時点で違法性の立証が出来るため契約は不成立となります。例え担当者がどのような法的な発言をしたとしても驚くことはありません。

さてこちらの業者ですが所在地や責任者名、貸金業番号など一切の情報が伏せられており担当者なる人物に訊いても適当な発言ではぐらかされたり、あからさまに不機嫌な声になるといった報告が入り始めております。

当サイトで収集している闇金情報を基に電話番号である程度、闇金業者であるかの指標がわかってきました。精度は100%ではありませんが下記の番号帯については要注意と思っていれば被害はかなり少なくすることができます。

03-675*-

今後も番号帯が変わる可能性があるため現時点でという期間限定ですが昨今の闇金業者が使っている番号の多くが03発信で頭の2ケタが「67」であることが分かってきました。

仮に申し込みをしていない番号でもこの帯ならば危険であると考えるべきであると言えます。

そして現在、パンジーから融資をするためにしなければならないことなどを指示されている方は絶対にその指示に従わないこと。
相手からの電話に誠実に回答するのではなく警察に被害相談をしてください。さらに無料で闇金被害を相談出来る弁護士事務所でまず自身のおかれている立場をしっかりと確認し、その上でどうしなければならないのかなどを把握する必要があります。

会社に電話をかけられてしまうと後々、クビになってしまったりと問題が深刻化してしまいます。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

最短15分銀行へお振込み
【パンジー】
03-6757-7977
全国どこからでも大丈夫!
無利息融資実施中!

【サイト名】パンジー

【サイトURL】

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】03-6757-7977

【アドレス】onagairegui@docomo.ne.jp/inf_pansy@yahoo.co.jp

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

リオットは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

トップページには人種差別とも言えるような記載が表現されております。無職・生活保護の方は利用出来ません、公務員優遇・主婦Okなどは完全なる職業差別とも言えます。

この文章を見て申し込みをしてしまった方が詐欺の被害者となってしまい社会生活でたいへんなデメリットを抱えてしまっているといった報告が以前から寄せられております。

現代の闇金業者は高利貸ではなく詐欺です。

自身がおこした行動により今後の生活に大きなマイナスが出るだけではなく警察から犯罪者扱いされることもあるのです。

キャッシュカードを預けることで融資ができると持ちかけられたり、携帯電話を購入すれば信用情報機関の情報がキレイになる等と言われ相手の言いなりになってしまうととんでもないことになってしまうだけではなく法律に違反する可能性があることを認識しなければなりません。

すでに申し込みをしてしまっている場合は相手からの電話に出ずまず警察に相談すること。そして無料で被害相談を行っている闇金被害の法律事務所に対してしっかりと今後の対策を立てること。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

人に言えない事や
一人でお悩みの方
悩まず!遠慮なくご相談下さい!!
完全秘密厳守お約束!!

【サイト名】リオット

【サイトURL】http://fine-spice.com/M3LyD/annai2.php?s=

【記載住所】東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目20-16 3F

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所