メゾンローは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

こちらの「メゾンロー」なる金融サイトですが同じ名前で最低でも2つのバージョンが存在しております。広告手法として複数のバージョンが存在することはありますがこの金融に関してはそのような意図では無いようです。

どちらのサイトにおいても特商法違反と思しき記載が確認できており結論から申し上げるならば闇金サイトもしくは違法性が高い金融業者と判断できます。

その根拠についてこれからご説明します。まず、会社概要です。
どちらのサイトにも会社概要がありませんでした。サイトの下部に「会社概要」と書かれてはいますが会社名しか記載されておらず必要十分条件を達していません。
さらに1つのサイトにおいては会社名が「ラスワン」と書かれており以前のサイトを名前だけ変更して使い回している可能性も確認出来ました。

会社概要は社名、固定電話番号、責任者名、所在地、貸金業登録番号などが最低でも必要になります。

そのうち社名しかありませんので特商法なる法律に違反していると指摘しているわけです。
さらに申込ページの上部にはまるで人種差別をするかのような記述が見受けられます。

無職/生活保護受給の方/

赤字で太字ということは相当に強調したいのだとは思いますがこれは差別と判断されかねない記述です。

他にもメール連絡を希望する方は申込NGとか携帯電話がつながらない方は申込NGなども違和感があります。

サービスを提供しているわけですから顧客の状況に合わせるのは当たり前の話であってこのように強要することは一般企業ではあり得ないのです。

こうしたページを確認するだけでも危険な金融サイトであることが見抜けます。詳しくは「【保存版】申込前にわかる闇金サイトの見分け方」をご確認ください。

申込をする前にこのページをご覧になっている方は申込を控え国民センターなどに相談してもよろしいと思います。現在の闇金は融資をする条件として携帯電話やキャッシュカードをだまし取るような詐欺サイトばかりです。
くれぐれも気をつける必要があるのです。

次に、申込をしてしまった方へ

相手から電話がかかったりさらに情報を聞き出されている場合は対処が厄介になります。そのまま電話に出ないなどを繰り返すと聞き出された会社まで電話がかかる被害が続出しております。

お金を借りていないから被害者では無いというのは妄想です。申込をして相手に個人情報がバレてしまった時点ですでに被害は発生しているのです。

すみやかに対応する必要があるのです。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

その1

その2

【キャッチコピー】

他社でお断りされた方でもOK。24時間受付中
他社で断られた方必見!お困りなら是非相談を!

【サイト名】メゾンロー

【サイトURL】http://kar.cwniskc.xyz/MM9GSUsQ/entry.php?id=**

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所