┃最終更新日:

GKフィナンスは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

結果からすれば闇金です。会社概要をしっかりと記載してはいますが要所がデタラメでした。まず住所について確認を行ったのですが枝番が記載されていないため住所が特定出来ませんでした。この時点で特商法違反です。

次にサイト名ですが法人名ではなく単なる呼称(屋号)なので好き勝手に書くことが出来るような代物でアテになりません。

決定的に闇金であるとわかるのは、貸金業登録番号が無い、固定電話番号が無い、責任者名が無いなど必要であるはずの記載が全てないことです。

これだけで闇金であると断定出来ます。さらに言えばサイトのデザインですがこれは過去に多くの闇金サイトが使ってきたサイトデザインですからまっとうであるとはとても言えません。

まだ申し込みをしていない方はこのサイトが闇金であることを理解した上で慎重は判断をするべきであるとアドバイスします。

次に申し込みフォームについての見解を示します。

一見するとまともなフォームに見えますが、勤務先名と勤務先電話番号が必須担っていることがわかります。闇金サイトですからその個人情報はろくな使われ方をしません。さらにはその人物の勤務先情報まで相手にバレてしまっているわけですから申込=脅迫が成り立ってしまうほどに危険なフォームなのです。

そしてもう1つが、

同時エントリーしますか?

です。これは何を意図しているかと言うと一括申し込みサイトによくある個人情報の複数転売です。

このデザインをつかっているサイトはすべて共通の広告代理店が介在しております。そこで取扱いをしている闇金業者に個人情報がバラまかれて転売されることに同意しますか?という意味なのです。

1つの闇金でさえ関係を絶ち切れなくて四苦八苦しているのに申込段階で複数の闇金業者に連絡が廻される等危険極まりないです。これは大変に危険であり闇金業者ではなく闇の広告代理店が売り上げを挙げるためにやっていることです。

アナタの個人情報をいろんな犯罪グループに転売することでお金儲けをしているということなのです。

申込をしてしまってる場合は最大の注意を払ってください。

このサイトは勤務先名と勤務先電話番号を必須として最初に情報を集めています。つまり他の闇金サイトに比べて申込のハードルが高いのです。これはいったい何をいみするのか?

1つの申し込みに対して粘着する比率が他の闇金よりも高い、ということを意味するのです。

勤務先までしっかりと書いてくるような人間は律義でまじめだからとことん追い詰めればいいなりに出来る。というコンセプトが裏に隠れている可能性が高いということなのです。アフィリエイト広告でも勤務先を必須にしていると単価が高くなり闇金業者の支払いが高くなると言われています。

つまり他の闇金よりもたくさんのお金を支払ってより精度の高い情報を手に入れてお金に帰ることを目的としているのです。

これは危険です。高いお金を支払っているのだからきっちりお金にしろと言われるわけですね。
現場でプレイヤーと呼ばれている電話をかける人たちも精度が高いネタなのでやる気満々で詐欺をしかけてきます。

申込をしてしまっている方はこのような状況を理解した上で対策を練らなければなりません。勤務先を伝えてしまった時点でもう被害は発生しており自分で何とかできるレベルを超えていることを理解しなければなりません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

来店不要、拡大決定、ご新規優遇キャンペーン中

【サイト名】GKフィナンス/ジーケーファイナンス

【サイトURL】http://fine-spice.com/N1cHs/index2.php?s=

【記載住所】東京都品川区大井4丁目4 3F

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所