ビーストは携帯電話をだまし取る特殊詐欺のキャッシング(闇金判定)

【金融タイプ】携帯電話契約/キャンセル詐欺

過去に当サイトで告知をしている闇金のデザインと全く同じサイトが登場しました。いずれも金融サイトのようにみえておりますが違法に営業をしている闇金サイトであることが分かっておりました。気になる方はこのサイトの過去のサイトを確認してください。

スポンサーリンク


ビーストと同じデザインが確認された過去の闇金

タカライフ

アールサポート

エンプランナー

いずれのサイトも融資をするためには携帯電話を買うことを指示してくる違法サイトでした。

ビーストが会社概要で記載している住所近辺の画像とマップ

驚くことに同じデザインを使っているこうしたキャッシングサイトはすべて同じ所在地を記載していることが分かってきました。もう1点、その場所は川の上に存在しておりビル詐称どころか人が立ち入ることができる土地ですらないのです。

最新の闇金情報からその場所の詳細を引用しましたので以下ご確認ください。

アイコムが記載している住所の周辺写真を確認してください。看板どころか川です。川の地下にでもオフィスがあるというのでしょうか?そんなことはありません。つまりデタラメの住所ということです。

東京都千代田区外神田1-1

googleマップ

引用:アイコムキャミッシュ

今回のこちらのサイトも同様で申し込みをするページに携帯電話の料金が未納になっている方はお申し込みが出来ないといった旨の記載が確認出来ます。

これはアフィリエイト広告と呼ばれる成果報酬型の広告を出しており自分たちに利益の無いユーザーからの申し込みを少なくするために書かれた一文であると思われます。通常の金融会社は携帯電話を買えば融資するなどとは絶対に言いませんのでこの一文を確認するだけでこのサイトが違法サイトであることがわかります。

さらに所在地を確認してみましたがこちらもデタラメであることがわかりました。この住所は完全な住所ではなく枝番と呼ばれる住所の末尾番号がありません。従って業者がどこで何をしているかはこの住所から把握することはできません。

ビーストに騙された方が取るべき対応方法

申し込みをしている方は最大限の注意と問題にせずに相手の担当者から逃げるかを考えて行動しなければなりません。まず1つは相手が何を言ってきたとしても相手の申し入れに従わないこと。

そして自分あての携帯電話を無視しないことです。

自分の携帯電話を無視していると会社に電話をかけてくる可能性が飛躍的に高まるからです。これは最悪のケースになってしまいます。

キャンセルを申し入れてそのまま相手が逆ギレしても電話を切ってその後に何もなければよいのですが、キャンセル費用を要求してきたり裁判がどうのと荒唐無稽な脅迫をしてきている場合は次の対策を講じておく必要があります。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

他社様NGの方もご相談ください

【サイト名】ビースト

【サイトURL】http://fine-spice.com/M5jHA/index2.php?s=

【記載住所】東京都千代田区外神田1-1

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所