=闇金融公開情報=

【金融タイプ】申し込みキャンセル/携帯電話契約
無料相談ダイヤル宛ての相談で発覚した極めて悪質な詐欺業者の情報公開です。業者は法人登記、貸金業登録などを行わずまた、キャッシング業者のように振舞いながら特殊詐欺を働いております。

把握している対手の名前は「ミズノ」ですがこれも偽名であると思われますから告知が入ることで名前がわかることが予想出来ます。手口はまず電話をかけてくると信用情報会社からブラックと言われているとか、融資NGになっているなど全く事実とことなる発言をしネガティブな話をしてきます。これによりほかに申込をしても融資は受けられないと印象操作し他社へ申し込んでしまう可能性をつぶし込みます。

次に、自分たちなら独自審査があるといったり融資ができると言って融資の可能性があることを示唆する発言をした後、具体的な詐欺誘導として携帯電話を購入することで信用情報機関の記録が上書きされる、更新されるなどと説明をしてきますがそのような事実はありません。

買った携帯電話はこれ以上ない高価格で買い取りをしてくれる、「買取業者ゴールド」で売ればよいなどと言ってきますがこれもグルです。携帯電話契約詐欺は買取業者と詐欺業者が裏でガっつり手を組んでます。彼らは他人名義の携帯電話をだまし取ることが仕事の内容になるからです。

だまし取った携帯電話は別のsimカードをセットにして犯罪グループに高値でレンタルしたり、在庫の少ない諸外国に転売するなどして利益を挙げます。そのため融資をするという概念が全くないのです。彼らからすれば携帯電話やアイパッドをだまし取った時点で利益が確定するため返済してくれるかもわからないような「高利貸」業をする理由が無いのです。

この詐欺の一番の問題点は買った人物に全額の負債が降りかかる点、自身名義の携帯電話が犯罪に利用されたとなるとその名義では以後、携帯電話などが購入できなくなる可能性がある点(犯罪に使われると分かってサービスを提供すれば携帯会社も責任を問われる可能性があるからです。)、一度でも商品を送ると業者が粘着し嫌がらせが激化するといった事態に陥ります。

解決をするためには早期に警察への相談をすることと同時に弁護士事務所などこうした闇金問題に精通している民間業者により過失責任を問われかねない自身の身をしっかりと守ることが大切です。無料相談窓口で被害者の置かれている立場を確認しベストな選択肢をせつめいしていくのが今の法律事務所の一般的な対応になります。

被害に遭われている方はまず法律事務所の無料相談窓口にて被害状況とおかれている立場を明確にすることから解決策を練ってください。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】プラチナキャッシング

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】03-5656-9151

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル