┃最終更新日:

SAPは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

免許番号なる造語の横に書かれている番号が仮に貸金業登録番号であるならばと思い調べてみましたが残念ながら登録実態がありませんでした。通常、このような免許番号というような略称は使いません。貸金業とは国に許可されて営業できる大変に厳しい職種なのです。従って略称や専門用語を使うことは無いのです。

結論からいうと闇金です。

被害者からの相談が増えてきているため情報が集まってきましたがこのサイトは貸付を行っておりませんでした。融資をするために必要だ!などといろんなことを持ちかけてきますが実際には融資はしていません。これはいままで被害相談で連絡してきた被害者からの報告で明らかです。

また所在地に出向いた被害者の報告では記載されている所在地は存在はしているようですがそのビルにはレンタルオフィスが入っておりそこの住所であることがわかりました。もちろん、このサイトで登録されてはいませんでした。

居所を完全に消し込み自分たちが警察に逮捕されるリスクを最低限まで小さくして被害者を追い詰めてきています。

あまたの告知サイトなどでこのサイトが闇金であることが報告されております。その情報を確認してキャンセルをした方にはキャンセル費用の要求等を行ってくることも確認できております。電話に出ないと会社まで電話をかけてきたという被害報告も確認されました。

金銭的、物的な被害が発生していない方も自分は被害者になっていると自覚して早急なる対応が求められます。警察への被害相談を必ず行ってください。そこで被害届が入らなくても諦めないでください。次に弁護士など法的な専門家が闇金救済を目的とした無料相談ダイヤルを設置していますから連絡をして今後の対応について詳しく話を訊いてもらって下さい。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

実質年利4.7%~18.0%他社で断られた方でもお力になれます

【サイト名】SAP株式会社

【サイトURL】http://sap-fines.com/index.php?AC=look***

【記載住所】東京都港区麻布十番1-5-10アトラスビル

【貸金業番号】都(1)31006

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所