ネピアは無登録のキャッシングサイト(闇金判定)

【金融タイプ】キャンセル詐欺

新しく登場した可能性が強い「ネピア」ですが調べていくと法律に違反している無許可金融サイトであることが分かってきました。結論から言えば闇金です。

問題になるのは会社概要にしっかりとした記載がないこと。まず所在地は記載されているのですがその場所にこの業者が存在しておりません。つまりは虚偽の住所を勝手に書いているということになります。

ネピアが会社概要で記載している住所近辺の画像とマップ

この記事よりも後に登場してきた闇金があるのですがその闇金はなんとこのネピアと同じ住所を使っていることが分かっております。その記事から詳細を引用します。まずはその金融サイトについて下記します。
マネービーチ

こちらのサイトですが以前に当サイトで闇金として危険告知をしたネピアと同じ住所であることが分かっております。すなわちデタラメの住所表記をしたサイトで虚偽の記載をしていることがわかりました。

確かに住所は存在しる住所ですがそこにあるのはレンタルオフィスでありこの業者ではありません。従って勝手にその所在地を記載しているだけといういことがわかるわけです。以下がこのキャッシングが自分たちの所在地だと主張していた場所です。

東京都新宿区新宿4丁目3−17

不特定の多くのユーザーに対して提供しているサービス会社がこのような人気のない住宅街にキャッシング店舗を作るという点からも不自然であると言えます。しかしもっとも重要なのはこの場所にマネービーチが存在していないことなのです。

googleマップ


実際に現地に行って写真を撮ってくるなどしてから警察へ相談することで被害届が入りやすくなる可能性が完全に否定出来るわけではありませんので被害者の方は現地まで行ってみてください。

次に責任者名や固定の電話番号がありませんでした。貸金業に限らず特定商取引法なる法律では運営会社にコンタクトできる情報を載せることを義務つけております。固定の電話番号も無ければメールアドレスも無い、責任者名の名前も無いのであればこのサイトに連絡をするには申し込みをするしかなくそれは認められておりません。

さらに申し込みページの上にずらっと並んでいるおかしな記述にも目を配る必要があります。これらの記述は通常の貸金会社では決してホームページでは言いません。それこそ差別になってしまうからです。

クレジットカードや携帯電話などは別ジャンルのサービスである以上、キャッシング会社が別会社のビジネスに連動するようなことはないのです。

ネピアに騙された方が取るべき対応方法

申し込みをしている場合は相手からの嫌がらせ行為や実害が発生する可能性が飛躍的に高まりますので迅速に解決していくことが大切です。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

※キャッチコピーではなくこのような記述がある場合は闇金と判断できるように闇金特有のコメントを記載しておきます。

下記に該当される方はお申込みできません。

・信販会社への未納がある方
(クレジットカード、携帯電話料金)
・申し込みされた携帯電話番号が繋がらない方
・メールでの返答及び回答はいたしかねますので
必ずお電話対応お願いいたします

【サイト名】ネピア

【サイトURL】http://skt.freedstar.site/nv5n7lU7/entry.php?id=

【記載住所】東京都新宿区新宿4-3-17

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所