┃最終更新日:

ファインデザインは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

注意!!12/12までライフデザインと呼称していたこのサイトですが12/13にファインデザインにサイト名を変更しております。どちらも闇金となりますのでくれぐれもご注意ください。

いままでどれだけの同じデザインの闇金サイトが登場したかわかりません。このサイトもそうした過去の闇金サイトと全く同じデザインでありながら住所とサイト名だけを変更したものです、つまり闇金です。

書かれていることは全てデタラメで融資を行っているかどうかも定かではありません。

現在の闇金業者はお金を貸すよりも商品をだまし取って犯罪グループに転売する特殊詐欺のようが儲かるのでお金を貸す業者などほとんど存在しないのです。

つまり申込をしてもお金が借りられる可能性は無く、商品をだまし取られた揚句に負債だけが100万円近くも増えてしまうことになるのです。

さてこの業者ですが闇金と判断した過程を書いていきたいと思います。

・所在地がでたらめだった

住所は存在する住所です。しかし底にこの業者が存在していないのです。書かれている住所はたんに見てくれを良くするためだけに書かれている虚偽住所であることがわかりました。

・貸金業登録番号が無い

会社概要ページを確認し他のページも確認しましたが金融会社として一番重要な貸金業登録番号が無いのです。これは闇金サイトの常套手段です。元来、番号を取得出来ないからこそ闇金なのであってサイト内に番号を記載しないということはそれだけで闇金と判断できるのです。

・過去の闇金と全く同じデザイン

過去10年ほどのあいだに登場したあらゆる闇金サイトは10000サイト近くなるでしょう。そのうちオリジナルデザインというのはほぼ皆無なのです。全て闇の広告代理店がつくったサイトを使い回しているだけです。

まっとうな金融会社はそのような方法は使いません。つまり闇金サイトというのは似たり寄ったりになるのです。

このサイトも残念ながら過去に多くの闇金が使ったデザインを使い回していることが確認できたのです。

申込をしていないでこのページを読まれている方はくれぐれもご注意ください。

申込をしてしまった方へ

このサイトは事前に勤務先と勤務先電話番号を記入させているためキャンセルすると会社に嫌がらせの電話をかけてくるなどの行為が発生する恐れがあります。その行為により多くの被害者が職を失ってしまった経緯があるのでこの問題を軽く見るべきではありません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

本当にお困りの方、ご相談に応じます!

【サイト名】ファインデザイン

【サイトURL】http://fundstars-works.com/T6Ra98JB/form.php?s=***

【記載住所】東京都渋谷区代々木1-43-7 2F

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所