┃最終更新日:

新年のご挨拶とこれからについて2016

昨年は年末にかけてレンタル携帯事業者が逮捕されるなど悪質商法の業者にはつらい終わりになったと思っておりましたがとんでもありませんでした。

本日から当サイトが稼働を再開したのですが、再開と同時にいままで以上に相談窓口へのご連絡が増えており闇金業者の嫌がらせ行為が激化していることを感じさせる内容でした。

現在の闇金は押し貸し詐欺、携帯電話転売詐欺、保証金詐欺の3つがメインだと言われております。いずれも闇金という一般的な言葉は使っておりますが行為自体は「詐欺」であり、相手が行っているのは詐欺罪にも問われるような悪辣行為です。周知の通り詐欺は刑事であり逮捕もあり得る卑劣行為です。

2015年にスタートしてすぐに多くの反響を頂いた当サイトはその情報の告知の早さから他のサイトの管理者が無断で記事を流用したり、相談者さんから得た闇金側の電話番号を当サイトに断り無く転載するなどが確認されていますがこれも闇金が撲滅するならと現段階では目をつむっている状態です。

2016年も闇金業者の暗躍は続くと言われており、警察や弁護士、銀行の包囲網を潜り抜けてくる新手口が登場するであろうと予想しております。しかしながら、どんなに新手口が出ようとも違法性があるのであればしっかりと情報を掲示することで被害を防ぐことも可能であると考えております。

闇金業者の優位性は彼らの持つ情報量の多さとマニュアル更新頻度の高さであると言えます。有効だと思えば頻繁にマニュアルを更新し多くの闇金が共有していると考えられており、共有速度が被害相談を超えたスピードであるため問題が表面化した時にはすでに多くの被害者が発生している事態になっているのが実情です。

ならばこそ、私たちがやるべき事は新手口をいかに早く閲覧している被害者さんや被害者見込みになりかけている方々へ届けられるかだと信じております。

許された範囲で何ができるのかを常に考えやるべき事を粛々とこなすことが私たちができることなのです。

 

                          闇金解決相談員一同