┃最終更新日:

【銀行口座凍結をあまく考えている人におくる】

銀行口座の凍結問題について相談を受けるようになってから気になることが出てきたので今回は厳しいタイトルをつけて注意喚起してみようと思います。

・原因の口座は解除できない

数はそれほど多くありませんが口座凍結されてしまった人が相談する際、気になる発言があります。それは、

「口座が止まっちゃったんですが、メインの口座まで止められるとヤバイのでなんか止まらないようにする方法教えてください」

なるもの。結論から申し上げます。

警察主導で止まった口座など犯罪にかかわる理由で止まった口座は解除出来ないと思って間違いありません。

当サイトで相談者さんからの意見をまとめた限りでは、一度止まった口座を解除できた!という相談事例にあたったことがありません。

こういう方におおいのは、今回はヤバかったけど次回から気をつければよい、なる思考を持たれている方が多いように思えますがとんでもない間違いです。銀行口座は金融商品です。失敗したから無かったことにしようなんて甘いものではありません。ここでしっかりと頭に入れておいてほしいことがあります。

=銀行口座は1名義単位=

何枚もの口座を所有していたとしてもどこかの銀行で口座が停止すれば、持っている自分名義の全ての口座が時間の経過とともに停止していきます。

・リセットもやり直しもきかない

ネットなどに書かれている言い訳や闇金から教えられたもっともらしい言い方をそのまま信じている方がいるようですが銀行も警察もそれが言い訳であることなど百も承知です。一見、訊いているふりをしていたとしても最終的な結論が変わることはありません。よくある言い訳を書いておきますので使おうと思ってる方は恥ずかしいと感じてください。

銀行口座の凍結解除でよく言われる言い訳

・財布を落としてしまいキャッシュカードも一緒に紛失したら悪用されてしまった。

・電話ボックスに財布を置き忘れてしまい気づいて戻った時はもう無かった。その後自分の口座が他人に使われた。

・友達・彼女に銀行口座を貸したら悪用されてしまった

・口座を担保にお金を貸すと言われた

・闇金と知らずに借りたら口座が凍結された

闇金業者が言い訳としてつかうのが、「紛失したことにしろ」というもの。

そして口座を売ってしまった方が良く言うのが「貸したら悪用」されたです。

銀行も警察もこのような言い訳は聞きあきるほど訊いてますからどんなに熱く語っても口座の凍結が解除されることはありません。論点が違うのです。銀行や警察からすると、

自己過失でしょ

と言うことだけです。軽く考えている人の多くにこの言葉を言うと、

「確かに自分がわるいんですけど、でも・・・」

と言いますが、残念ながらでもは通じないんです。厳しい言い方をするとその時点でもう終わってるんです。やり直しもリセットも出来ないんです、銀行口座の問題は。

・現状、新規口座は二度と作れない

これも多い問合せですが考えが甘いと言わざるを得ません。

「凍結されてしまった口座は仕方ないとして、新しく口座を持てるようにするにはどうすればよいですか?」

はっきりと言います。

方法は無いんです。

知識をかじった方などの反論も正直ありました、たとえば

「改名すれば口座つくれますよ」

「結婚して名字をかえればつくれますから」

「定期預金をしてれば新規口座作れます」

「銀行の良いお客になれば大丈夫ですから」

こんなところです。しかし当サイトに相談された方のご意見をまとめるとどれも言っているだけと言わざるを得ません。

「改名すれば口座つくれますよ」

>>たしかに改名すると一時的に口座を作ることはできるようです。しかし時間の経過とともに口座が凍結し銀行から、改名前の名前は○○さんですよね?と紐付けされた時点で凍結されます。

「結婚して名字をかえればつくれますから」

>>先と同様に結婚前の旧姓と紐つけされた時点で口座が停止します

「定期預金をしてれば新規口座作れます」

>>何を根拠に発言しているのか理解に苦しみますが実際にあった意見です。警察主導による口座凍結は犯罪に使われた可能性があるため犯罪者の集金に使われることを防ぐための凍結です。従ってお金持ちだから口座が止まらないという問題ではありません。むしろその定期預金の内容を訊かれることでしょう。

「銀行の良いお客になれば大丈夫ですから」

>>預金がたくさんあれば凍結されないとでも思ってるのでしょうか?ドラマや映画の見過ぎです。刑事事件の可能性があって止まるわけですから捜査権の無い銀行が警察にたてつくようなことはしませんし、できません。

いまの世の中、世知辛くなりすぎてやりなおしがきかないことの方が多いんです、とくに知的犯罪である詐欺にかかわることとかお金にまつわることは。

・副業やアルバイトを持ちかけられている人へ

「家で眠ってる使っていない銀行口座を買取ます!」

と言われて心が揺らいでいる方は考えを改めてください。その電話、どういう経緯でかかってきたのですか?ある日突然、ご自身の携帯電話に登録していない番号からの着信ではありませんか?

その時点で怪しいと感じて絶対に話を訊かないでください。銀行口座買取業者などが好んで使っている話法で論理のすり替えをして口座を売ることが合法的であるかのように説明してきます、たとえば

「私どものお客様で昨今話題になっているタックスヘブン問題で資金を日本に戻さなくてはならない経営者の方々に対して節税対策として銀行口座を利用させていただいておりますので、犯罪組織などに売ると言った事がありません。もしそのようなことを感じたらすぐに口座を解約していただいて問題ありません」

これは実際に当サイトに問合せをされた相談者さんの方の口から聞かされた事実です。その方は怪しいとおもいすぐに当サイトに電話されたので被害には遭われておりませんが淡々と話す相手先の口調がとても信用できるとし、一瞬考えてしまったそうです。



 

口座買取業者なる存在自体が違法なのですがネットを検索すると当たり前のようにこうしたサイトが乱立していることに驚きます。しかし、

口座買取、口座リース、口座の引き取り

どんな言葉をつかっていようがこれらの行為は違法です。顧客が節税対策として他人の口座を使うから安心だ、などという論理は全く成り立たずまさに本質から目をそむけさせるための詐欺テクニックであることをしっかりと頭に叩き込んで下さい。

・口座は担保になりません

押し貸し詐欺業者が返済に苦しくなった被害者や貸せる見込みがない顧客に対して使っている話法です。

A「返済出来ないなら銀行口座を担保にしてもらいたい、それであれば返済を猶予してやる」

B「上司から信用情報が芳しくないので銀行口座を担保にすれば融資できると言ってるのですぐにお返ししますからキャッシュカードなどを預からせてもらえますか」

C「上司は融資出来ないと言ってるんですが私の権限で返済履歴を作りますのでキャッシュカードをおくってもらえませんか?数回の履歴を作り込めば上司から決済もらえるんですぐに融資できます。心配ならその後、口座を解約してもらっても問題無いです」

全く驚くばかりですがこれも全て相談者さんから頂いたことでわかった口座をだまし取るための営業トークです。特に無職の方や専業主婦、年金生活の方などに対して使われているようです。

担保というのはそれ自体が金額的に価値のあるものでなければなりません。スーパーのチラシを担保にお金を借りると言うようなことはできません。なぜなら宣伝用に大量に作られたチラシに金銭的、普遍的な価値がないからです。

銀行口座もそれ自体に価値はありません。

一般的な生活をしていて非合法的な職業者出なければ銀行口座は誰にでも作れます。そのような存在が担保になることはありません。

しかしそんなことよりも銀行口座はあげたり、売ったり、他人に貸したりすることができません。従って当人以外の人物に渡すことが出来ないのです、渡せば違法です。

闇金かわからないままネット専業のキャッシングサイトに申し込みをしている方へ注意喚起ですが、相手が銀行口座を担保にすれば融資ができるとか、返済履歴をこちらで作り込むので一時的に口座を貸してもらいたいと持ちかけてきたらそれは全て闇金と考えて間違いありません。

そのような場合は相手の主張に逆らわず言いたいことを全部聞き流した後、担当者名、電話番号、サイトURL、内容を控えて警察に相談しましょう。警察から闇金に電話をかけてもらえるようにお願いしてみてください。今の闇金は申し込み者が騙されにくくなってきているため、大変に粘着質になってきております。これこそが闇金業者が忌み嫌われる一番の理由だと思いますが、こちらが驚くほどしつこく張り付いてきます。

勤務先に怒鳴りこみの電話をするなど別の犯罪行為も辞さなくなってきておりますので自分一人で何とかしようなどと思うと相手の思うつぼになってしまいます。警察や弁護士などと連携して知識を蓄えることが大切であると言えます。

※口座を売買した方、最初に凍結された銀行口座の凍結解除、新規で銀行口座を作る方法の相談は行っておりません。

  1. 大岡裁き より:

    買ったやつも売った方も同罪でしょ。atmでも暗証番号変えろとか言ってんだし。
    ツイッターでリツさせてもらいました。

  2. yamikinsoudan より:

    大岡裁きさん>闇金相談ブログ相談員です。銀行口座の売買、貸与、譲渡は何があっても情状酌量されることは無いようです。
    一度でも自分名義に口座が凍結されてしまうと社会的な制裁とも言えるほど厳しい状態になってしまいます。
    リツィートですがありがとうございます。こうした記事で口座売買をためらう人が1人でも出てくれれば運営した甲斐があります。

  3. まーさ より:

    それでも尚、口座を売る人が出て来るのは何故なんですか?

    • 闇金解決相談員 より:

      安易にお金を得られると大きな勘違いをしているからだと思っております。その代償が社会生活に大きな影響を与えると真剣に考えていない方が多いように感じます。例えば、しっかりと謝れば許してもらえる、ネットとかは広告代金が欲しいから危険をあおってるだけで実際はそんなに大変じゃない、やって無いとシラをきれば平気、ネットでまた作れると書いてあった、などが挙げられます。いずれも浅はかであると言わざるを得ません。
      こうした考えに至ってしまうのも口座買取業者などが耳さわりの良い言い方で騙しているからであるとも言えますが全体的には自身の認識不足が原因ではないでしょうか。
      今年、口座のだまし取り詐欺は爆発的に増えております。
      闇金のように見せかけた口座のだまし取り詐欺だけではなく高齢者に対して入金されている銀行口座をだまし取り中に入っているお金をそっくり引き出す詐欺も登場しております。
      当サイトでは今年、銀行口座に関する詐欺事件が大きな社会問題になると昨年から警鐘を鳴らしております。テレビなど影響力の大きなメディアで報道されるまでこの詐欺の被害者は増え続けるかもしれません。

  4. 匿名で投稿 より:

    自分は、ネット銀行は、作れました。口座凍結されたネット銀行も、二年経過して、再度、利用申込したら利用可能になりました。ただし、売った口座は無理です。

  5. 匿名で投稿 より:

    追伸、従来から利用していたネット銀行は継続利用出来てます。

    • 闇金解決相談員 より:

      口座を停止したのが警察ではなく銀行の自発的な防御か弁護士によるものではないでしょうか。警察主導の場合、厳しい銀行などであれば担当者が、一生作ることはできません、とはっきり発言すると言った報告も挙がっております。
      いずれにしても作れたのは良かったと思います。後はその口座がしっかりと制限されず、時限で再度凍結されてしまうと言ったことが無いようにしっかりと管理することが大切です。

      ある被害相談者さんのケースを下記しておきます。
      その方はご結婚を控えられいた矢先にヤミ金にだまされ銀行口座を凍結されてしまいました。警察主導で預金保険機構にもデータが挙がってしまい関連口座すべが凍結される事態になったのです。
      しかし結婚して性が変わったのを契機に再度、新規口座開設をしたところ作ることができました。その時はそれでOKということで軽く考えていたようです。しかし半年後に銀行から連絡があり、旧姓との関連を指摘され再度口座凍結されてしまいました。その後、何をしても口座凍結が解除されることは無く当サイトに相談をされたというものでした。

      生活口座は銀行側も深刻に考えるため凍結死ずらいとは言われておりますが100%止まらないと言うことではありません。この問題は本当に個人差が大きく、すぐに全部止まってしまう方もいれば何年も止まらないという方もいるのです。

  6. 匿名希望 より:

    安易な気持ちで口座を渡してしまい、渡した口座は全て凍結されました。自分も加害者だと認識し、深く反省しております。凍結直後にこのサイトを読みました。新しい口座も作れないと聞き、別の銀行で口座開設を試したところ、まだ口座は作れましたが、この口座も順次止まっていくのですね。。本当に馬鹿なことをしてしまったと思います。さらにこのことで逮捕者もいると聞き、警察に自ら行くべきかどうかも迷っています。やはり自首すべきですよね?

    • 闇金解決相談員 より:

      警察の介入による口座凍結であれば預金保険機構にその名前が登録されているかと存じます。その場合、銀行が確認作業を行った時点で大抵の口座は凍結します。生活口座などであれば多少は猶予を持ってもらえる銀行も出始めておりますが止まらない保証にはありません。
      警察に行く事を否定はしませんが銀行からいくつかのハガキや連絡が来ておりませんでしたか?その期間に銀行に行かなければ警察の印象も悪くなるかと思います。
      自首ということではなく置かれている事情を警察の生活安全課に相談をするという認識でよいのではないでしょうか。

      • 匿名希望 より:

        返信ありがとうございます。口座を渡してしまったのは、まだ二週間ほど前のことで、口座が凍結されたのは一週間前です。預金保険機構に名前が乗るのはどれくらい先なのでしょうか。
        名前が載ったことを確認する手段はあるのでしょうか。おそらくまだ名前が載っていなかったため他店の銀行口座の開設ができたのだと思います。また、私のような場合でも貴方のサイトの無料相談に乗っていただくことはできますでしょうか?

        • 闇金解決相談員 より:

          「まだ」ではなく「もう」と考えて行動しなければならないと考えます。預金保険機構に名前が載るタイミングは分かりませんが警察主導ならばおそらく内部的にはのっている可能性もあると思われます。サイト上に反映される時期とリストに名前が入るタイミングが一緒とは限らないからです。
          名前を確認するのであれば預金保険機構が運営しているサイト上で確認することができます。
          http://furikomesagi.dic.go.jp/
          こちらで調べることができますが銀行が把握している情報とサイトに載っている情報がイコールなのかは確認できておりません。

          関連口座が凍結し始めたり、闇金に端を発しての銀行口座凍結問題であれば当サイトの無料相談にお電話いただいても問題ございません。また無料で闇金被害相談を行っている法律事務所でいくつか銀行の口座凍結問題についても相談に乗ってくれるところがありますので活用してみると良いと思います。
          凍結問題は思っているよりも厄介でご本人様だけでの解決は難しいと言うのが当サイトの見解です。凍結に関する異議申し立てをするにしても本人ではなく法律事務所を介入させるべき事案であると考えます。

  7. みこ より:

    ここの相談はまだやっているのでしょうか?

    • 闇金解決相談員 より:

      ボランティアでできる範囲でのご相談は受けております。しかし昨今の銀行口座凍結問題に関しましては弁護士や司法書士など専門的な資格を持っている事務所が介入しない限りまず解決しないことが分かっておりますので被害相談を受けている法律事務所・法務事務所を告知するに至っております。
      銀行口座凍結問題に関しましてのお問合わせであれば下記に無料の被害相談を行っている法律事務所の一覧と、相談ダイヤルを載せたページをリンクいたしましたのでいくつかの事務所に電話をしてみてください。

      銀行口座の凍結相談を受けている事務所については備考欄にその旨記載しております。それぞれの事務所で相談可能、不可能がございますので事前に一読いただければわかりやすいと思います。
      https://xn--1twu7tckpe0al1x27f.com/entry/%E9%97%87%E9%87%91%E7%84%A1%E6%96%99%E7%9B%B8%E8%AB%87%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E4%B8%80%E8%A6%A7/