┃最終更新日:

【闇金の最新手口:融資保証詐欺が復活傾向】

押し貸し詐欺が蔓延して数年が経過し状況を少しづつ変わってきております。ヤミ金側から小額の振り込みをして週単位で何度も返済させるのが押し貸し詐欺の手口であり、短期高利とも呼ばれれております。

この詐欺の特徴は相手から先にお金が振り込まれてくる点で、知識が無い被害者さんだと小額とはいえ「融資してもらえた」という錯覚を抱いてしまい騙されてしまいます。例え1週間後に何倍もの返済をしなければならなくとも、今この瞬間にお金が振り込まれる点で押し貸し詐欺は爆発的な広がりを見せました。

ところが登場から数年が経ち「押し貸し詐欺」という名称に統一され犯罪であるという認識が広まった結果、引っかかってしまう被害者さんも少なくなってきました。そのような背景から押し貸し詐欺グループの中に荒っぽい新詐欺の手口が登場してきました。

スポンサーリンク

融資保証詐欺が復活してきている

お金をむしり取る点で押し貸しと融資保証は似ております。どちらも短期間の間に何度も支払いをさせる点や振込先口座が個人口座であったりと共通点が多いのです。
おそらくいまヤミ金をやっているプレイヤーなどと呼ばれる実行犯は20代前半などかなり若い子たちであるため融資保証詐欺を知っていたとは思えません。融資保証詐欺が全盛を誇ったのは5年から8年前であり、当時は全取りなどと呼ばれておりました。

闇金業者はどうやって売上を上げるか悩んだ結果、小額振込みと言う経費すらも出したくないと思いたどり着いたのが奇しくも融資保証詐欺であったと当サイトでは考えます。なぜそこまで言い切れるのか?

被害者さんからの相談内容から昔流行った融資保証詐欺と今の融資保証詐欺では詐欺に至るまでの経緯が異なることが分かってきたのです。

昔の融資保証詐欺

数年前に流行った融資保証詐欺はゼンドリや預託金詐欺、保証金詐欺とも呼ばれており詐欺のトークに共通の流れがあります。
融資申し込みをすると、

「そのままでは融資出来ないから保証人を立ててもらいたい、そうすれば即日融資する。」

または

「保証人が立てられないのであれば預託金を積んでもらいたい。融資額の8%を先に支払ってもらえれば満額融資できます。先に支払っていただいたお金は利息と相殺するので安心してらもたい」

といった具合でした。日本のキャッシング会社では利息の先引き行為は行っておりませんのでこのような発言があった時点で違法金融と言うことになります。実際に保証金や預託金を支払っても融資されることは無く、予想外のトラブルが発生したりしてまた保証金が必要になったなどと繰り返しお金をせびるのが昔の保証金詐欺の手口です。この手口はいまでもFAX広告などで集客している闇金でも使われておりますのでくれぐれも騙されないようにしてください。

今の融資保証詐欺

本日の本題である、いま増えている融資保証詐欺サイトについてお話します。新手口は途中まで押し貸し詐欺と同じように進行します。

「審査には通ったのですが新規で満額融資が難しいので先に取引実績を作らせてほしいんです。5万円を明日までに振込してもらえれば融資できるのでなんとか知人や家族に相談して用意してもらいたい」

などと持ちかけてきます。押し貸し詐欺ではここでヤミ金から小額振込を行い1週間後に2倍から5倍ほどの返済を要求してきます。ところがここのところ登場した新しい融資保証詐欺ではヤミ金側から振込をせず振込までの期間を短くしてお金を取りにきます。融資申込をしているのにお金を払えなどと言われるわけですから、キャンセルを言いだす被害者さんも当然ながら発生します。するとここでヤミ金業者は、

「審査に通った段階で契約書を作成しておりますのでキャンセルするなら実行費用を支払って下さい。それも出来ないと言うことだとイタズラで営業妨害ってことになりますから、勤務先にれんらくすることになります」

などとキャンセル手口の要素を織り交ぜた発言をしてきております。新手口では申込段階かその後のヒアリング電話で勤務先や関係者の連絡先を今まで以上に慎重に聞き出してきており、被害者さんがどのような発言をしてもお金を払わせるようなマニュアルになっているようです。

事実、キャンセルした被害者さんの勤務先に闇金を名乗る人物から電話があり非合法組織名(存在している組織かは不明)をチラつかせるような発言をして警察への被害相談をけん制するような事態も発生しております。

そして数日の間に何度も金銭を要求するのも今の押し貸し詐欺とは異なります。1週間と言った単位が無く、取れるときに一気にむしり盗るというやり方をしてきております。嫌がれば会社に電話、支払えば2回目の要求と八方ふさがりの状態を意図的に作っていることが分かってきました。

闇金サイトを見極める方法

何があっても、どのような耳さわりのよい言葉を並べても以下の事だけ覚えておけば闇金と気づくことができます。1つでも当てはまればその時点で闇金と判断しても間違いは無いと言えます。

・先にお金を払う要求をしてきた

・勤務先だけでなく家族構成や実家の電話番号を訊かれた

・振込先の口座が個人口座である

・振込先情報を当日まで教えない

申込前に闇金を見極める方法について最新記事と対応策を書きました。保存版の名にたがわず大事な情報をまとめておりますので金融サイトを探す前に必ず読むようにしてください。

闇金サイトに対する対策方法

最近の闇金全般に言えることなのですが、申し込み後にいきなり担当を名乗る人物からの電話が減っております。

「仮審査が通って本審査に進むために少しヒアリングさせてください」

とか

「融資担当から電話があるので少しお待ちください」

など、いきなり実行犯から電話がかかるケースが少なくなってきております。そのため事前に闇金と知り得る時間があるのです。ここで闇金と認識したら相手よりもたくさんの対策を事前に立てておくことが肝心です。闇金業者は上げ足取りがとても上手ですから相手の言うことを全て真に受けていると逃げ道が無くなってしまいます。そのため常に一歩先を行くような行動が大切になってきます。

現状で闇金サイトに申し込みをしてしまった方で相手とコンタクトを取っている被害者さんは無料相談までお電話下さい。

無料相談ダイヤル:ウイズユー司法書士事務所