┃最終更新日:

携帯電話買取業者を見極める

さて携帯電話の買取業者に関しての記事は今回がラストになります。今回は実践編とでも言ったらよいのでしょうか?買取業者の全てが悪質だと言うつもりは毛頭ありません。

ただ、おかしな業者がいることも事実で利用規約がおかしい業者などの例を挙げならが買取業者の見え方を記事にしたいと思います。

古物商許可を持っているか

中古品の売買には古物商の許可が必須です。これが無いような業者と付き合うのは大変に危険であり買取行為自体が出来ない違法業者となります。

次に古物商許可番号が本物であるかを確認する必要があります。これは意外にかんたんで東京都公安委員会が古物商の番号一覧を公開しておりますので確認してみましょう

古物商URL届出一覧

http://www.kouaniinkai.metro.tokyo.jp/kobutsu/keisai.pdf

ここに載っていない正規業者などもあるようなので注意点をよく読んでください、細かくは下記を参照のこと。

古物商URL届出一覧 | 東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

悪質な買取業者に騙されないために必要なことです。

スポンサーリンク

許可番号や所在地をしっかりと確認する

闇金業者が紹介してくる携帯買取業者は大抵が古物商許可を持っていないことが多いのですが、全てではなく許可を持っている買取業者の場合もあります。

闇金とわかればその場で対応も取れますが、わからずに言われるがままに買取業者に電話してしまっているようなケースもあると思います。その場合に備え買取業者を見極めるための方法をいくつか書いておこうと思います。この中のどれか1つでも言えなかったり、言葉を濁してきたり、質問に質問で返すような態度を取るようなら危険業者と疑ってもよいと言えます。

・ホームページを確認する
ホームページが準備中と言われるケースもあるが相手が不自然な沈黙などするようなら考えるべき

 ・所在地を確認する
ポイントがあります。たとえば東京であればビル名を言わないような場合は怪しい業者である可能性があります。また引っ越したばかりでまだ住所変更していないなど言い訳をする場合も危険

・キャッシング会社からここで売れと言われたと説明する
携帯を買って売れなどと言うのは闇金業者以外にありません。そこで買取業者にそのことを素直に話します。闇金が「自分たちに言われたと言わない」などと言われても関係ありません。いきさつを素直に話した際に買取業者が最終的に買取をする方向で話を勧めてきたらその業者は闇金とグルである可能性が高く付き合うとさらに危険な目に遭ってしまう可能性があると判断して問題ありません。

本来はダメなんですが今回だけは特別でなどともったいつけるような言い方をしてくるところもNGです

・キャッシング会社からここに送れと住所と名前だけ教えられた
これは論外です。買取業者と接点すらない状態で携帯を送るなどと言う行為は何があってもしてはなりません。自分名義の携帯電話の影響力を真剣に考えれば怖くてとてもできません。

見極めに関して最新の記事をアップいたしました。闇金業者の手口が巧妙化してきていることがあるため狡猾になっている業者のワナを見抜き申込前に悪質業者を見分ける方法として被害対策マニュアルを作成しました。

利用規約を良く確かめる

これは実際にあった買取サイトでの実例です。
※文章は若干の修正を加えておりますが本筋は同じです

買取の同意が合った時点で契約成立となります。電話やメールなどで売りたい意思が確認できたと判断できればその時点で契約となります。

 通常、買取は本人確認をしっかり行い未成年であれば親の同意などが必要になります。電話といった口頭で同意したからと言って契約が完了することなどあり得ません。嫌だったら売りません!とハッキリ意思表示しても何ら問題は無いのです。

 商品到着後、●日以内に連絡がない場合は買取の最低金額を振り込みます。振込後●日以内に連絡無い場合は最低金額ので買い取り契約が成立したとします。

 商品を送った後に自分で連絡しなければ最低価格で振り込みをし、異議申し立てをしなければその金額で売買が成立するなど社会通念的に考えて一般的ではありません。つまり、1台あたり1000円だけ内金として振り込んでいた金額が、相手に連絡をしないと買取価格になってしまうと言うことです。

キャンセル、返品をされる場合、サポート金を払っていない場合、1社あたり5万円のサポート料金を支払えばキャンセル可能とする。 

 買い取りを依頼するのに何のサポート料が必要なのでしょうか?そもそもサポートとは業者側が買取依頼者に対して行うものであり買取依頼者が支払いをするものではありません。実際にこの業者にキャンセルを申し出たら被害者さんは、キャンセル料金を払えと言われたそうです。万が一にサポート料なるものが有効だと言うのであればしかるべき書面での契約書が別途必要であるはずです。

闇金と連動してくる買取業者

悪質な買取業者を見抜く上で大切な点です。闇金と連動している買取業者はどこよりも安く買取をしているか、買取料金を払わないことが被害者さんからの相談で明らかになっております。

そもそもが闇金行為自体が違法で詐欺行為を辞さない業者の集まりですからこういう流れになるのも当然です。

キャッシング会社に申し込みをして融資を受けるためには携帯電話を買う必要があるなどと持ちかけられている場合、経験があればその場で闇金と気づきますが切羽詰まっていると、そういうものか、と納得してしまうことがあります。そんな危険な状況で思いだすために頭の片隅に記憶して下さい。

詐欺を行っている買取業者は闇金と連動しています。従って、

闇金にしか話していない話を知っていたり、

なぜか買取業者が説教のような発言をしたりします。

それ以外にも買取会社が脅しのような発言をしたりすることもあります。

また、間違った敬語をつかって意味の良くわからない話し方になっていたり、質問するとめんどくさそうな話し声になったりとおよそサービス業とは思えない態度を締める場合も危険です。

少しでもおかしいと感じたら、相手を確かめるような質問をしましょう。最初に紹介した相手を見極めるための質問をしてみましょう。

おかしいと思った時に相手に質問してみること

・ 東京都公安委員会の許可番号を訊く

・住所を訊く、ちゃんとビル名まで言うか確認

・担当者名と連絡先をしっかりと確認する
連絡先が携帯電話しか無いのであれば怪しい

・キャッシング会社がここで売れと指示してきたんですけど違法性は無いのかと問う
通常の買取会社であればこの発言をすると買取はできないとなります。

最初から読む→

携帯電話の転売は違法?合法? – 闇金解決相談

2番目を読む→

携帯転売は銀行口座と同じ末路になる可能性 – 闇金解決相談

無料相談ダイヤル:ウイズユー司法書士事務所