リーフは無登録のキャッシングサイト(闇金判定)

【金融タイプ】ソフト闇金

新春の初更新においてこのようなソフト闇金情報を出さなければならないことは残念でなりません。しかしながらこうした情報サイトがなければもっと多くの被害者が発生してしまうことを考えるとおちおちモチを食べる気にもならない。

ソフト闇金が跋扈しているここ数年、あたらしく被害情報が入ってきたので早速ではあるが告知していきたいと思います。今回、危険であると判断したのはソフト闇金リーフである。

どこにでもある名前であるが当サイトが知る限りこの名前でまともな消費者金融は1社もない。同名の闇金で別グループと思われるサイトは以前にも当サイトで危険告知している。詳しく知りたい方はこちらのリンクをたどってもらいたい。

特殊詐欺サイト認定されたリーフ

このリーフと今回のリーフは異なっている点をご認識頂きたい。一番の相違点では今回のリーフはソフト闇金と呼ばれる短期高利で年利が960%以上になる闇金であることだ。以前に当サイトで告知したリーフは特殊詐欺と呼ばれる携帯電話をだまし取るサイトで根本的な犯罪内容が異なっているのである。

さらにソフト闇金リーフと付き合いがある銀行口座が順次凍結されている点も看過できない。犯罪資金移転防止法違反という法律にそって被害届が入った口座と関係がある口座も凍結しているためである。
これは被害者であったとしても例外ではない。
従ってリーフから借入れをしているアナタの口座も凍結される可能性があるということだ。
お金を貸してくれればどこでも良い、などと言っているととんでもないことになる。

スポンサーリンク


次にこのリーフに関して分かってきたことを段落別にかいていく。

リーフが会社概要で記載している住所近辺の画像とマップ

会社概要のページが存在していたので調べてみたのだが書かれていた情報に業者を特定するような住所表記や電話番号、責任者名はなかった。

興味深いのはリーフが利用規約で書いていた以下の一文である、引用した後詳しく説明する。

利用規約違反に関して

利用規約を違反する以下のような行為をした場合、ブラックリストに登録させていただきます。

  1. 第三者機関へ相談する等して返済しない
  2. 初めから返済の意思がない

ブラックリストに登録された場合、いかなる場合においても弊社でのサービスはご利用いただけなくなります。

また、2019年から新設された「同業他社ネットワーク機関」へ即座に個人情報を開示致します。

なおその場合、他社ソフト闇金業者へ「一切貸付禁止」として報告致します。

昨今、ソフト闇金ネットワークなるものが形成されているのではないかという情報が寄せられている。本来、消費者金融業者はお互いに情報を持ちよった信用情報照会機関を作っている。これはCCCとかCICと呼ばれる機関で貸金業登録を取得した貸金業業者が日金協に加盟することで利用出来るサービスである。

もちろん個人が自分の記録を取り寄せることでも出来るので気になる方は取り寄せてみるとよい。本当の意味でブラックになっているかを知ることができるだろう。

しかし闇金は貸金業登録を行っていないためこうした情報機関に加盟することができない。リーフもソフト闇金であるため同様にこうした情報機関に加盟していないだからこその「独自審査」なのである。審査ナシなどとうそぶいているのはそのためである。

リーフ審査ナシ

トップページに記載されている上記の記述は信用機関に照会できない金融業者=闇金という意味なのである。

しかし最近、ソフト闇金同士で情報ネットワークを構築しているという情報が舞い込んできた。もちろん確実な話ではないがどうやらお互いで未回収になったり問題になった顧客情報を共有しているらしいのだ。

つまりリーフで問題を起こすと他の闇金でも借りることができなくなるらしいのだ。これは諸説があり情報も少ないためまだ調査中ではあるが個人情報が違法業者間で共有されている事実を考えるとやはり犯罪にかかわるのは危険であると言わざるを得ない。

リーフと同じ短期高利のソフト闇金

他のソフト闇金と同じくよくある2タイプの返済期間を持ったオーソドックスなソフト闇金であった。証拠取りも含めて以下、引用しておく。

7日周期

7日間以内にご返済の場合、利息は融資額の2割となります。

利用回数 手数料
初回~3回目 一律3000円
3回目以降 一律2000円

10日周期

10日間以内にご返済の場合、利息は融資額の3割となります。

利用回数 手数料
初回~3回目 一律3000円
3回目以降 一律2000円

この利息は1週間or10日という短い期間での利息である。一般的な消費者金融の利息は年率計算なので計算し直してみると以下のようになる。

7日周期:960

10日周期:1.080

仮に3万円借りたとすると1年後に返済しなければならない金額は以下になる。

7日周期:288,000

10日周期:324,000

そして手数料なる名目で差し引かれる金額を計算にいれるとこの利息はさらにアップすることも同時におぼえておく必要がある。

オーソドックスと伝えたがほとんどすべてのソフト闇金がこのスタイルである。そしてそのようなソフト闇金を知るならば以下のリンクで確認してもらいたい。

ソフト闇金一覧

リーフに騙された方が取るべき対応方法

違法な金融から借りておいて返済できなくなったら慌てて警察に駆け込むといった被害者が増えている。しかしそんな被害者に待ち受けているのは期待とは180度異なる警察の反応である。

ソフト闇金リーフだがいたるところに闇金であることが明記されている。そのため警察に被害を訴えに行きその場でどのようなサイトを使ったのか説明する際、警察官の顔が曇ることが報告されている。
被害者として闇金被害をなんとかしてもらいたいとすがりに行ったはずが逆に犯罪者に協力したと言われるケースが多発しているのである。

これには訳がある。リーフに限らずソフト闇金のホームページはすべてサイト上に「闇金」と大きく書かれている。これを誤認したとか、わかりませんでしたとは言い訳できないほどに大きく書かれているのである。

つまり、アナタは違法な業者だと分かっていたにも関わらずそのような業者からお金を借りたのである。これは違法行為だ。

そこに一切の情状酌量は無い。警察官が真剣に法律にそうならばアナタは立件されて闇金業者に協力したとして罪に問われるのだ。これは真実であり突っ込むところではない。実際に、犯罪資金移転防止法違反で闇金と関わった人間が捕まったケースが出ているのである。

ではどうすればよいか?

まずいま借りているお金を返済する前に法務事務所に相談するべきである。どこでも良いというわけではなく闇金問題に特化した法務事務所が好ましい。好ましいというよりもそれしか選択肢は無いと言っても良い。

町の弁護士事務所で闇金問題を受けてくれるところは半分にも満たないし銀行口座が凍結されているならばほぼ確実に依頼を受けてもらえない。それほど闇金問題とは複雑になってきているのである。

そこで闇金被害に特化した法務事務所に相談をするのである。たいていの事務所は相談費用無料であるからまず電話をし状況を説明する。
その後、依頼をするのならば依頼費をどのように支払うかをしっかりと話し合ってもらいたい。

現在、こうした闇金被害の救済を引き受けている法務事務所の相場は4万円前後である。そしてその費用を分割で支払うことが出来る。1回あたりの支払い費は5,000円から10,000円程度である。

闇金に返済する1回分の費用で法務事務所に依頼できるのだ。

そして最大のメリットは法務事務所がアナタの借金を強制的に完済処理してくれることにある。さらにいえば闇金との関係を断ち切ってくれる。
もちろん依頼したその瞬間から闇金業者の電話に出る必要がはなくなる。

借金を強制返済し、関係も断ち切ることができるのに使わない理由が見つからない。

どこにそのような事務所があるのかわからないといった相談も増えてきているので以下、老舗と呼ばれている法務事務所の連絡先を明記しておく。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

ソフト闇金リーフ

【サイト名】ソフト闇金リーフ

【サイトURL】https://softyamikin-leaf.com/

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所