カテゴリー: 2019年5月

【犯罪全文】犯罪者をだまして金をだまし取る新しい犯罪

個人融資を騙す犯罪者

闇金を騙す新しい犯罪の登場

当サイトは個人闇金詐欺や資金調達詐欺に関して情報を投稿できる掲示板を用意しております。そしてツイッターのダイレクトメール(DM)で情報提供してくれる善意のユーザーもいます。今回当サイトのツイッターアカウント(個人融資・先振詐欺の被害告知・闇金情報)宛てにある方から犯罪の可能性があるアカウントとのやり取りを記録したキャプチャーが届きました。
すでにお伝えしている犯罪の可能性が問われるアカウントと同様、本人にキャプチャーの使用許可を訊いたところ、快くOKを頂きましたので今回この記事にてそのやり取り全文を公開して危険告知と致します。

スポンサーリンク
当サイトでも初めてのケースなのでこれから流行るのか注意深く関ししていく必要があると考えています。まずはそのやり取りをご確認ください。
こちらが届けられたキャプチャーとなります。実際にはそのキャプチャーを当サイトで再度、撮影しなおしています。

あるユーザーがこの「個人融資」なるアカウントに対して融資申込の連絡をしたところダイレクトメールで下記の連絡がとどいたところからやり取りが始まります。

資金調達というなの犯罪

資金調達の説明を読むと①の段階ですでに先振詐欺の可能性がありますがそれ以前に、他人の身分証、電話番号、ネットバンクを売っている時点で違法です。

さらには知人の個人融資を行っている人物を紹介するので融資を受けて紹介料金として10%を支払うように要求しています。これは闇金が行っている紹介業詐欺と呼ばれる手口で警察では振り込め詐欺に分類される最悪の詐欺手法であり警察の重点捜査対象になります。

闇金 紹介屋

上記が初回行為を行っているやり取りになります。資金調達などではなく犯罪です。言葉のマジックに騙されてはいけません、これらの行為は純然たる犯罪行為であり相手のいいなりになって実行すれば警察から詐欺の実行犯として逮捕されることもあり得るほどに悪質な行為です。

相手は個人融資業者が暴利で貸し付けているので悪人からお金をだまし取っても被害届が出ないと主張しておりますが合法ならば本人がやればよいだけの話です。それを行わずに売買が禁止されている身分証や銀行口座、電話番号などを五万円で売りつけているのはそれが犯罪であることを理解しているからであると考えることができます。

他人名義のこうしたツールを買ってしまった時点で購入者は罪に問われます。

ここで情報提供者はその行為が「違法」であることを理解し相手に違法性の確認を行っていることが下記のやり取り③でわかります。

脅迫 恫喝

さらに違法性を問われると態度が急変し短文による矢つぎ早にまくし立てるような文章を送ってきています。これは相手が過度に感情的になったこと、相手を騙せなかったことにたいしてイライラし感情をぶつけてきていると判断できます。

態度の急変から危険を察知した情報提供者は犯罪の可能性を危惧し警察に相談するという一文を返信しています。「警察」ということばに対して相手は脅迫的な文章を返信しています。

それまでのやり取りを考慮すればこの一文は「脅迫・恐喝」行為とみなされる可能性もあるので警察に相談しツイッター社にやり取り全文を提出し今後の対応をしっかりと立てる必要があります。

情報提供者もやり取りの中で触れていますがこの新しい手法はまさにクロサギと呼べるもので犯罪者が別の犯罪者からお金を巻き上げさらに、自分たちの手は一切に汚さずお金に困っている人に犯罪行為を持ちかけているのが特徴です。

ツイッター闇金が想像を超えるほど大きな市場になっている可能性が否定出来ません。しかしながら貸金業登録を取得せず利益目的に融資行為をおこなう個人融資は違法です。金利が暴利であれば出資法違反に問われますがそれだけにとどまりません。振込用の口座がトバシ口座であれば銀行法違反となり、詐欺に該当してきます。

資金調達に至ってはそれまでの闇金が行ってきた行為そのままであることから、広告費をケチった闇金業者がサイトを持たず、ツイッターのアカウントだけで集客を行っていることがわかります。手口は携帯電話契約詐欺銀行口座だまし取り詐欺、アマゾンギフトだまし取り(これは悪質出会い系詐欺グループが発端)などです。

決して新しい手法ではなく出会えない出会い系サイト業者や闇金グループがこれまでにずっと行ってきた犯罪の手口です。

スポンサーリンク

ツイッターでお金を借りた被害者がタイで逮捕される

最後に直近で大きなニュースになった大型詐欺の摘発に関して触れておきたいと思います。これは決して場違いな話ではなく今後も個人融資や資金調達といったお金関連の相談を面識のない人にお願いすると発生する可能性があると思いますので他人事ではないとの危険喚起からこのスペースで紹介していきます。

タイのリゾート地、パタヤで日本を狙った振り込め詐欺グループの拠点が摘発された事件で、現地で拘束されていた男15人の日本への移送が24日始まり、警視庁捜査2課は航空機内で全員を詐欺容疑で逮捕した。

引用:https://mainichi.jp/articles/20190524/k00/00m/040/112000c

15人もの日本人がタイのパタヤで逮捕されまし。それまでも振り込め詐欺による逮捕はありましたが海外で15人もの日本人が一斉逮捕されるような大規模な摘発はありませんでした。それだけでに連日連夜ニュースで報道されているので知っている方も多いと思います。この犯罪で特徴的なのは、犯罪を行っていた人物が全員、借金を抱えた債務者であることです。

ツイッターなどでお金を借りたいと個人融資アカウントや資金調達アカウントに相談をした挙げ句、高額なアルバイトがあるなどと持ちかけられて結果として詐欺という犯罪行為に手を染めているのです。

今までの犯罪者はそれが犯罪であることを知って自らお金の為に行ってきているため全く同情の余地はありませんが今回のケースはお金に困った情報弱者の方が訳もわからずに犯罪に手を染めてしまっているためそれまでの犯罪とは意味合いが異なっていると考えられます。

当サイトではこの手の犯罪が今後、爆発的に増えると考えています。それはこの流れが犯罪者が自分たちの手を汚さずにお金だけだまし取ることが出来るからです。

そもそもの発端から架空人物、偽名を使い自分たちの情報をすべて隠し相手を騙して利益を得ます。その後、その被害者に対して借金を負わせることで債務者として次の犯罪に手を染めさせる誘導を行えるからです。元々お互いで個人情報のやり取りをしっかりとしていないためあやふやな情報だけでつながっている人物ですから手を切るのが簡単なのです。

それだけではなく被害者が日本全国バラバラに散らばっているため警察としても犯罪の全容をつかむことが難しいことも犯罪者にとって大きなメリットなのです。タイに集団ですまわせているのは海外で詐欺をさせることで日本の警察からの摘発を送らせることが目的であるのと同時に、被害者が疲弊して警察に駆け込むことを防止する意味合いもあると思われます。

被害者には何1つメリットはありませんが最初からスキームをしっかりと考えている犯罪者にとっては1人の人間で何度も利益をむさぼれるとてもよいシステムになってしまっているのです。

犯罪者はバカではありません。むしろ一般の人よりも知恵、知識に長けていて悪知恵が働きます。そしてしっかりとお金に結び付けてくるのです。例え犯罪だとしてお金を稼ぐということに対しては一般人よりも善悪の感情が欠落している分、上手なのです。

そうした悪質業者に騙されないために私たちが考えなければならないのは常に発生する犯罪に対して敏感になること、美味しい話には裏があると疑う癖をつけること、お金について債権者と債務者という考えだけではなくそれが犯罪であれば警察や弁護士といった有識者に意見を求める行動を起こすことなのです。

決して1人で悩まないことが犯罪に巻き込まれない方法なのです。

何かおかしいと思ったら知人、友人、家族、仕事先の同僚、上司に意見を求めることが大切なのです。

 

 

【やり取り全公開】個人融資名目で紹介屋の手口

個人融資をかたった紹介屋、闇金

闇金が使う紹介屋の手口がツイッターで復活

ツイッターの個人融資についてはかなり危険であることが分かってきています。テレビ等でもその危険性が指摘されています。そのような中、個人融資の手口が変化してきているようです。今回も怪しいと思われるアカウントについての情報が入ってきました。

やはり詐欺の被害に遭われる方が少しでも減ればということでやり取りのスクリーンショットを頂きました。

スポンサーリンク

今回の手口は昔から闇金がつかう「紹介屋」と呼ばれるものです。詳しくは当サイトで以前に特集記事を書いておりますので「【平成の闇金、紹介屋とは】」を参照してください。

これも立派な闇金であり違法行為です。相手がコンサルティングとかサポートと言ってきたとしてもそれはすべてまやかしの言葉です。警察では紹介業を禁止しています。警察が動くと言うことは刑事事件です。お金を払ってしまっている方は警察に被害届の提出もできるほどに悪質な事案なのです。

紹介屋

紹介屋は仲介などしていない!審査が通るのはブラックではないから

ツイッターに限らず紹介屋の手口はさも自分たちが金融について情報を持っているかのような発言して仲介すれば融資がもらえるかのようにふるまうことです。仲介ではなくコンサルティングであるなどと言ってくる場合もありますが実際には何もしていません。

言われたところに申込をして借り入れが出来たのであればそれは紹介屋の力ではなく、もとからアナタの金融情報がブラックではないということなのです。

問題なのはさも自分たちが力を貸したかのようにふるまっておき最終的に手数料を要求することにあるのです。これは違法です。具体的に何もしておらず借りたお金から手数料をもらうという行為は法律的に問題があります。これは過去に紹介屋が警察に逮捕されている事例からもわかります。

以前は融資額の3割が基本でしたが今のツイッター型の紹介屋は人を見ながら取れるお金を取る柔軟型が多いようです。ただどちらにせよ極めて違法性が強いので支払いはしないことです。

ツイッター闇金は総じて高飛車な業者が多いのが特徴です。指摘をすると逆ギレしてブロックしたりしてきます。広告費を支払っていないので美味しい客だけ相手にして面倒な客はブロックして相手にしないというスタンスだからです。黙っていればお金を借りたいというお客が無料で連絡してくるわけですからやりたい放題になるわけです。

ここが広告代理店を使って集約しているWEB系闇金との違いです。

コンサルするから融資を受けたら手数料をよこせという紹介屋の記録

対象アカウント:
sakura
@yuuha60643296

名前を変更する可能性があります。相手の手口を理解するように心がけてください。

①架空のコンサルタントを登場させて融資にたいして力を貸すかのような発言をする

コンサルタントが資金方法を提案

②まるでコンサルタントが金融機関に便宜を図るかのような発言(虚偽)

審査が通るかのような発言

③個人融資とは思えないようなメッセージが届く

ここで手口が紹介屋、現金化などに分かれる可能性がありとにかくお金にするための提案をする。相手がブラック確定と判断されると現金化、アプリギフト、携帯電話契約詐欺などに誘導されることもあると考えられる。

個人情報のヒアリング

④架空の人物に確認をするしぐさ、実際にはそのような人物は存在しない

この手続きが信用性を生んでいると考えられるが午後10時近くにわずか10分程度でレスが戻ってくることに不自然さを感じる。もし本当にいるのであればそれは商売としてこのビジネスをしているので「個人融資」にはならず、手数料を取る行為を目的とした詐欺(紹介業行為)である可能性が高くなる。

架空のコンサルティングに相談するシーン

⑤個人情報を聞き出しにかかる

このあたりはWEB闇金と全く同じ手口。文面にハッキリと紹介業であることを書いている。この行為は違法。

⑥違法性を指摘すると逆ギレし騙せないとわかると感情的な発言

違法性を指摘すると逆ギレ

⑦騙すことが出来ないとわかり感情的なメッセージを送りその直後、ブロック

逆ギレした上にウソの発言

被害に遭われてしまった方や相手から嫌がらせ行為を受けている方は匿名OKなのでその情報をこちらの掲示板までご投稿ください。当サイトで人物特定される可能性があると思った場合は情報を精査します。
闇金業者がツイッターに流れ込んでいることはかなり以前から話になっていたのですがここにきて本格的に流入がはじまったことから相談件数が爆発的に増えております。
特に当サイトのツイッターアカウントである以下のDMなどには随時、被害相談が寄せられております。

お金を払ってしまった場合の対処法

紹介業は完全な違法ですから警察に相談してください。その上で相手の連絡先電話番号や振込口座を凍結してもらうようにしましょう。被害届が受理されない場合は闇金専門の弁護士事務所や司法書士事務所に相談をして下さい。

弁護士が相手の銀行口座を凍結し中にお金が入っていればそのおかねは取り戻すことができる可能性があります。相手はやっていることが違法だと知っていますしトバシの銀行口座を使っているため凍結された口座について凍結解除の手続きは出来ません。口座が凍結された時点でその銀行口座を手放し別の新しいトバシ口座で同じ紹介行為を繰り返します。

相手が銀行口座ではなくゆうパックなどでお金を送れと指示し送ってしまっている場合は残念ながら取り戻すことはほぼ不可能です。荷受詐欺に加担している人物の家を突き止めることはできますがその人物自体も詐欺の被害者である可能性があるため悪質行為を行った人物の本丸にはたどり着けないからです。

手数料を教えてきた銀行口座に振り込めと言った場合においてお金を取り戻せる可能性があるのです。個人でどうにかできる問題ではありませんので法律のプロに相談しお願いすることが一番確実であると言えます。

無料で相談できる闇金、個人融資被害相談窓口の連絡先電話番号を下記しておきますので被害に遭われている方は連絡をしてみてください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【やり取り全公開】個人融資の名を借りた携帯電話契約詐欺

資金調達だと携帯電話を買わせてくる詐欺の実録やりとり公開

ツイッターの資金調達や個人融資の悪質手口

ある視聴者から当ツイッターアカウント宛てにダイレクトメールが届きました。融資を受けようと思ったら携帯電話を買えと指示されたとのことでした。
当サイトでは以前より、闇金が携帯電話をだまし取る「携帯電話契約詐欺」について警鐘を鳴らしてきておりましたがついにツイッターにまでもその手口が飛び火したのかと愕然としました。

相談者は途中で気づいてやり取りを辞めたので被害は出ておりませんが自分のような人間が出ないのであればということでやり取りの全文を当サイトに送ってくれました。そして、その内容を公開して注意喚起してもよいと言ってくれたのです。

そこで当サイトではそのやり取りを公開することにしました。その前に携帯電話契約詐欺などについて改めて説明します。

スポンサーリンク

携帯電話契約詐欺とは?

数年前から闇金の主要手口に名乗りを上げた「携帯電話契約詐欺」ですがこれは闇金業者が融資を希望する申込者に対してCICの情報が芳しくないとかブラックになっているからそのままでは融資出来ないなどデタラメを並べ立て携帯電話を買えば個人情報が上書きされ融資が出来るなどと持ちかける特殊詐欺です。

最近ではシンプルに携帯電話をローンで購入させ買取屋で売れば現金が出来るともちかける場合もあります。

しかしながらこれは携帯電話会社に対する詐欺行為になるので犯罪です。詳しくは警視庁が発表している携帯電話等を販売店からだまし取る行為は犯罪です!のページを確認してください。警察がはっきりと「詐欺」と言っているのです。

間違ってはいけないのは詐欺の対象者が携帯電話を購入する人だということです。当然、持ちかける人にも犯罪ほう助の罪に問われる可能性がありますが結果的に一番悪いのは携帯電話を買って転売した人になります。

ツイッターでは資金調達などと詐欺に誘導する行為をまるで合法であるかのように言っておりますが全くの間違いですから信じては自分の身が危険になります。携帯電話契約詐欺については当サイトでも以前に【平成の闇金、最新事情2携帯電話契約詐欺】で説明しているので詳しくはそちらを確認してください。

個人融資でも資金調達でもなく犯罪で捕まります

さてツイッターで合法的で安全な資金調達(実際には犯罪行為もしくはそれに該当する可能性がある危険な行為)であるかのように説明しているいくつかのアカウント管理者の発言には大きな間違いがあります。本来の利用目的ではない転売目的の携帯電話の購入は犯罪行為に該当します。合法ではありません!そして捕まるのは買ったアナタです。

絶対に相手のいいなりになってはいけないのです。相手は終始、丁寧な発言と下手に出るような発言、合法でお金が手に入るかのような発言で犯罪行為に誘導してきます。さらに、お金が手に入ったらコンサルティング料金などの名目で金銭要求してきます。

犯罪に誘導する行為だけでも違法ですがさらに金銭をだまし取る行為は別の罪に該当します。

今回、ツイッターを媒体とした携帯電話契約詐欺について同じように犯罪誘導してくるアカウントには免疫が出来ると思われます。

もし同じような手口で携帯電話を購入させてくる業者がいましたらそのアカウントを「個人融資、個人間融資被害掲示板」までご投稿ください。匿名投稿OKです。

携帯電話を購入させてくる悪質業者のやりとり記録

ある投稿者はお金が必要になりツイッターの個人融資に問合せをしました。すると個人融資をうたっているアカウントからダイレクトメールでレスが来たということです。それまでにもたくさんの闇金アカウントや詐欺アカウントがあるにもかかわらず信じたのは、このツイッターアカウント管理者がツイートで、自分は詐欺に遭った人から連絡が来る、個人融資は詐欺だと同業を詐欺呼ばわりし自分は安全であると見せかけていたからだと言っています。

実際には転売目的で携帯電話を購入させる行為は詐欺罪に抵触すると警察がハッキリ明言していますから携帯を買わせる行為を資金調達の方法などと言っているのは犯罪行為の指示で安全どころか犯罪誘導です。

ではそのやりとりを画像で公開していきます。

①自分は融資ではなく資金調達だと闇金ではないことを主張する
さらに携帯電話を転売した際の取り分をよこせというのは闇金の紹介業行為に該当する(違法)

融資ではなく資金調達のサポート

②資金調達の方法をなかなか言わない、相談者がやる気があるのかを確かめるための行為

相談者がやる気があるのかを確かめるための行為

③初めて手口を公開するが転売目的の携帯購入は違法

携帯の新規契約案件

④融資と資金調達は違うというが犯罪誘導は違法

初めてではないと思われる携帯電話契約詐欺

⑤ここで怪しいことにきづき被害を避けることに成功

この後、相談者さんは犯罪に巻き込まれることを懸念してやりとりを終了しました。

相手の業者はここでも自分は他の携帯電話詐欺業者とは違うと弁明していますが転売目的で携帯電話を買わせることを指示していますから明らかに携帯電話会社に対する違法行為の示唆です。

また自分はサポートだから犯罪ではないと言っていますが相談者については言及していません。つまりは相談者が詐欺の実行犯になる可能性を知っていたとも言えるわけです。

犯罪と知ってその行為をやらせたのであれば罪に問われます。

ツイッターで資金調達を提供しているアカウントの中には携帯電話詐欺の業者が紛れ込んでますから決して騙されないようにしてくたざい。

相手が高圧的になる場合はすぐに警察に相談してください。

また騙されて携帯電話を買ってしまった方は弁護士や司法書士など闇金問題に精通している事務所に相談をしてください。この問題は個人融資による被害ではなく闇金の悪質な特殊詐欺行為による闇金被害なのです。

無料で個人融資による被害相談ができる弁護士事務所のフリーダイヤルを下記します。担当者に直接つながるフリーダイヤルですから気を使う必要はありません。

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先などで自分以外の連絡先を相手に伝えたときは取り立て被害、嫌がらせ被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

スポンサーリンク

個人融資や悪質な資金調達に関する当サイトの記事をまとめました。

今年に入って爆発的に勢いを増しているツイッターの個人融資関係について取り上げた記事になります。SNSを使ったこうした新しいタイプの闇金についての概念を知りたい方はこちらのページを確認してください。

個人間融資などというまやかしや犯罪行為による資金調達など違法性の強い行為を要求し手数料をとったり、先払いという詐欺行為を働いているアカウントを危険告知するためのページをつくりました。随時更新しているだけではなく情報の投稿も可能となっております。詳しくは個人融資を語った闇金リストを参照ください。

被害者やすんでのところで犯罪行為を犯さずにすんだ方などから悪質業者とのやり取りを公開してほしいというご要望を頂きましたのでSNS闇金の手口を公開する記事もアップ開始いたしました。

悪質業者は自分たちの名前はおろかサービスについてすらもなかなか説明してきません。DMでのやり取りやDMからフリーのアドレスに誘導しそこから短文と長文を織り交ぜ何度もやり取りをさせることで犯罪を犯してでもやる気があるのかを確かめてきます。

これらの悪質行為はすべて精密なマニュアルがあると思われます。匿名性が強いSNSで犯人を特定することは難しいかもしれませんが同じような被害に遭う方を少しでも減らす点においては有効な記事であると確信しています。

第一弾は資金調達やサポートなどさも合法であるかのような発言を繰り返し相手を安心させるような発言をしてくる携帯電話契約詐欺の業者とのやり取りです。出来るだけ詳細を記載しておりますのでSNSでやり取りをしている方はこちらで確認をしてください。