┃最終更新日:

【闇金にキャンセルと言わない、キャンセル詐欺対策】

闇金被害に関する相談で昨今多くなってきているのが、キャンセル詐欺によるお問い合わせです。

申込キャンセル、キャンセル詐欺、ヤミ金キャンセル料など統一された言葉が無いのですがやっていることは同じことです。今回の相談員NEWSは猛威をふるっているキャンセル詐欺への対策方法を考察していこうと思います。

闇金サイトの定番手口、キャンセル詐欺とは?

携帯電話を買えば融資できるとか、信用が足らないから更新料を払えば融資できるなどと通常の金融と明らかに異なることを言われ不信感を募らせた申込者さんが、申込を保留にしたり、キャンセルを伝えると相手の態度が変化しキャンセル料金の要求や勤務先へ電話するなどと言った脅し発言を始めた状態をキャンセル詐欺と呼びます。

スポンサーリンク

通常、闇金サイトは金融の比較サイトやスパムメールなどで宣伝集客を行っており、一見すると普通のキャッシングサイトのように見せかけております。「即日融資」「秘密厳守」「来店不要」などといった言葉を並べ、ここなら融資してもらえるかもしれないと期待を抱かせ申込者が入るのを待っています。

申込者がくると

「いざという時の為に緊急連絡先を教えてもらいたい」

とか

「在籍確認のため会社名と連絡先電話番号を教えてもらいたい」

と言って本人以外の連絡先を聞き出します。

ここで伝えてしまった情報がキャンセル詐欺の際、闇金業者が追い込みと称する脅迫電話をかけてくる連絡先になっているのです。

キャンセル詐欺の厄介な点は、問題が本人だけにとどまらず勤務先の同僚や自宅にいる家族へ及ぶということなのです。

闇金にはキャンセルを言わない

被害相談からわかってきたことはヤミ金業者の態度が変化するタイミングに一定の規則性があると言うことでした。おそらくは複数のマニュアルが存在しておりキャンセル詐欺マニュアルに移行するタイミングがどこの闇金業者も大筋で同じであるため規則性が生まれたのだと思われます。これは被害を未然に防ぎたい側からすると対策しやすいのではないか?と当サイトは対策方法を模索しました。

闇金業者は申し込み後すぐのキャンセルを嫌っており申込者が逃げてしまう事を避ける目的でキャンセル詐欺と言う新手口を構築したと思われます。

逃げてしまう事を避けるために用意されたのが「脅迫行為」「勤務先や家族に電話する」という手段だと言えます。この2つを発動させないために申込者が取らなければならないのが、

闇金にキャンセルと言わない

です。

キャンセル詐欺に移行すると追い込み行為がはじまってしまい、防御策を練る時間を稼ぐことができません。こうなると相手は上手を取って自分たちの要求が受け入れられるまで勤務先や自宅などに申込者を陥れるためのネガティブキャンペーンを展開してしまいます。これが闇金問題の最悪な状態であると言えます。

最悪の状態を回避するために取るべき行動が先にも申し上げた、闇金業者にキャンセルと伝えないと言うことなのです。そしてもう1つ大切なことがあります。

闇金からの電話番号を着信拒否にしない

相手が高圧的な発言をしたり、強い言葉を使うと心理的にコンタクトを避けようとしてしまいます。「電話が鳴るのに怯えるのは嫌だ!」「電話が怖い、相手と話したくない」と思ってしまうと相手先番号を着信拒否にしようと思ってしまいます。しかし、この行為もキャンセル詐欺へ移行するタイミングになってしまいます。

相手からすれば着信拒否設定されたか否かはすぐにわかります。申込者本人が電話の着信拒否をすれば業者は勤務先や自宅などを連絡せざるを得なくなります。相手の選択肢をこちらが狭くするのは自分の首を絞めることと同義になってしまうのです。

この行為はこちらが相手に対して不信感を持っていることの表れですから闇金業者も状況が悪化する前に早く仕事を終わらせようするため、相手の行動が過激になってしまうのです。これはある闇金問題を取り扱う弁護士事務所でも最初にレクチャーしている事で当サイトだけの見解ではありません。

スポンサーリンク

キャンセル詐欺への移行タイミングを見極め被害を未然に防ぐ

キャンセル詐欺に移行するタイミングを知るにはその前までに業者が何を言ってきたかを詳しく知ることが大切です。そこで初期段階における闇金業者のアプローチについて記載していきます。

・申し込みをする

・受付もしくは担当者から電話が鳴る

・勤務先情報や自宅、実家といった本人以外が電話に出る連絡先を聞き出される

少し時間をおいて電話がかかり相手の主張が始まる。(ここで詐欺の手口が明らかになるので種類別に記載します)

1. 携帯電話転売詐欺の場合:CIC情報でブラックと出ている、信用情報が悪いからそのままでは貸せないなどと言われ、携帯電話を買うことで信用情報を更新する、などと称して電話購入を勧めてくる。

2. 押し貸し詐欺や保証金詐欺の場合:信用情報が悪いのでこのままでは貸せないが返済履歴ができてくれば貸すことができると言ってくる。小額の金銭を闇金側から振込んできて倍額にして返済することを要求してくる。返済と言う言葉ではなく、更新料や登録料、手続き料などと言う場合もある。また相手からの振り込みが無く保証金や預託金、紹介料を払ってほしいと持ちかけられる場合もある。

【ここが分かれ道。この後の発言がとても重要になります】

× おかしいと思うので一旦保留にしたいと伝える。

× なんかおかしいからキャンセルしたいと言った

× 明らかにおかしいので警察に相談してみると言い返した

↓ 申し込みキャンセル手口へ発展してしまう

「自分で申し込みしておいて即キャンセルってイタズラですか?それは営業妨害だからこっちも手段を選ばないで対抗します」

「キャンセルするならここまでの実行費用を払ってもらいます。」

「こっちはヤミ金だから徹底的に追い詰めるから覚悟しとけ」

「こっちはお前が働けないようにするくるらい造作もないってことを知ってもらうか」

「おまえみたいなクズを雇ってるのは会社にとっても癌だろうから会社から前の借金取り立てるわ」

これはほんの一例でこの他にも耳をふさぎたくなるような発言がいくつも報告されております。 いずれもこちらから相手との関係を断ち切ろうとするような発言をすると、キャンセル詐欺へ移行しております。

キャンセル手口へ移行させないためには、相手の主張を一通り聞くフリをするというのが大切になってきます。

こうすることで一時的ではありますが時間を稼ぐことができます。その間に警察の生活相談課に相談し知識を蓄えアドバイスをもらいます。ただし、この段階では実害が発生していないため警察も動くことができません。そこで、闇金問題の解決に長けている法律事務所に相談して相手との関係断ち切りについて相談しておくことが大切です。

残念ながら闇金問題を真摯に扱っている法律事務所の数が圧倒的に少なく、相談しても断られてしまったり、何をすればよいのか理解してもらえないといったケースも報告されてきております。闇金問題はノウハウがない事務所に依頼をしても解決する可能性は少なく、逆に被害が悪化してしまった事例も報告されております。

何をすればよいか、どこからはじめれてばよいかなどわからない方が大半だと思います。そんな時は無料相談をご活用ください。

無料相談ダイヤル:ウイズユー司法書士事務所