┃最終更新日:

【闇金との通話を録音する】

闇金解決相談員です。

今回は悪質商法に対抗する方法について書いてみたいと思います。

申し込みキャンセル被害対策

ネットやFAXを中心に集客を行っている闇金は徹底的に自分たちの存在を隠して営業を行っております。違法行為であることを知っているため捕まるリスクを最大限に小さくすると言うことが1つですが、それとは別にもう1つ理由があります。それは取立行為や嫌がらせ行為など過激にできると言うことです。

今の闇金業者は自分たちが闇金だと感づかれることを想定しながら仕事をしております。だからこそ最初に勤務先を確認したり、緊急連絡先などと称して実家や家族の電話番号を聞き出します。

緊急連絡先とは彼らにとっての緊急であり、被害者さんからすれば取立電話の連絡先を教えてしまっていることに他なりません。闇金と気づきキャンセルをしようとするその瞬間から彼らは本性を表します。

申し込みキャンセルの手口は闇金と気づいて離れていくユーザーを取り返すために編み出された手段です。

徹底的に脅しをかけることで恐怖で支配しようと言う手口で闇金相談の多くはこの申し込みキャンセルに関する対処方法です。この手口にに入ると業者はそれまでのような優しい言葉は使いません。荒々しく汚い言葉を使って被害者さんを罵ってきます。

「会社で働けなるまで電話してやるから期待してまっとけ」

「子供の学校に電話して金かえさねーって怒鳴り散らすから」

「いたずら行為は許さないんで、おたくの家まで伺います」

「職場わかってるから代わりのモン行かせるんでゆっくり話しようや」

「警察行くならどうぞご自由に♪こっちもそれなりの対応するから」

などはまだかわいい方だと思えるほどです。闇金業者によって多少の違いはありますが特徴があります。

・声が大きくなり、汚い言葉を使い始める

・口調は丁寧だが訴訟だ、徹底的に追いつめる、絶望を味わわせるなど想像力を掻き立てるようなきつい言葉で話てくる

・一方的にまくし立てて電話を切る

・最後を疑問形にしてしゃべらせ、挙げ足を取る

いずれにせよ聞いていて気持ちのよいものではありません。脅迫行為に該当すると思って警察へ書き込む方も多いと思います。警察の生活安全課ではこのような相談をうけて適切なアドバイスをしてくれます。時にはその場で闇金業者に電話してくれることもあります。しかし、闇金はそういうところまでしっかりと把握した上で行動を起こしているのです。

警察官が闇金業者に電話すると大抵の業者は何事も無かったかのようにさわやかな応対をします。警察官も相手が闇金であることは理解しても、闇金側が要所要所で切り抜けてしまうためそれ以上の追及が出来ないのです。結果として、

「相手から脅迫されたらまた来てください」

と言われてしまうことが多いようです。相談を受けているとこのようなケースが多いことが分かってきました。そこで事態はもっと深刻であると言う事を分かってもらうため、自分の身を守るためにやらなければならないことを提案します。

スポンサーリンク

闇金と分からなくても怪しいと思ったらすぐに録音

闇金に限らず悪質商法は法律の目を巧妙にくぐりぬけてきます。特に詐欺はバカでは出来ません。圧倒的な知識と失敗した経験をマニュアルにして横展開してきます。そのマニュアルも常に進化しており被害者の反応から更新されているようです。それだけに気づいた時には戻ることが出来ないほど状況が悪化してしまうのです。

そこで自分の身を早くから守るためにできる護身方法が「通話記録の録音」なのです。

時代が変わろうともネット詐欺の基本は電話とメールです。そして闇金はメールだけで完結するビジネスでは無いのです。必ず電話による口説き営業が必要なのです。当サイトでも警察にこうした詐欺に関して相談する事があります。そこで毎回のように、

「何か具体的なものがあると動きやすい」

 と言われます。逆に言えば通話き記録などがあれば参考になると言うことなのです。闇金業者にとっても脅威であると言えるかもしれません。住所や名前など全てを隠したとしても声だけはどうにもなりません。話をしている内容が違法行為になる可能性があれば警察相談もさらに有効な手段になりえるのです。

アイフォンのアプリなどを紹介しているサイトもあったりしますが、当サイトで調べていくと自分の声は拾えるけれども相手の声が拾えないとかお粗末なアプリもあるようで、実際にはイヤホンマイクとボイスレコーダーを組み合わせた機材を用意するのがよさそうです。

こうした機材は低価格で揃えることもできますので警察へ相談に行った際、具体的な何かがあればと言われた方は用意を検討してもよろしいかと思います。どのような機材を買えばよいかわからないと言う方はお問い合わせいただければ機材名などをご連絡する事も可能です。

闇金業者とやり取りが発生している方はできるだけ相手を刺激しないようにすることが大切です。違法金融業者の手口が年々巧妙化してきており証拠を集めるよりも自身の状況を回復することを優先しなければならないと考えます。

闇金サイトに申込をしてしまっている方、個人情報として勤務先を教えてしまっている方はすでに「被害者」との認識で闇金被害の解決をしなければなりません。一人で解決できる可能性が限りなく低いこの闇金問題においては法律事務所の助力が不可欠です。

当サイトで闇金被害の無料被害相談ダイヤルを持っている事務所を取りまとめたページを公開しておりますのでこちらで確認しながら連絡をしてください。

闇金無料相談ダイヤル一覧