┃最終更新日:

ベルーザは闇金┃070-3102-1414

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】申し込みキャンセル/携帯電話契約
2/9現在、ベルーザが名前を変えていることが報告されてました。「メリストル」という表現をつかっているようですが、意図的に名前を聞こえづらくすようにしているため正確ではないかもしれません。

携帯電話の転売詐欺行為を行っている闇金サイトです。貸金業登録番号は抹消されておりました。携帯電話番号が判明しておりますが別に03-番号の回線からも電話がかかることが報告されております

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

信頼と実績のベルーザ安心の低金利9.6%~ご融資実績アリ!まずはご相談から即日融資可能手続きは最短15分

【サイト名】ベルーザ

【記載住所】東京都千代田区内神田3-15-8

【貸金業番号】都(2)第33641号

【電話番号】070-3102-1414/080-4724-3853/03-6778-2983/070-4124-7686/03-6324-1767

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

  1. 証拠おさえたわ より:

    ケータイかえー
    キャンセル?はっ?お前イタズラで申し込んだのかー
    会社に電話してクビにしたるー
    責任者とか言ってるやつがでるー
    詐欺の主犯か?
    全部録音

  2. yamikinsoudan より:

    証拠おさえたわさん>
    闇金相談ブログ相談員です。
    箇条書きでとてもわかりやすく投稿いしていただきありがとうございます。
    手口は典型的な申し込みキャンセルであると言えます。
    こちら側がキャンセルを伝えるとイタズラだなどと騒ぎ立て営業妨害だと言って会社に電話する口実を無理やり作ってきます。
    怖くなり着信拒否などをすると本当に勤務先に電話をかけてきて騒ぎ立てることが報告されておりますので録音されたのは正解であると言えます。
    何もない状態で警察に相談に行くよりも録音データがあるほうが被害届に至る可能性が高くなります。
    また警察が電話をしても全く意に介さない闇金業者が増えてきており嫌がらせが激化したと言う報告も入ってきておりますので過激な発言はせず、秘密裏に対策を立てることが肝心です。
    一般的な解決までの心構えなどをレクチャーしておりますのでお手すきの際にお電話下さい

  3. 宇田川美鈴 より:

    ベルーザに申し込んでしまったのですが、どうしたらいいですか?

  4. ミニョン より:

    ベルーザに申し込んでしまったのですが、どうしたらいいですか?

  5. 匿名希望 より:

    同じくベルーザに申し込みをしてしまった者ですが、現在司法書士事務所の方に相談、職場にも詐欺被害にあったと話し協力して貰っています。
    まず司法書士事務所からのアドバイスとして携帯への着信は拒否せず無視すること、(着信拒否すると職場や自宅に嫌がらせ電話がかかってきやすいため)SNSの公開範囲を友人までにすること(名前や携帯番号で検索をかけ、SNSの友人にも脅迫してくる可能性があるため)、とのことでした。
    また動きがあれば此方に投稿させていただこうと思います。

  6. yamikinsoudan より:

    宇田川さん> 闇金相談ブログ相談員です。
    ベルーザに伝えた情報がどこまでなのかによって対策を変えていく事が求められます。
    勤務先や自宅、実家などを教えていないのであれば着信拒否設定をして徹底無視で問題無いと思います。
    しかし、勤務先などを伝えている場合、着信拒否をしてしまうといきなり会社に電話をかけてくることが報告されておりますので対応方法が異なってきます。
    現在、闇金問題について対策方法をレクチャーしておりますのでお手すきの際に窓口までお電話下さい

  7. yamikinsoudan より:

    ミニヨンさん> 闇金相談ブログ相談員です。
    貴重なご投稿ありがとうございます。さて問題についてですが、申し込みをされた内容が本人連絡先以外何もなければ電話番号の着信拒否設定を行い、非通知の着信をNGにすることでよろしいかと思われます。
    しかし、勤務先などを教えてしまっている場合は会社へ電話してくることが確認されておりますのでこの対応では逆効果になってしまいます。相手を刺激せずに対策を完了させていくための方策をアドバイスしておりますのでお手すきの際にお電話下さい

  8. yamikinsoudan より:

    匿名希望さん> 闇金相談ブログ相談員です。
    貴重な情報を寄稿いただきありがとうございます。
    書かれている内容はまさに当サイトでアドバイスしている内容と一緒でございます。
    闇金業者は被害者さんが言いなりにならないと、その周りに嫌がらせをすることで被害者さんの立場、関係を悪化させようとしてきます。
    そのためにインターネットを活用して多くの関連情報を収集しようとしてきます。
    補足するのであればSNS特にフェイスブックなどはアカウント管理が厳しいサービスのため、闇金側も端末情報やメールアドレスなどをサービス提供会社に教えなくてはなりません。一度でも友人あてに嫌がらせが届けばその内容を法律の専門家に教えて、サービス提供会社に闇金側のアカウント停止依頼をするとともに送ってきた内容をプリントアウトして警察へ脅迫、恐喝行為として相談に行くと言ったことも視野にいれておくことが大切です。

  9. 匿名希望 より:

    先日ベルーサの件で書き込みさせていただいた者です。本日司法書士事務所の方から交渉の結果先方が手を引くとの確約を貰った、とのことでした。嫌がらせの電話もピタリと止まりました。ただ、忘れた頃に連絡が来る可能性もあるのでその際には直ぐに連絡をして欲しい、と言っていました。因みに相談させていただいた司法書士事務所はウイズユー司法書士事務所です。土日祝でも営業しており、とても親身かつ丁寧に対応して下さいました。

  10. yamikinsoudan より:

    匿名希望さん> 闇金相談ブログ相談員です。
    貴重な情報をありがとうございます。
    司法書士の先生がおっしゃっていることは間違いないと思われます。ヤミ金業者は月単位で活動を行っており厳しい売上ノルマが課せられていると思われます。
    そのため月の前半はより仕事の簡単な被害者さんに営業をかけ、難色を示している被害者さんを後回しにする傾向があります。
    後回しとは、月末の数字が厳しくなってきた時に再営業をするという意味です。
    この時はかなり過激な行為を行っているため相談が激増します。
    今回の件とは一線を画しているかもしれませんがそのような動きを見せているので安心するのはもう少し経ってからが良いかもしれません。
    尚、ウィズユー司法書士事務所ですがネットを中心に集客宣伝を行っているため情報を入っております。
    ヤミ金被害者さんからの評判も悪く無くしっかりとサポート体制を敷いているといった意見を多く頂く事務所さんです