サンクイックは無登録のキャッシングサイト(闇金判定)

【金融タイプ】キャンセル詐欺

下半期で常に相談上位に位置しているサンクイックです。金融紹介サイトから誘導される方式であるがその誘導サイトがすべて同じようなデザインであること、「ブラックでもOK」や「即日ブラック歓迎」などのキーワードで上位に検索されるような仕組みを作っていることから多重債務者を対象にして網を張っていることがわかります。

貸金業登録番号が記載されておりましたのでさっそく調べてみました。すると、このサンクイックなるキャッシングサイトの登録が確認できませんでした、闇金です。

スポンサーリンク


サンクイックが会社概要で記載している住所近辺の画像とマップ

サンクイックがまっとうな消費者金融ではないと当サイトでは判断しておりますがそれをしめる1つの事実を描いてまいります。このサイトが記載している住所に着目しました。
記載場所は新宿三丁目の駅からすぐの場所にある飲食店などが軒を連ねる場所です。ちかくに同業のキャッシング会社は存在しておりませんので本当であれば集客は相当なものです。

そこでサンクイックが記載している周辺画像を入手してみました。

サンクイック

該当住所は確かに存在します。そしてビル群もあるのですが肝心のサンクイックがありません。つまり虚偽の情報です。闇金は正直に自分たちの居場所を書くことはありませんのでウソの住所を書いてきます。こうした点からもこのキャッシングが貸金業登録を取得した日本で営業できるたぐいの消費者金融ではないことがわかります。

被害者が現場に行ってみたという行動も多くなってきておりますので周辺地図も下記しておきます。

google地図

サンクイックに騙された方が取るべき対応方法

さてこうしてこの消費者金融がデタラメの違法金融であると判断しました。次の問題は申込をしているか否かという点です。仮に申込をせずに検討しているという方であれば当サイトの記事を読んでどのように行動するかは細心の注意を払っていただければよいかと存じます。

しかし申込をしてしまっているという方については迅速な対応が求められると考えています。

このサンクイックはキャンセルをするとキャンセル費をよこせと迫ってくるだけではなく会社に電話するなど悪辣極まり無い行為が被害相談者より報告されてきております。現在でもこうした被害相談は途切れることなく毎日のように相談窓口までかかっている。

対策として勤務先を相手に知られている方は警察への被害相談はもちろんだが法律事務所が闇金被害者を救済する目的で開設している無料相談の電話相談などに連絡をしておくことをオススメします。対策をあらかじめ立てておくことで職場に迷惑をかけないようにすることができるからです。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

おかげさまで上半期ご融資率92%達成

【サイト名】サンクイック

【サイトURL】http://sokujitsu-west.com/

【記載住所】東京都新宿区新宿3-6-2 graceparkⅡ6F

【貸金業番号】関東財務局長(2)第00310号

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所