┃最終更新日:

LIKEローンは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺
会社案内なる箇所に記載されている業者情報を調べ見ましたが該当する金融会社を確認することが出来ませんでした。さらに登録番号において照会をかけてみましたが同様にこの番号が使われている実態が無くサイトが違法に作られた闇金であると断定出来ました。

ご融資案内に記載されている融資情報は一見するとまっとうな業者のように見えるように加工されておりますが実態は融資を行っていない可能性が高いことが被害相談などから明らかになってきました。

主婦や年金生活、生活保護でも貸付が出来るかのような記述がありますが審査を行っている様子がありませんし折り返しの電話などで融資に対して条件をつけてきていることがわかりました。

さらに勤務先を聞き出しており安易に電話に出なくなったりキャンセルをすると態度がかわり脅迫発言を繰り返すようになります。粘着性が高く電話に出るまで何度もかけてくるなど闇金の特徴を全てもっていることから昨日、今日に登場したグループではないと考えられます。

申し込みページ下部に「仮審査を通過したお客さま」には連絡をすると書かれておりますが貸金業番号を持たず、日金協の会員でも無いこのサイトが与信を行ったり、信用情報機関にアクセスすることはできませんので何を審査しているのか疑問です。

さらにいえば、登録をしていない無許可金融ですから貸付行為自体が違法となりますので相手の言いなりにならないように気を付けてください。

問題の解決に関してですが、個人情報を教えてしまった時点で被害は発生していると考えてください。相手は被害者の勤務先情報や免許証など身分証のデジタルデータ、住所と正確な名前を把握しているため自分たちでお金に換えられない場合、その情報をさらなる犯罪組織に転売してきております。

闇金問題の解決は相手の関係をしっかりと断ち切ることにあります。そのためには警察だけではなく法律事務所の力を借りることも必要だと当サイトでは考えます。黙って時間が過ぎるのを待つこともできますが今のヤミ金業者はそこまで寛大ではなく、勤務先に1日50本といった嫌がらせ電話をかけるなどの行為に出てきます。

すると周りから退社を迫られることになってしまい社会生活が崩れてしまいます。そうならないためにも早めの解決が感じです。この早めの解決に法律事務所は有効なのです。

知り合いの弁護士に頼まれたりする被害者さんもいるようですが特殊詐欺や闇金問題はノウハウが全てです。その法律家が問題に対して知識を持ち合わせているのであれば良いのですがそうではない場合、状況が悪化する可能性がありますので気を付けてください。

悪徳金融問題については相場も安定しておりまたテクニックを持っている事務所の多くは無料相談ダイヤルで問題を精査してくれます。まずは無料相談にて自身の状況を把握することが大切なのです。

スポンサーリンク

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

ご融資可能額1~300万円、実質金利5.8%~18.0%ブラックの方もOK

【サイト名】LIKEローン/ライクローン

【記載住所】東京都渋谷区代々木4-28-29-5階

【貸金業番号】東京都知事(4)第18437号

【電話番号】

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル

  1. 新田 より:

    敬語がおかしい
    人を小馬鹿にした話しかた
    社名をいわず早口
    携帯か何かにつながってる

    • 闇金解決相談員 より:

      重要なポイントを簡潔に記載していただきましてありがとうございます。全てがヤミ金を判断する上で考えなければならないことなのです。敬語がおかしいのはサービス業や一般業種での仕事経験がなくまた教えられたマニュアルを書く人物も同様に合法的な仕事に従事した可能性が低いことからきちんとした敬語を学ぶ機会に恵まれなかったのではと想像できます。
      人を小馬鹿にするのは常に自分たちが状況をコントロールすることを徹底された副作用であると言えます。まだ感情をコントロール出来る年ごろではない可能性もあります。いずれにせよ深層心理で人を見下していることが表層に現れてしまう拙さは闇金業者を判断する上でおおきなアドバンテージになります。
      社名と早口についても悪徳業者によくあることです。本来であれば自分を売り込むコンシューマービジネスにおいて相手に理解されないような早口や話し方というのは社員教育時に修正されます。それをしないと言うのは話を聞かれたくないと言う表れであると言えるのです。つまり、「後ろ暗いこと」をやってる自覚が本人たちにあると言うことです。