ビジネスは無登録のキャッシングサイト(闇金判定)

【金融タイプ】キャンセル詐欺

申込ページがいきなり表示されるといった驚きの宣伝を行っているビジネスについて闇金疑惑がありましたので調べてみました。

残念ながら闇金で間違いありません。

こちらのサイトには会社概要を含めてあまりにもおかしな点があり過ぎているので申込前の方でも見分けられるようにこちらで詳しく説明してまいります。

スポンサーリンク


①申込ページにあるおかしな記述

申込ページの下部にあるおかしな記述に目をむけてください。この記述はいくつかの闇金サイトで確認することができますので見かけたらそのサイトは違法なキャッシングサイトだと認識して申込を控えてください。

イタズラ、ひやかし等の問題になる申込はご遠慮下さいませ。

この記述があったらもう闇金でまちがいありません。そもそもサービスで顧客募集をしているサイトにもかかわらずイタズラや冷やかしの記述をするのは不自然です。そう思ったらそのお客さんを追いかけなければ良いだけで合ってホームページ上で告知する必要が無いのです。

これはアフィリエイトと呼ばれる紹介型の広告だからこその記述と言えます。広告では冷やかしなのかちゃんとした顧客なのかはネット上ではわかりません。したがって闇金業者は広告費を払う必要があるわけです。

どうせ広告費を払うなら変な客に来てもらいたくないということからつけくわえられた一筆です。まともな金融ではそのような記載はしません。

②住所にビル名等の記載が無い

闇金の多くは東京都に住所があるかのような記載をしたホームページを作ってきます。しかしながらその場所に業者が存在することはありません。当たり前ですが闇金行為は犯罪であり刑事事件ですから警察が出動します。

つまり自分たちの居場所を書くことはしないのです。

そこで虚偽の住所を書くわけですがその住所を管理している不動産屋からサーバ会社等にクレームが入りますからきちんとした住所は入れないのです。

ビジネスが会社概要で記載している住所近辺の画像とマップ

さらにこのビジネスが掲げている住所は過去にも違法性が強いキャッシングが使っていることがわかりました。周辺の写真等を調べてありますので気になる方は下記を調べてください。

東京都新宿区新宿5丁目2−3

googleマップ


法律事務所から内容証明郵便が届かないような記載をすることでできるだけサイトを延命させようとした結果がビル名を書かないという行為です。

しっかりとした金融会社であれば住所は最後までしっかりとかかれています。

ビジネスに騙された方が取るべき対応方法

そこで怪しいとおもったらまず住所を確認してください。枝番まで書かれていなければその時点で闇金、ビル名が無ければ申込を避けて警察や法律事務所で闇金問題に長けている先生に確認を取りましょう。

申込をしてしまった方は迅速にこの問題を解決すべく対処をはじめてください。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているブライテスト弁護士法人の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-293-017

【サイトキャッチ】

ビジネス

【キャッチコピー】

他社でお断りされた方でもOK!!
他社でお断りされた方でも、まずは弊社に御相談下さい。

柔軟対応実施中!
弊社独自基準で安心対応!

24時間申込み受付中!
お忙しい方でもご利用いただけます!

女性向け対応枠強化中!!
頑張る女性のサポートをさせていただきます!

法人でのお申込みも可能です!
随時承っております。

【サイト名】ビジネス

【サイトURL】http://skt.freedstar.site/cTt7MUU6/****

【記載住所】東京都新宿区新宿5-2-3

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-293-017

事務所名:ジャパンネット法務事務所