┃最終更新日:

【闇金サイトの宣伝方法、懸賞メルマガ編】

闇金解決相談員です。

本日からはネット宣伝編に突入します。広告代理店から聞いた闇金広告の手法をできるだけ細かく紹介していこうと思います。その前にまず、ネット広告の種類について確認してください。

◆ネット広告◆

1.懸賞メルマガ

2.出会い系業者のメルマガ

3.金融比較サイト

4.仮審査申込サイト(一括申込サイトなど)

5.スパムメール

メルマガ広告

闇金業者がネット広告に登場し始めたころは媒体と呼ばれるサイトもあまり数が多くなく、今のように個人ブロガーが圧倒的なアクセスを持つと言うこともありませんでした。そのような場合、大金をかけてシェアを取ろうとしたサイト、ポータルと呼ばれる大型サイトなどに広告は集中することになります。そんな中、闇金業者にドンピシャな広告媒体が存在していることが明らかになったのですそれが、

懸賞サイトメルマガ広告

一見するとキャッシング会社とまるで接点が無いようにも思えるのですが、闇金業者には大人気だったようで値段が高くとも平気で買いあさっていた時代があったそうです。

当時はまだメルマガについて世間が厳しい目を向けるようなことも無く、出会い系サイトが懸賞サイトを模倣したカマセサイトも登場しておりませんでしたので客層が良かったのだと広告代理店元社員は話てくれました。

 

大手はコケるのに闇金では当たる!

懸賞サイトは当時すでに巨額の広告費をだしてネット広告へ乗り出した大手消費者金融の広告も掲載しておりました。そうすることで闇金の身を隠すという側面もあったとは思いますが、支払いが良かったキャッシングジャンルの広告をできるだけたくさん撮りたかったと言うのも本音だったっと思います。

しかし、大手キャッシング会社の宣伝は融資希望者がほとんど集まらなかったそうで最終的にはアフィリエイト広告と言われる出来高払いでの契約になってしまったそうです。ところが、闇金業者が宣伝をすると驚くほど申込者が多いという自体が発生したのです。先の元社員は、

「懸賞メルマガはメインが女性、特に主婦層で専業主婦が多い。職業が無いので有名なキャッシング会社では借りられないと思いこみ、聞いたことない金融を街金と誤認していたと思います。」

と話している。

スポンサーリンク

–街金について–

–私見だが、街金とは単店舗を基本とした地場金融のことで大手に比べて多少金利が高いが融資基準が低いといった特徴を持っていたと言われるが、2000年以降で街金が存在したとは思えないのである。それほどに大手間の争いはすさまじく、小規模金融で生存出来たのは手形早割、担保融資などナニワ金融道と言う漫画に出てくる帝国金融のような街金だけだと思うのです。街金と思っていても実は商品買取のクレジット現金化業者だったというのは良くある話でした。–

とにもかくにも、懸賞サイトはもてはやされたのは事実である。そしてそのことが自分たち懸賞ジャンルの首を絞めることにもなっていったそうなのです。

 

お手軽簡単CSV懸賞サイト

懸賞サイトが当たっていたのは数年間と言われている。日進月歩と言われるネット業界でそれだけの年月をメルマガやバナー広告だけで生き残ったことは素晴らしいと言えるが、それも違法スレスレの懸賞サイトとオプトアウト方式が厳しくなったことで終焉を迎えます。

悪徳な広告代理店は手間をかけずに懸賞サイトを作るために個人情報のリストであるcsvファイルを手に入れて、登録もしていないのに勝手に登録した状態とし、メルマガを発行し始めたのです。これはいい方を変えればスパムメールなのです。クレームが挙がったユーザーだけを退会して、あとはひたすら広告が掲載されたメールを配信し続けたのです。すぐに取り締まりの対象になり荒っぽい業者が消えたと思った矢先、オプトアウト方式という登録手法がクローズアップされたのです。

 

オプトアウト登録

例えばAという懸賞サイトに登録します。すると、B、C、Dという3つの懸賞サイトにも同時に登録されるというサイトが登場したのです。利用規約にきちんと書いてあるので合法だという概念のもと派手に同時登録させるサイトが猛威をふるいました。

懸賞サイト+懸賞サイトならまだしも、懸賞サイト+出会い系サイト×5サイトといった荒くたいサイトも存在しており、ユーザーはまたもや怒りの頂点に達することになったそうです。

最終的にcsvもオプトアウトもやり過ぎれば警察による指導が入ると知った媒体業者は2つの悪しき手法をあきらめました。これにより、下降線をたどっていた懸賞ジャンルは新規顧客を獲得するために多額のプロモーション費用が必要になり、結果として消えてしまったと言うことになるのです。

 

今でも残っている懸賞サイトは当時から、闇金や出会い系など青年広告を寄せ付けなかったところだけだそうです。時代はゼンドリという悪質な闇金手口が出始めたころで闇金広告も変化を迎えた時期でした。

 

次回は、出会い系業者のメルマガ編に突入します。

  1. わさお より:

    よろしく