┃最終更新日:

有限会社FUJI信用は闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺
フジシンヨウと記載されておりますが正規業者の名前に似せることで誤解を意図的に演出しているサイトであると言えます。もちろん、違法です。

貸金業番号は番号こそ存在しておりますが所有者は全く異なる業者で正規業者です。問題なのはこのなりすましサイトが所在地を偽装していることです。正規業者の所在地をそのまま会社概要に記載していることが伺えます。

知識無くそのことを指摘すると名前が変わったなどと言い訳をしてきますから気を付けてください。似たいような名前とはいえ異なっている以上、全く別であると考えなければなりません。さらにこのサイトは融資を行っていない可能性が指摘されております。被害者さんからの相談によるとそのままでは融資が出来ないとか色々な発言を織り交ぜながら結果的に、条件提示をしてきておりその条件を満たせば融資すると持ちかけてきております。

キャッシングとは過去履歴の参照を与信といいますが未来のことを審査することはありません。つまり、何かをすることによって結果的に融資をするという発言はあり得ないのです。この事を覚えているだけで詐欺の被害は防げます。

またトップページに赤い文字で職業差別であるかのような発言が見受けられますがこのような文言も一般的なキャッシング会社ではあり得ません。

サイトを確認すると勤務先名と勤務先電話番号が必須となっております。ここに情報を記入すると後々、取り立ての際の連絡先として使われますので相手から電話が鳴った時点で被害が発生していると考え行動してください。

安易なキャンセルによりキャンセル費の要求をされたり、相手の態度が急変している場合も含めて闇金問題の解決は相手との関係の断ち切りが本命です。すでにお金を借りている方、相手から電話がかかっている方は早期解決に向けて対策を立てなければなりません。

早期解決、解決率をアップさせるには警察への相談と併せて弁護士事務所、司法書士事務所への相談が必要である当サイトでは考えます。いまや闇金問題は総合的に解決を図らなければ解決しない厄介な問題になってしまいました。

被害者だと思って警察に相談すると海外社になる可能性があると指摘され驚きを隠さずにご相談される被害者さんも後を絶ちません。法律の専門家による正しい処置と交渉術によって闇金業者との関係を断ち切らなければずるずるといつまでも悪徳業者に引っ張られるだけではなく社会け的な責任すらも及ぶ可能性があることを認識なければなりません。

無料相談ダイヤルを設置しておりますので申し込みをして相手とコンタクトが始まっている方やすでにお金を借りたり、商品を送っている方は次から次へと被害が拡大する恐れがありますので現状を教えてください。そして適切な処理をして問題の早期解決をはかることが大切なのです。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

より便利な金融サービスの実現へ、便利なノンバンクとしてご利用ください。当日13時までのお申し込みでスピードが一番即日融資

【サイト名】有限会社信用社

【記載住所】東京都中央区京橋2-9-12 日本工築1号館ビル3階

【貸金業番号】東京都知事(6)第24857号

【電話番号】

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル