闇金解決相談員です。すっかりシリーズみたいになってしまいました。

これはあくまでも私からみた闇金の歴史であり、持論の展開であることを認識した上で読んで下さい。

今回は2005年近辺の世情と闇金事情について書いていきます。

貸します詐欺の台頭

2005年よりも数年前、ある詐欺が登場して日本全国に被害者が続出しました。

皆さんもご存じだとは思いますが、

や 

オレオレ詐欺

 

です。今は名前を変えて「振込め詐欺」になっております。

もし流行語大賞に犯罪言葉部門なるものが存在するならば大賞を取ってもおかしくないほど爆発的に被害者を生み出した詐欺でした。

 

この詐欺のターゲットは主に一人暮らしの老人なのですが、どうやって彼らは老人に電話をかけることができたのでしょうか?

私が調べた範囲での回答になりますが、彼らがお金持ちの老人を狙い打ち出来たのは、精度の高い顧客見込リストを入手していたのではないかと思っております。

例えば、株主リストや国債所有者リスト、先物取引者リストなどを名簿屋と呼ばれるリスト販売業者から購入し、かたっぱしから電話をかけていたのだと思われます。

スポンサーリンク

ところで、

「名簿屋なる商売は問題にならないのか?」

当時はちょうど個人情報保護法が施行された年でもあったのでそれ以前までは名簿屋も合法に商売ができてしまったのです。

2005年以降は刑事罰対象になっているので業者も大手を振って商売ができなり、今ではその言葉すらもあまり聞かなくなりましたが、細々ながら存在していると思っております。

 

名簿屋の今昔

当時彼らの大口顧客は先物会社や証券会社で、ローラー電話と言われる、個人宅むけに新規電話をかけまくるためのネタリスト提供でしたが、顧客獲得方法が問題になり国から宣伝方法について厳しく指摘された経緯があり派手な電話アタックが出来なくなりました。

 

そこで次に、彼らが目を付けたのが当時ネットに対して多額の広告予算を使っていた、出会い系会社と闇金グループでだったのです。

このころ名簿屋は新旧二分化し、昔ながらの名前、住所、電話番号、生年月日などがそろった名簿を販売する業者と、メールアドレスと迷惑メールの配信業務をセットで販売する配信屋とかスパム屋などと呼ばれる新名簿屋にわかれてきた時代でもありました。

 

今では名簿、リストのことを「CSV」と読んでいるようです

※csvとはエクセルの保存方式の1つで配信業者がリストをパソコンにインストールし迷惑メールを配信するときのネタの保存方法を暗喩してスパムメール配信の事を指す場合もあります。

 

またスパムメールのことは「釣り」「配信」など呼ぶこともわかりました。

※大量メール配信=大漁となぞらえて、釣りと言われているそうです。

 

出会い系サイトの迷惑メールやギャンブル、副業サイトの勧誘メールがスパムで送られてくるのは、配信屋が流出データの取扱いをしていることの表れですし、また近年世間を騒がせた、低年齢層向けの教育商材を販売していた超大手企業から顧客情報が流出した事件なども、名簿屋が現存していることの証しだと考えるのは決して私の妄想ではないと考えます。

 

話がそれてしまいましたがそのような世情の中で、闇金は社会問題化しており警察は知的犯罪である詐欺の取り締まりを厳しくしておりました。

こうした背景の中、新手の闇金手法が出てきたのです。

 

融資保証詐欺

保証金・預託金詐欺

総称:貸します詐欺

 

今でも被害者を生み出しているこれらの手口が出てきたのがこのころだったと思います。

当時紹介屋はほぼ100%壊滅しており、ゼンドリと言われていた手口と商品買取業者が混在している時代でした。

 商品買取業者は後の

 クレジットカード現金化

というジャンルに枝分かれしますが、闇金とは根本的に異なるためこの場では割愛します。

 

闇金問題を扱ったサイトを見ていると、ゼンドリという言葉を紹介するサイトを見かけますが、これは専門的な用語になるためサイト管理者が本当にその言葉の意味を知っているのか疑問に思う時があります。

なぜなら一般的なキャッシング会社ではこの言葉を使わないのです。

 

ゼンドリとは全てを盗ってしまうからゼンドリ

紹介屋の手数料が100%なので全盗りなのです。

しかし、先に話したように紹介屋に対する取り締まりが厳しくなるにつれ、この手法自体も成り立たなくなってきました。

 

1つに紹介屋のビジネスモデルが間接的すぎて時代のニーズに合わなくなっていたのです。

改めて説明すると紹介業とは、自分のところに来た融資希望客に、理由を付けてウチでは融資出来ないけども、近くの店の店長と懇意にしてるから、裏から口利きをする。

だからその謝礼として融資が受けられたのであれば手数料を払ってもらいという業態なのです。

しかし、自分たちのところの売上になるまでに多くのハードルを超える必要があったため思うように儲けられなくなってきたのです。

時代はより分かりやすく直線的な流れを求めるように変わっていたのです。

さらに、追い打ちをかけるように、キャッシング会社が紹介業など闇金に対する危険告知を行っていたので、彼らの顧客も騙されなくなっていたのです。

 

そのような背景があり、全盗りの手法から発展したのが融資保証詐欺です。

融資保証詐欺とは、

 

「そのまますぐに融資は出来ないが保証金を先払いしてもらえれば即日融資するので最初だけ辛抱して払ってもらいたい。払った保証金は利息から引いておくので何のリスクも無いです。」

とか

「保証人が付けられないのであればこちらで用意する事ができるが、謝礼金を払わなければならいので少し用だててほしい。上司には承諾を取ってるのであなたさえ頑張ってくれれば明日には融資できる。」

などと言って

 

先に闇金に金を振込ませる

 やり方のことです。

この流れは現代闇金でも存在しており、最新とは言いませんが昔からある手口で現存しているものの1つであると言えるのです。

 

それまでと異なるのは大口融資、おまとめ融資など大きな金額を貸し付けるようなサイトを作って、希望融資額の10%を先払いさせるため、一回の被害金額の大きさが過去にないほど高額になることでした。

 

少ない人数で爆発的な売上が見込めると知った業者は、こぞってこの保証金詐欺の手口を真似し被害者が倍々に増えてしまい、社会問題になるまでそれほど時間はかかりませんでした。

先のオレオレ詐欺と同じようなお金の流れをしていたため、警察が融資保証詐欺を「貸します詐欺」として振込め詐欺の分派に位置付けたことも問題の表面化に拍車をかけたと言えるでしょう。

 

当時、振込め詐欺は警察が摘発に力をいれていた犯罪であったため、捜査の目が厳しくなり、それまでよりも厳しい取り締まりのさらされることになったのです。

この後、一時ではありますが闇金業者は激減します。

私はこれは警察のたゆまぬ努力の成果だと思ってます。

 

しかし、また闇金が増え始めたのです。

そうなんです、またしても時代に合わせた新しい手口が登場したのです。

 

それについてはまた次回書きたいと思います。

無料相談ダイヤル:ウイズユー司法書士事務所