借入一発検索!ランキングは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
ドメインは以前から闇金ばかりを紹介している広告代理店もしくはアフィリエイターが所有しているものでサイトのデザインを変更し検索エンジンで危険告知サイトなどと併用で出てしまうことを嫌ったのだと思います。

ランキングということですが、ランダムで各所にオススメが表示されますなど不可解な記述があり違和感を覚えます。そこですべてのリンクをクリックして宣伝されている広告を確認したところ、同じような闇金紹介サイトもしくは無登録の違法サイトへのりんくしか確認が出来ませんでした。

問題なのはこのサイトが事実誤認を意図的に発生させるかのように記載した文章です。最短5分で対応、10万円のスピードキャッシングなどと書かれておりますが、リンクをクリックするとそのたびごとに異なるサイトが出てきます。説明文の意味を為しておりません。その矛盾をつつかれると面倒なので冒頭に、ランダム~という表記を入れているのでしょう。

誇大表現と呼ばれる手法は景品法に抵触する可能性が否定できません。例えば、

「金融審査に落ちたらココ!柔軟&独自の審査で満足のいく融資が可能です。」

この文章よんだらどんな状況の人でも借りられると勝手に想像してしまいませんか?そしてこのような記述をしているサイトが金融比較サイトだと思いますか?さもこのサイトが融資を行っているような事実誤認をしてしまうような表現はやはりどのような解釈をしたとしても問題があると言わざるを得ません。

さらには合法なキャッシングサイトを紹介するならまだしも、紹介している広告の全てが違法サイトというのであれば別の問題(ほう助罪)なども該当するのではないでしょうか。犯罪者に携帯電話や銀行口座を提供したり集金代行をする仕事を道具屋と呼び、今年の警察はこうした道具屋の摘発に力を入れております。それならば、こうして誇大広告を使って集客宣伝するサイト運営社などもやはり道具屋として摘発されるべきではないでしょうか。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

借りたいユーザーが選んだランキングベスト5!※ランダムで各箇所のオススメが表示されます。 最新情報に更新!!1~5位すべて必見!

【サイト名】借入一発検索!ランキング/融資ランキング

【サイトURL】http://kintre.com/clrank/?***********

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい