カテゴリー: 2018年10月

クオリティーは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

新しく登場して被害者を生みだしている闇金サイトのクオリティに関して危険告知を致します。こちらのサイトですがデザインは5年も前から同じデザインをつかい回している広告代理店が受託したものであることが分かっております。

サイトの画像と会社概要だけを変更しとくに申し込みフォームの項目を多くしたり少なくしたりして対応しているため全てが同じデザインになっている。

闇金業者の集客を受ける広告代理店が逮捕される事例も少なくないことからこのサイトに申込をするのはリスクがあると認識なければならない。

大事なことをいくつか記載するのでこのクオリティ以外でも怪しいと思ったら気をつけること。

こちらの闇金サイトだがまず会社の住所に業者が存在していないことがわかっている。
住所事態は存在しているがこのあたりは溜池山王にちかくビルが立ち並んでいる土地であることからこの住所で郵便物が届くことが無いのです。
つまり住所がニセモノで郵便物等を届けさせたくない意図があるということです。

そのようなサイトなのでまっとうであるはずもありません。つぎに貸金業登録番号が存在しておりません。消費者金融という業種は国からの許可を得て初めて成立する職種です。従って何よりも大切な貸金業登録番号が存在しないことなど無いのです。

一番目立つ所に登録番号を書いて安心感をださなければならない番号なのです。番号が無いということはモグリ金融、つまりは闇金と言うことになるわけです。

申込フォームをご確認してみてください。

勤務先名と勤務先電話番号が必須として扱われております。この闇金の申し込みフォームは申込者が少なくなっても申し込んできた人を金に換えるという意思が見えます。集客方法はアフィリエイトと呼ばれる被害者を1人紹介するとお金がもらえるタイプの広告です。
無職や適当に申込をしてくる被害者を嫌っていることが分かるのです。そのため、申込をしてしまった被害者には他の闇金よりもしつこく連絡をしてくるという意味なのです。

実際には相手が何を言おうが融資は一切行ってませんので付き合っても何らメリットはありません。また闇金は犯罪です。犯罪サイトと分かって付き合いをすればあなたも犯罪者を助けたとして被害者扱いをしてもらえない可能性があるのです。

現在の詐欺は詐欺師が知識を蓄えているため警察も対応に苦慮しているのです。闇金でもお金を貸してくれるならすがりたい、などという甘えは一切許されません。闇金と分かって付き合いをしたんなら自業自得だし、最悪の場合犯罪者を助けたとみなされることすらもあることを忘れないでください。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】クオリティー

【サイトURL】http://fine-spice.com/M717T/index2.php?s=

【記載住所】東京都港区赤坂3-16-5

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。相手の業者の声が少しでも変わったと思ったらその場ですぐに弁護士の無料相談に連絡をして対策を立てることです。何もされていないから大丈夫と思っていると後々大変なことになってしまいます。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所