闇金解決相談

更新日: 公開日:

総合消費者.netは闇金

総合消費者.netは無登録のキャッシングサイト(闇金判定)

お休み明けになると悪質業者もしっかりと営業を再開してきます。そのような中、新しい消費者金融サイトがネットに登場している当情報をキャッチしたので早速調べてみました。

名前は「総合消費者ドットネット」なるサイトです。基本的なデザインからしてすでに過去の闇金サイトと全く同じであることから限りなく違法性が高いと思われます。しかし感覚だけで判断することはできませんので各ページを調べていきます。まずは会社概要ですが必要とされている情報が書かれておりません。

キャッシングサイトは許可業種ですから必ず貸金業登録番号を記載しなければならないのですがその番号が記載されておりませんでした。これは闇金サイトであると断定するに足りる情報です。
さらに固定電話の番号が記載されておらずこれも特定商取引法違反の可能性が出てきます。同時に担当者名もなければ住所にビル名等の記載もありませんでした。

つまりこのサイトに書かれている情報では業者を特定することが出来ないのです。明らかに意図的に業者特定を避けるような作りになっています。

スポンサーリンク


以前はビル名等も記載されておりましたがビルを管理している不動産業者から警察、サーバ会社にクレームが入るようになりサイトの寿命が短くなることから代理店がビル名を書くのを嫌がっているのだろうと想像出来ます。

結論ですが当サイトではこの「総合消費者.net」を限りきなく違法性の強い金融サイトと断定します

総合消費者.netが会社概要で記載している住所近辺の画像とマップ

補足ですがこのサイトの記載している住所ですが過去にも同様の住所を使って宣伝していた闇金サイトがあったことが新たにわかりました。

プロナビ

オールパートナーズ

これらの闇金業者がつかっていた周辺写真がこちら

東京都港区麻布十番2-21-6

たしかに損坐している住所ですがみての通りおよそ金融会社がが入居している場所ではありません。地図を下記します。

またトップページには闇金が好んで使っている(過去の闇金にも同様のテキストアリ)文言が確認出来ました。
「過去御トラブルは問いません」

この文言は過去にも多くの違法金融サイトがつかっていて多重債務者からの申し込みを促進させるワードであると考えられます。

気をつけなければならないのはこのサイトには新しく違和感のあるテキストが確認できたことです。

ネットバンクの方及び口座をお持ちでない方はお申込み出来ません。

これは押し貸し詐欺を意図する可能性がありますが現状、被害報告等がでそろっておりませんのでまだ断定するには早いです。銀行口座のだまし取りも考えられるからです。

総合消費者.netに騙された方が取るべき対応方法

融資に対して条件提示をしてくるならばその時点で違法性若しくは悪質な特殊詐欺サイトの可能性がありますのでかかわらないようにしてください。

例えばキャッシュカードを送ってもらいこちらから預け入れでお金を入れるので借主は通帳と印鑑で引き下ろしをして下さい。といった詐欺の営業マニュアルが存在しています。これは銀行口座のだまし取り詐欺で昨今の闇金では最悪の詐欺と言われているものです。

相手に会社の連絡先を伝えている方は被害に遭われていると考えて対応しなければなりません。特に電話によるやり取りが始まっている場合は危険性が増してしまっています。

【金融タイプ】キャンセル詐欺

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

総合消費者.net

【キャッチコピー】

おまとめ・一本化のご相談優遇致します。
【サイト名】総合消費者.net

【サイトURL】http://fine-spice.com/B****

【記載住所】東京都港区麻布十番2-21-6

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

更新日: 公開日:

サンクスは闇金

サンクスは無登録のキャッシングサイト(闇金判定)

【金融タイプ】キャンセル詐欺

ドメイン「fine-spice」をつかってたくさんの悪質金融サイトを作っていることをすでに皆さんも御承知であると思われますがここにきてまた新しいサイトが登場しました。結論から先に申し上げるのであればこちらのサンクスですが限りなく闇金であると言えます。

当サイトではこのサンクスを闇金と判断せざるを得ません。

違法性が強いサイトと判断した根拠は以下となります。

・サイトが会社概要として表記している住所が過去の闇金が使っている住所と全く同じでありそこに業者が存在していない

・貸金業登録番号の表記が無く取得した経緯も確認できない

・過去に猛威をふるってきた闇金サイトと全く同じデザイン、文章を使い回している

状況証拠という意見もあると思いますがサイト上に貸金業登録番号の表記が無いのは問題です。この点について被害者が問合せをすると業者は、

「更新時期だから新しい番号がきたら表記する」

といった言い訳をしてきます。これは過去にあったほぼ全ての闇金が使っている常套句です。同じような発言をされたのであればそのサイトは闇金もしくは悪質性の強いサイトであると判断して問題ありません。

スポンサーリンク


貸金業登録番号は3年経過により1つ番号が上がります。しかしながら更新といった概念ではありませんし番号が変更になることも無いのです。つまりは業者が貸金業登録番号について更新なることばを使った時点でまっとうではないと判断できるのです。

サンクスが会社概要で記載している住所近辺の画像とマップ

次に住所表記についてご説明します。サンクスが表記している住所は存在します。しかしそこに「サンクス」なる金融会社が存在していないのです。つまりニセモノの住所と言うことになります。これは特商法違反になる可能性があります。

東京都港区赤坂3-16-5

googleマップ

さらにいうとこのニセモノの住所ですが過去に多くの闇金が使ってきた住所でもあるのです。そのいくつかをこちらに書いておきますので気になる方は確認してください。そしてデザインをみてください。ほとんど同じであることが分かるかと思います。

インパクト

ナイスライフ

ベストサポート

マネースタイル

ライフスタイル

これら4つのサイト(少なくともこれだけの同デザイン、同住所表記の闇金)は過去に当サイトが闇金と判断したサイトであり被害者を生みだしてきているサイトなのです。驚くべきはこれらのサイトすべてにおいて全く同じデザインであり文言までもが一緒であるという事実です。

これを単なる偶然と判断しますか?

偶然であるならば恐ろしい確率ですがそれほど現実は神秘的ではありません。従って考えられる可能性としては同じ広告代理店が使い回しのデザインを使って闇金グループにサイトを提供しているということでしょう。

このデザインにおける闇金サイトは「同時エントリー」なるシステムを搭載している場合があります。今回のサンクスにはそのシステムは実装されておりませんがこれも危険なシステムです。
実態は別の闇金に個人情報を転売してもうひと儲けしているということなのです。

つまりは被害者の個人情報をいろんな闇金組織に売ってしまっていると言っても間違いではないと思っています。

サンクスに騙された方が取るべき対応方法

知らずに融資依頼をしてしまっている方はすぐにも対策に入る必要があると考えます。とくに相手に勤務先や勤務先電話番号さらには会社名を検索されるとネットで勤務地がすぐにバレてしまう可能性があるような場合は緊急性が高まります。

闇金業者は目の前にパソコンを置きグーグルマップなどで住所検索をし綿密な情報を集めてから連絡をしている可能性があるのです。つまり被害者が提供してしまった情報から位置情報、勤務先のホームページ、子供の情報を持っている場合は年齢的に小中学生であればどこの学校かまで割り出してきます。

それらはすべて被害者を追い込むための脅迫情報として記録されているのです。

無料で相談することができるウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してみてください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

サンクス

【サイト名】サンクス

【サイトURL】http://fine-spice.com/B7RcP

【記載住所】東京都港区赤坂3-16-5

【貸金業番号】

【電話番号】

法務事務所は数多く存在しますが「闇金特化」でノウハウを持っている法務事務所はそれほど多くありません。さらに無料相談が出来る事務所はもっと少ないのが実情なのです。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

更新日: 公開日:

ABローンは闇金

ABローンは無登録のキャッシングサイト(闇金判定)

【金融タイプ】キャンセル詐欺

ツイッター闇金が増加している中でもWEB型の闇金がなりを潜めているわけではありませんでした。今回、当サイトに情報が入り発覚した新しい金融サイトについて調査する必要がありましたのでその結果をこちらで書いてまいります。

サイト名は「ABローン」で会社概要をみても株式会社表記等がありませんでした。サイトのデザインなどを考えれば過去に多くの闇金サイトがこのデザインを使っていることから限りなく闇金であると思われますが色眼鏡で見ることは危険です。

スポンサーリンク


ABローンと同じデザインが確認された過去の闇金

どれだけ類似しているか以下の闇金サイトを確認してください。いずれのサイトも当サイトでは闇金と判断した悪質なキャッシングサイトです。被害も相当数よせられていた悪質な違法性金融サイトです。現在はすべて閉鎖されております。

ミント

キャッシングのタカラ

ABローンが会社概要で記載している住所近辺の画像とマップ

このABローンの所在地ですが他の闇金が使っていることが分かってきました。住所は存在しませんがエリアは存在しているので実際の場所を活かします。

東京都千代田区東神田1-10

この住所を記載して闇金行為を働いている業者が、

Zローン

です。それ以外にも過去の経緯もありますので会社概要を念入りにチェックいたしました、すると様々なことが分かってきました。

会社概要が無いことがわかります、さらに貸金業登録番号が記載されておりませんでした。この時点で99%闇金と判断しても問題ありません。
さらに住所表記に至っては枝番号が記載されておりませんので郵便物が届くことはありません。つまり住所については完全に虚偽記載であると言えます。

存在しない所在地を立証するのが下記のマップです。本来であれば赤いピンが打ち込まれているのですが住所が存在していないためエリア表記になってしまっていることが分かります。

結論を申し上げるのであればこのABローンなるサイトは当サイトにおいては限りなく闇金であると判断致します。ちなみに他の闇金告発サイトをみてもこのABローンが闇金であると断定しているサイトが複数確認出来ました。

現在の闇金は融資行為を一切行っておりません、このサイトも例外ではなく融資をするかのような発言をしていますが実態は詐欺である可能性が高いと考えられます。手口はまだ情報が集まりきっておりませんが以下が濃厚であると思われます。

・携帯電話契約詐欺

融資をしたいけれども信用情報が芳しくないためこのままでは融資が出来ません、といったお決まりのセリフで被害者に対して融資が不可能であるかのような発言をしてきます。そこで諦めようとすると次の一手つまりは詐欺の説明を始めるのが直近数年、闇金業者が行っている詐欺手口です。

携帯電話を購入してローンの履歴を作ると信用情報が更新され結果として融資が出来るようになるといった理論なのですがそのような事実は全く確認出来ませんでした。事実、当サイトがこの理論が正しいのかをCICなど信用情報機関に直接連絡をして確認を取りましたが、担当者曰く、

「そのようなことは一切ありません、悪質商法の可能性があります」

との回答を得ました。同様に国民生活センターにも同じように問合せを行いましたが結果は変わらず担当者曰く、

「闇金の可能性があるので気を付けてください」

という回答でした。携帯電話に限らず銀行口座についても同様です。キャッシュカードを渡してくれれば預入で融資をします。アナタは通帳を使ってお金をおろして下さいなどと言ってきますがそのような行為は銀行法に違反しておりますので絶対にやらないでください。

最悪のケース、警察に逮捕されるのは闇金業者よりも先にアナタになることを知って下さい。

ABローンに騙された方が取るべき対応方法

すでに携帯電話を購入して相手に渡してしまったりキャッシュカードを送ってしまっている場合は被害が深刻になります。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

ABローン

【キャッチコピー】

【サイト名】ABローン

【サイトURL】http://fine-spice.com/B8a1S/annai2.php?

【記載住所】東京都千代田区東神田1-10

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

更新日: 公開日:

【個人融資】あなたのための高額融資 LINEでご相談♪は闇金

あなたのための高額融資 LINEでご相談♪

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】携帯電話契約詐欺/口座だまし取り詐欺

2019/7/15現在、こちらのアカウントはいまだにそのアカウントが閉鎖されることなく毎日、ツイッター上で融資希望者を募るツイートを行っていることが確認できております。手口は携帯電話の契約詐欺と銀行口座のだまし取りについても変わらず被害が拡大してきております。

相手の主張は一見筋が通っているかのように思えますがそれはすべて法律に抵触している可能性があることを決して忘れないでください。少しでもおかしいと思ったらすぐに警察に相談してください。またもし携帯電話を買って相手に送ってしまったり、銀行口座を相手に渡してしまいなおかつパスワードも相手に知られてしまっている場合も同様に警察に駆け込んでください。同時に闇金被害に特化した法律事務所が開設している無料の相談ダイヤルにお電話してください。

複数の情報が寄せられてきたためこちらで記事として危険なアカウント認定いたしました。それまでのサイト型の闇金と違いこうしたツイッターのアカウントだけで宣伝している闇金業者は人物特定が難しく逮捕される可能性も低いのが特徴です。

昨今ではトバシの携帯電話をつかい電話番号すらも明かさずLINE電話を使ってやり取りをする業者が急増している。こうなると被害届を出したとしても警察が詐欺グループを逮捕するのは難しく一般的な闇金業者と比較しても性質が悪い。

さてこのアカウントに関して寄せられた被害情報は以下の2つ。

・携帯電話契約詐欺

・銀行口座詐欺

携帯電話についてはすでにご存じの方も多いと思うが現在ある闇金業者の約半分がこの手口で商品をだまし取り高値で転売し利益を上げている詐欺です。アイフォンだけではなくアイパッドや関連商品、時にはクジレットカードまで作らせだまし取るのが特徴です。

携帯電話は転売目的での購入が認められておらず使うつもりのない携帯電話を買う行為は携帯電話会社に対する詐欺行為とみなされます。被害者が逮捕されるということです。被害者は携帯電話会社であり闇金と付き合った人ではないのです。

携帯電話を高値で買い取るなどといって持ちかけてくる行為も当然ですが違法です。これは犯罪ほう助に該当するため刑事事件として処理されます。その一端で本来ではあれば被害者であるはずの人が加害者、違法行為を行っている業者に協力したという判断をされると逮捕される可能性があるのでくれぐれも携帯電話を購入して現金をつくろうなどと考えないようにしてください。

次にこのアカウントは銀行口座をレンタルするといった名目でキャッシュカードをだまし取る行為も行っております。当然ながらこれも違法です。

銀行口座は貸したりあげたりすることが出来ない商品です。それもまた銀行法という法律により定められているのです。

法律を犯せば当然、裁きの対象となりますから気をつけなければなりません。さらに、反社会組織とつながりがあるとなれば今回はなんとか助かったとしても事あるごとに警察から目をつけられますのでメリットなど1つもありません。

銀行口座のだまし取りについてはこれまで以上に厳しい捜査の目が光っており同時に銀行もこの詐欺事件については強固な態度を崩しません。たとえ騙されたとしても銀行はそのことについて寛容ではないのです。

つまり、あなたが何を主張したとしても銀行が受け入れる可能性は低く、結果的にあなたが所有している全ての口座が凍結され今後10年から一生、口座を作ることができなくなる結末が待っています。

もちろん口座や携帯電話を転売すれば即座に犯罪となりますから情状酌量の余地などありません。しかしながら仮にお金をもらわなくてもやった行為が帳消しになることもありません。そのまま略式起訴されることもありますから違法のレッテルをはられてしまうこともあるわけです。

このアカウントに限らず「個人融資」や[資金調達]といったツイッターのアカウントに連絡をして携帯電話を買って渡してしまったり、銀行口座をレンタル出来ると信じて相手にパスワードと共に渡してしまった人はすぐにも自分の身を守るための対応に入って下さい。

これは立派な違法行為でありそれを実行してしまったあなた自身も罪に問われる可能性があることをしっかりと理解しなければなりません。その上で自分は被害者であり騙されてしまったということを警察や銀行、携帯電話会社に知ってもらう必要があります。

残念ながらそれは本人の力だけでは遠く及ばないのです。

だからこそ法律事務所、特に闇金問題を専門に扱っている法律事務所の助けが必要となるのです。

携帯電話契約詐欺や闇金問題については以下のウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルは有効な手段の一つです。どうすればよいかわからないといって途方にくれて何もしなければ売ってしまった携帯が違法行為に使われたり、銀行口座が犯罪資金の集金口座になってしまい警察から聴取を受けることになってしまいます。

そうならないためにも被害に遭ったと感じたらすぐに連絡をしてください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

当サイトではこうした個人融資や資金調達を語って悪質行為を働いている違法性の強いツイッターアカウントやLINEアカウントについて情報を募集しております。皆さまからの被害はすべて匿名OKです。こちらで個人特定されそうだとわかりましたらその箇所は全て削除していますので安心してください。

少しでも多くの手口が公開されることで被害件数が下がることがこのサイトが目指していることです。手口や情報の投稿はこちらからお願いします。

【サイトキャッチ】

あなたのための高額融資 LINEでご相談♪

【キャッチコピー】

金融ブラックのあなた 主婦やアルバイトのあなた 夜職や風俗業のあなた 高額融資を諦めていませんか? まずはご相談ください 会社員のボーナス数ヶ月分以上の融資が可能です

【アカウント名】あなたのための高額融資 LINEでご相談♪

【ID】@enjoyletalmoney

【URL】https://twitter.com/enjoyletalmoney

【貸金業番号】

【電話番号】

ツイッターアカウントやLINEアカウントだけで連絡を完結してくるまっとうな金融業者など存在しません。また違法行為により手に入れた電話などとつながっていると犯罪ほう助の疑いをかけられますので被害に遭われている方は下記、無料相談ダイヤルまでお電話下さい。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

更新日: 公開日:

フロムフリーは闇金

フロムフリーは携帯電話をだまし取る特殊詐欺サイトで闇金

【金融タイプ】キャンセル詐欺/携帯電話契約

一度は消えたと思ったフロムフリーですが夏の終わりのココに来てまた広告宣伝を再開した模様でです。同じ業者なのか別グループに代わったのかはわかりませんがいずれにせよ貸金業登録を行っていないサイトとして当サイトでは違法性アリの認識に変わりはありません。

最近はツイッターによる集客行為が一般化しているのかアフィリサイトと呼ばれる広告目的のサイトに張り出される闇金の数がめっきり少なくなりました。さてそんな中でも闇金サイトは登場してきます。

スポンサーリンク


今回当サイトで調べたのは「フロムフリー」なる消費者金融サイトです。デザインを観た時点で残念な気持ちになりましたが思い込みは危険ですから冷静に判断してまいりたいと思います。そこでまず着目したのが会社概要です。

このサイトには専用の会社概要ページが存在しておりませんでした。トップページの下部にひっそりと情報が添えられているだけです。しかしそれとても会社概要ですから調べてみます。すると問題点ばかりが浮き上がってきました。

貸金業登録番号が無い

残念ながらこの時点でこのサイトが闇金であると判断せざるを得ません。貸金業登録番号は何をおいても大事な番号でありキャッシング業務を行う上で必須の登録なのです。その登録番号を記載していない時点で闇金と判断されても仕方が無いのです。

必要情報が足りない

ネットで営業する場合、特定商取引法という法律に沿って事業者は自分たちの情報を開示しなければなりません。しかしながらその情報が圧倒的に足りていません。少なくとも貸金業としてホームページを展開するのであれば下記の情報が書いておく必要があります。

・固定電話番号
・責任者名
・会社名 ※商号やサイト名ではなく株式会社名のことです。このサイトにはそれがありません。つまり法人ではないということです。
そして貸金業登録番号です。

フロムフリーと同じデザインが確認された過去の闇金

こうした必須情報が何1つないのがこのフロムフリーなのです。過去にもこのデザインと同じ闇金が登場しております。その一部をココで紹介しますのでサイトキャッチの画像を確認してみてください。

ビーストなる闇金(2018/7/23告知)

タカライフなる闇金(2018/6/7告知)

アールサポートなる闇金(2017/11/6告知)

全く同じであると言っても過言ではありません。このように闇金は同じデザインを使い回してくるためある程度の知識がつけばかんたんに見分けることが出来るのです。そんな背景もあってか昨今ではツイッターをつかった闇金が主流になってきているようです。

フロムフリーが会社概要で記載している住所近辺の画像とマップ

フロムフリーが記載をしている住所ですが近隣にフロムフリーの看板がありませんし金融会社が入っているビルの存在も確認出来ませんでした。

東京都千代田区内神田3-7-5
googleマップ

フロムフリーに騙された方が取るべき対応方法

どのような状況にあったとしても闇金に申込をすると会社名や会社の連絡先まですべて情報を取られてしまいますのであとから執拗な嫌がらせを受ける可能性がアップしてしまいます。これは何としても避けなければなりません。ほおっておけば何とかなるというものではなく職を失ってしまう可能性すらもあるからです。闇金に情報をぬかれてしまったら直ちに対策に入る必要があります。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

フロムフリー

【キャッチコピー】

他社様NGの方もご相談ください。期間限定!キャンペーン中!

【サイト名】フロムフリー

【サイトURL】http://fine-spice.com/M5jHA

【記載住所】東京都千代田区内神田3-7-5

【貸金業番号】

【電話番号】

闇金から融資をするためには信用情報の記録を上書きする必要があるなどと持ちかけられ携帯電話を購入するように言われても信用しないでください。信用情報は携帯電話を買ったからと言って更新されるようなデータではありません。そして転売目的での携帯電話購入は詐欺罪に問われるということを忘れないでください。
警視庁のホームページでもしっかりとそのことが記載されております。

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

更新日: 公開日:

個人融資kenichi731は闇金┃080-9976-2231

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

ツイッターで「個人融資」なる造語を作り出し被害者を生み続けていることは以前から危惧していたが本格的に業者が参入してきているように思えるので情報が集まってきたアカウントに対しては既存の闇金サイトと同じように危険であることを告知していきます。

今回、当サイトで危険であると判断したアカウントは「v731」です。ただしこのアカウントは複数ある業者アカウントの1つである可能性があります。おなじkenichiなるアカウントで後ろの数字だけがことなるアカウントが複数存在している可能性を否定出来ません。

当サイトで展開している「個人融資、個人間融資被害掲示板」でも複数の被害情報が寄せらていることから今回、闇金として紹介するにいたりました。

手口はいわゆるソフト闇金の手口です。1週間から10日という短期間の返済に対して5割前後の利息を上乗せするタイプの闇金です。ソフト闇金などがこの短期高利ですが警察の摘発などを受けて現在はサイト展開しているところは少なくなってきました。

【追記】
皆さまからの貴重なご投稿により最新情報がはいりました。
現在このアカウントが詐欺で仕掛けを行っているLINEのアカウントですが下三桁が変更になっていることがわかりました。
また返済用の銀行口座は個人口座で時期により振込先名義人が代わっていることもわかりました。

闇金の手口ですが1週間ごとに返済で基本は倍返しです。関西金額は振込された金額の倍額になります。写メによる借用書の強要と金額は違法金利を考慮してか完済額の記載を強要してきます。

また本人が電話に出なかったり返済が遅れると勤務先や個人情報として伝えた本人以外の連絡先に電話をかけてきてることもわかりました。

このアカウントは利益目的でお金を貸し付けている以上、貸金業登録が必須となります。しかしながらそのような記述はどこにもありません。さらに言うのであればアカウント内に責任者の名前も無ければ電話番号すらもありません。もちろん住所もありません。個人融資だからOKなどというのは真っ赤な詭弁です。

利息を取ることを目的としてお金を貸す行為は貸金業に値します。そしてお金を貸りたい人を募集することを目的としたアカウントであれば特定商取引法が適用される可能性もあるわけです。

つまりは、アカウント主は本名、連絡先、貸金業登録番号など貸金業として当たり前の情報をアカウント内に展開しなければならないのです。それが無いということは闇金と判断されても否定出来るものではないのです。

そのような業者がツイッターに流れ込んで個人融資という名前で個人名を使って闇金行為を行っているのです。やっている行為は闇金と何1つ変わりません。従って最低限、勤務先、勤務先電話番号、家族の連絡先等を聞き出してきて返済しなければ鬼のような電話を会社や関係先にかけてきます。

これにより会社をクビになってしまった人もたくさんいる悪質な闇金です。

返済口座はトバシの銀行口座を使っておりその時々で名前を変えてきているのが特徴です。つまり相手が連絡してきている人物名は偽名であり実在はするけれども本人とは全く異なる人物であると言えます。これは銀行法に違反します。さらにいえばこうしたトバシ口座からお金を借りると犯罪資金移転防止法の適用によりお金を借りた人の口座までもが凍結されます。

警察により口座凍結ですからその口座は二度と使うことが出来ません。さらに全銀協が展開しているデータバンクに名前が登録されると他の銀行口座まで凍結されてしまいます。

違法な業者からお金を借りる行為は闇金からの借金という生ぬるいものではなく悪徳業者に利益を生み出したということで被害者であるはずの債務者までもが刑事事件の対象になってしまうのです。これを知らずにいると後々、とんでもないことになってしまいます。

お金が借りられるのであれば闇金でも構わない!などとツイートしているアカウントを見かけますが大きな間違いです。それこそ逮捕されないまでも罪に問われてしまうと海外旅行で特定の国に入国出来なくなるなど自分自身の個人情報が汚れてしまい不自由することになります。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】kenichi731/kenichi11210

【サイトURL】
https://twitter.com/kenichi7772/
https://twitter.com/kenichi11210

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】080-9976-2231

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

更新日: 公開日:

【犯罪全文】犯罪者をだまして金をだまし取る新しい犯罪

個人融資を騙す犯罪者

闇金を騙す新しい犯罪の登場

当サイトは個人闇金詐欺や資金調達詐欺に関して情報を投稿できる掲示板を用意しております。そしてツイッターのダイレクトメール(DM)で情報提供してくれる善意のユーザーもいます。今回当サイトのツイッターアカウント(個人融資・先振詐欺の被害告知・闇金情報)宛てにある方から犯罪の可能性があるアカウントとのやり取りを記録したキャプチャーが届きました。
すでにお伝えしている犯罪の可能性が問われるアカウントと同様、本人にキャプチャーの使用許可を訊いたところ、快くOKを頂きましたので今回この記事にてそのやり取り全文を公開して危険告知と致します。

スポンサーリンク
当サイトでも初めてのケースなのでこれから流行るのか注意深く関ししていく必要があると考えています。まずはそのやり取りをご確認ください。
こちらが届けられたキャプチャーとなります。実際にはそのキャプチャーを当サイトで再度、撮影しなおしています。

あるユーザーがこの「個人融資」なるアカウントに対して融資申込の連絡をしたところダイレクトメールで下記の連絡がとどいたところからやり取りが始まります。

資金調達というなの犯罪

資金調達の説明を読むと①の段階ですでに先振詐欺の可能性がありますがそれ以前に、他人の身分証、電話番号、ネットバンクを売っている時点で違法です。

さらには知人の個人融資を行っている人物を紹介するので融資を受けて紹介料金として10%を支払うように要求しています。これは闇金が行っている紹介業詐欺と呼ばれる手口で警察では振り込め詐欺に分類される最悪の詐欺手法であり警察の重点捜査対象になります。

闇金 紹介屋

上記が初回行為を行っているやり取りになります。資金調達などではなく犯罪です。言葉のマジックに騙されてはいけません、これらの行為は純然たる犯罪行為であり相手のいいなりになって実行すれば警察から詐欺の実行犯として逮捕されることもあり得るほどに悪質な行為です。

相手は個人融資業者が暴利で貸し付けているので悪人からお金をだまし取っても被害届が出ないと主張しておりますが合法ならば本人がやればよいだけの話です。それを行わずに売買が禁止されている身分証や銀行口座、電話番号などを五万円で売りつけているのはそれが犯罪であることを理解しているからであると考えることができます。

他人名義のこうしたツールを買ってしまった時点で購入者は罪に問われます。

ここで情報提供者はその行為が「違法」であることを理解し相手に違法性の確認を行っていることが下記のやり取り③でわかります。

脅迫 恫喝

さらに違法性を問われると態度が急変し短文による矢つぎ早にまくし立てるような文章を送ってきています。これは相手が過度に感情的になったこと、相手を騙せなかったことにたいしてイライラし感情をぶつけてきていると判断できます。

態度の急変から危険を察知した情報提供者は犯罪の可能性を危惧し警察に相談するという一文を返信しています。「警察」ということばに対して相手は脅迫的な文章を返信しています。

それまでのやり取りを考慮すればこの一文は「脅迫・恐喝」行為とみなされる可能性もあるので警察に相談しツイッター社にやり取り全文を提出し今後の対応をしっかりと立てる必要があります。

情報提供者もやり取りの中で触れていますがこの新しい手法はまさにクロサギと呼べるもので犯罪者が別の犯罪者からお金を巻き上げさらに、自分たちの手は一切に汚さずお金に困っている人に犯罪行為を持ちかけているのが特徴です。

ツイッター闇金が想像を超えるほど大きな市場になっている可能性が否定出来ません。しかしながら貸金業登録を取得せず利益目的に融資行為をおこなう個人融資は違法です。金利が暴利であれば出資法違反に問われますがそれだけにとどまりません。振込用の口座がトバシ口座であれば銀行法違反となり、詐欺に該当してきます。

資金調達に至ってはそれまでの闇金が行ってきた行為そのままであることから、広告費をケチった闇金業者がサイトを持たず、ツイッターのアカウントだけで集客を行っていることがわかります。手口は携帯電話契約詐欺銀行口座だまし取り詐欺、アマゾンギフトだまし取り(これは悪質出会い系詐欺グループが発端)などです。

決して新しい手法ではなく出会えない出会い系サイト業者や闇金グループがこれまでにずっと行ってきた犯罪の手口です。

スポンサーリンク

ツイッターでお金を借りた被害者がタイで逮捕される

最後に直近で大きなニュースになった大型詐欺の摘発に関して触れておきたいと思います。これは決して場違いな話ではなく今後も個人融資や資金調達といったお金関連の相談を面識のない人にお願いすると発生する可能性があると思いますので他人事ではないとの危険喚起からこのスペースで紹介していきます。

タイのリゾート地、パタヤで日本を狙った振り込め詐欺グループの拠点が摘発された事件で、現地で拘束されていた男15人の日本への移送が24日始まり、警視庁捜査2課は航空機内で全員を詐欺容疑で逮捕した。

引用:https://mainichi.jp/articles/20190524/k00/00m/040/112000c

15人もの日本人がタイのパタヤで逮捕されまし。それまでも振り込め詐欺による逮捕はありましたが海外で15人もの日本人が一斉逮捕されるような大規模な摘発はありませんでした。それだけでに連日連夜ニュースで報道されているので知っている方も多いと思います。この犯罪で特徴的なのは、犯罪を行っていた人物が全員、借金を抱えた債務者であることです。

ツイッターなどでお金を借りたいと個人融資アカウントや資金調達アカウントに相談をした挙げ句、高額なアルバイトがあるなどと持ちかけられて結果として詐欺という犯罪行為に手を染めているのです。

今までの犯罪者はそれが犯罪であることを知って自らお金の為に行ってきているため全く同情の余地はありませんが今回のケースはお金に困った情報弱者の方が訳もわからずに犯罪に手を染めてしまっているためそれまでの犯罪とは意味合いが異なっていると考えられます。

当サイトではこの手の犯罪が今後、爆発的に増えると考えています。それはこの流れが犯罪者が自分たちの手を汚さずにお金だけだまし取ることが出来るからです。

そもそもの発端から架空人物、偽名を使い自分たちの情報をすべて隠し相手を騙して利益を得ます。その後、その被害者に対して借金を負わせることで債務者として次の犯罪に手を染めさせる誘導を行えるからです。元々お互いで個人情報のやり取りをしっかりとしていないためあやふやな情報だけでつながっている人物ですから手を切るのが簡単なのです。

それだけではなく被害者が日本全国バラバラに散らばっているため警察としても犯罪の全容をつかむことが難しいことも犯罪者にとって大きなメリットなのです。タイに集団ですまわせているのは海外で詐欺をさせることで日本の警察からの摘発を送らせることが目的であるのと同時に、被害者が疲弊して警察に駆け込むことを防止する意味合いもあると思われます。

被害者には何1つメリットはありませんが最初からスキームをしっかりと考えている犯罪者にとっては1人の人間で何度も利益をむさぼれるとてもよいシステムになってしまっているのです。

犯罪者はバカではありません。むしろ一般の人よりも知恵、知識に長けていて悪知恵が働きます。そしてしっかりとお金に結び付けてくるのです。例え犯罪だとしてお金を稼ぐということに対しては一般人よりも善悪の感情が欠落している分、上手なのです。

そうした悪質業者に騙されないために私たちが考えなければならないのは常に発生する犯罪に対して敏感になること、美味しい話には裏があると疑う癖をつけること、お金について債権者と債務者という考えだけではなくそれが犯罪であれば警察や弁護士といった有識者に意見を求める行動を起こすことなのです。

決して1人で悩まないことが犯罪に巻き込まれない方法なのです。

何かおかしいと思ったら知人、友人、家族、仕事先の同僚、上司に意見を求めることが大切なのです。

 

 

更新日: 公開日:

【やり取り全公開】個人融資名目で紹介屋の手口

個人融資をかたった紹介屋、闇金

闇金が使う紹介屋の手口がツイッターで復活

ツイッターの個人融資についてはかなり危険であることが分かってきています。テレビ等でもその危険性が指摘されています。そのような中、個人融資の手口が変化してきているようです。今回も怪しいと思われるアカウントについての情報が入ってきました。

やはり詐欺の被害に遭われる方が少しでも減ればということでやり取りのスクリーンショットを頂きました。

スポンサーリンク

今回の手口は昔から闇金がつかう「紹介屋」と呼ばれるものです。詳しくは当サイトで以前に特集記事を書いておりますので「【平成の闇金、紹介屋とは】」を参照してください。

これも立派な闇金であり違法行為です。相手がコンサルティングとかサポートと言ってきたとしてもそれはすべてまやかしの言葉です。警察では紹介業を禁止しています。警察が動くと言うことは刑事事件です。お金を払ってしまっている方は警察に被害届の提出もできるほどに悪質な事案なのです。

紹介屋

紹介屋は仲介などしていない!審査が通るのはブラックではないから

ツイッターに限らず紹介屋の手口はさも自分たちが金融について情報を持っているかのような発言して仲介すれば融資がもらえるかのようにふるまうことです。仲介ではなくコンサルティングであるなどと言ってくる場合もありますが実際には何もしていません。

言われたところに申込をして借り入れが出来たのであればそれは紹介屋の力ではなく、もとからアナタの金融情報がブラックではないということなのです。

問題なのはさも自分たちが力を貸したかのようにふるまっておき最終的に手数料を要求することにあるのです。これは違法です。具体的に何もしておらず借りたお金から手数料をもらうという行為は法律的に問題があります。これは過去に紹介屋が警察に逮捕されている事例からもわかります。

以前は融資額の3割が基本でしたが今のツイッター型の紹介屋は人を見ながら取れるお金を取る柔軟型が多いようです。ただどちらにせよ極めて違法性が強いので支払いはしないことです。

ツイッター闇金は総じて高飛車な業者が多いのが特徴です。指摘をすると逆ギレしてブロックしたりしてきます。広告費を支払っていないので美味しい客だけ相手にして面倒な客はブロックして相手にしないというスタンスだからです。黙っていればお金を借りたいというお客が無料で連絡してくるわけですからやりたい放題になるわけです。

ここが広告代理店を使って集約しているWEB系闇金との違いです。

コンサルするから融資を受けたら手数料をよこせという紹介屋の記録

対象アカウント:
sakura
@yuuha60643296

名前を変更する可能性があります。相手の手口を理解するように心がけてください。

①架空のコンサルタントを登場させて融資にたいして力を貸すかのような発言をする

コンサルタントが資金方法を提案

②まるでコンサルタントが金融機関に便宜を図るかのような発言(虚偽)

審査が通るかのような発言

③個人融資とは思えないようなメッセージが届く

ここで手口が紹介屋、現金化などに分かれる可能性がありとにかくお金にするための提案をする。相手がブラック確定と判断されると現金化、アプリギフト、携帯電話契約詐欺などに誘導されることもあると考えられる。

個人情報のヒアリング

④架空の人物に確認をするしぐさ、実際にはそのような人物は存在しない

この手続きが信用性を生んでいると考えられるが午後10時近くにわずか10分程度でレスが戻ってくることに不自然さを感じる。もし本当にいるのであればそれは商売としてこのビジネスをしているので「個人融資」にはならず、手数料を取る行為を目的とした詐欺(紹介業行為)である可能性が高くなる。

架空のコンサルティングに相談するシーン

⑤個人情報を聞き出しにかかる

このあたりはWEB闇金と全く同じ手口。文面にハッキリと紹介業であることを書いている。この行為は違法。

⑥違法性を指摘すると逆ギレし騙せないとわかると感情的な発言

違法性を指摘すると逆ギレ

⑦騙すことが出来ないとわかり感情的なメッセージを送りその直後、ブロック

逆ギレした上にウソの発言

被害に遭われてしまった方や相手から嫌がらせ行為を受けている方は匿名OKなのでその情報をこちらの掲示板までご投稿ください。当サイトで人物特定される可能性があると思った場合は情報を精査します。
闇金業者がツイッターに流れ込んでいることはかなり以前から話になっていたのですがここにきて本格的に流入がはじまったことから相談件数が爆発的に増えております。
特に当サイトのツイッターアカウントである以下のDMなどには随時、被害相談が寄せられております。

お金を払ってしまった場合の対処法

紹介業は完全な違法ですから警察に相談してください。その上で相手の連絡先電話番号や振込口座を凍結してもらうようにしましょう。被害届が受理されない場合は闇金専門の弁護士事務所や司法書士事務所に相談をして下さい。

弁護士が相手の銀行口座を凍結し中にお金が入っていればそのおかねは取り戻すことができる可能性があります。相手はやっていることが違法だと知っていますしトバシの銀行口座を使っているため凍結された口座について凍結解除の手続きは出来ません。口座が凍結された時点でその銀行口座を手放し別の新しいトバシ口座で同じ紹介行為を繰り返します。

相手が銀行口座ではなくゆうパックなどでお金を送れと指示し送ってしまっている場合は残念ながら取り戻すことはほぼ不可能です。荷受詐欺に加担している人物の家を突き止めることはできますがその人物自体も詐欺の被害者である可能性があるため悪質行為を行った人物の本丸にはたどり着けないからです。

手数料を教えてきた銀行口座に振り込めと言った場合においてお金を取り戻せる可能性があるのです。個人でどうにかできる問題ではありませんので法律のプロに相談しお願いすることが一番確実であると言えます。

無料で相談できる闇金、個人融資被害相談窓口の連絡先電話番号を下記しておきますので被害に遭われている方は連絡をしてみてください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所