=闇金融公開情報=

【金融タイプ】申し込みキャンセル/銀行口座詐欺

貴重な投稿や被害者さんからの情報提供電話によりこのサイトが行っている手口が銀行口座をだまし取るタイプの特殊詐欺であることが分かってきました。少なくとも業者の1人はサノ[(佐野)となのり携帯電話から連絡をしてきて実在する信用情報機関の話をしてキャッシュカードをだまし取ろうとしてくることがわかります。

貸金業者がまとまって作っているデータバンクは各社が金融情報を持ち寄っているだけですからその会社が審査をしたりすることはありませんし、名前が登録されるとかされないといった類の情報収集機関ではないのです。ヤミ金業者が意図的に業務内容を偽って説明しているのか、知識が無く勝手な妄想で発言しているのかはわかりませんが、少なくともキャッシュカードを送らせる発言が出た時点で違法行為であると認識していれば被害は防げます。

キャッシュカードを送ってしまった場合は速やかに対応できる法務事務所に連絡をして下さい。警察への被害相談も大切ですが、送ってしまった時点で本人過失に問われるほど危険な行為なので警察に相談してもお説教されてしまう方が多いようです。また送ったキャッシュカードが悪用されると被害者ではなく加害者として扱われる可能性がありますので犯罪グループに口座を使われる前にしっかりと対策を立てなければなりません。こうした問題は過失割合があまりにも大きいため一般の法律事務所では相談を聞いてくれても案件を敬遠して受任してもらえません。

ヤミ金問題を取り扱っている法務事務所で少ないながらも被害に対して無料相談を受けてくれるところがありますのですぐにお電話してください。止まってからでは遅いのです。

パート、主婦など女性を対象に展開を考えているサイトであると考えられます。貸金業登録番号はデタラメで抹消番号を見つけ出し勝手に記述していることから無登録サイトであると判断できます、もちろん違法です。

被害者さんからの情報提供によると融資をするためにいくつか条件を提示されクリアすれば独自審査として融資しますと持ちかけてくるようですが実際に融資されることは無く連絡が取れなくなるといった事態になるようです。

こうした手口は特殊詐欺に分類される詐欺行為で現在の闇金サイトの主流手口であると言えます。被害に遭ってしまうと金銭的な被害以外にも個人情報が汚れてしまい携帯電話が契約出来なくなる可能性や銀行口座が持てなくなる可能性があります。

業者の要求にこたえてしまっている場合は警察に被害相談をすることと併せて法的な対策も視野に入れておく必要があると当サイトでは考えます。ヤミ金被害による実害問題について無料相談を開設している事務所で今後についてレクチャーをうけることが大切です

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

ご融資可能パート・主婦・無職年金生活者の方

【サイト名】SAKURAファイナンス/サクラファイナンス

【記載住所】東京都渋谷区広尾3-5-4-7階

【貸金業番号】東京都知事(3)第35288号

【電話番号】090-4833-5802

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル