┃最終更新日:

JAPANローンは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺
新しく登場した金融サイトに対して早くも被害相談が入り始めているので情報を精査して調べてみました。デザイン等は過去に多くのヤミ金グループが使っていたものを色とテキスト原稿、サイト名を変えているように思えます。

そこで会社概要らしき箇所に記載されている住所と貸金業登録番号を調べました。登録番号はすでに抹消されているか取り消しされており東京都が許可を出していない番号であることがわかりました。

さらに所在地は存在しておらずビル名の記載もないことから内容証明郵便を送っても届くことがありません。

総合的に判断するとまぎれもなく闇金で間違いありません。違法な金融サイトです。申込をしてしまうと後々、社会生活にまで影響が出る可能性がありますので気を付けてください。

申し込みフォームを確認すると、無職や年金受給者、生活保護者にも融資を行っているかのような記載がトップにありますが被害者からの相談によるとそのような事実はないとのことでした。

番号認可を受けていないサイトですからそもそも融資する権利も無いわけですからこのようなサイトで週伽気している時点で出資法もしくは詐欺罪に抵触する可能性があります。

申込をしてしまっている場合は早期解決を考えなければなりません。時間が解決するの待つほど業者はやさしくありません。キャンセルをすればキャンセル費を要求したり実行費用をせがんできます。

電話を無視していると勤務先にいきなり電話をかけてきて罵詈雑言を発してくることも業者のマニュアルに書かれている事実なのです。

被害解決には警察への迅速な相談と法律事務所への無料相談が好ましいと考えます。確かに自分で解決することはできますが時間がかかり、その間、毎日のように闇金から電話がかかり会社をクビになってしまう可能性があるのです。

したがってこうした闇金問題は早期解決が絶対条件であり、そのために法律事務所の力を借りることは大きなアドバンテージを持つことになるのです。

気をつけていただきたいのは法律事務所を選択する場合は、闇金問題に精通している事務所でなければならないと言うことです。見極め方は専門的な事務所は無料相談ダイヤルを設置しており、専門スタッフが状況を伺ってくれます。無料相談ダイヤルが無い場合は専門ではないかもしれないと考えてください。

費用面について不安になる方も多いのでこの場で説明すると、闇金問題を専門的に取り扱っている事務所は概ね、1件あたり5万円以下が相場です。分割できるところが大抵ですから、お金に悩まずに介入してもらう方が結果的に安く済むのです。

スポンサーリンク

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

自社審査だから安心!確実!現状借入れ困難な方のため審査基準大幅改定!

【サイト名】JAPANローン/ジャパンローン

【記載住所】東京都中央区銀座8-23-32-4階

【貸金業番号】東京都知事(4)第02238号

【電話番号】

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル