┃最終更新日:

CHUOUファイナンスは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺
ブラックでも融資や債務整理融資などの単語で検索して出てきた金融サイト紹介サイトにリンクがありました。会社概要はなくトップページの下部に所在地と商号、登録番号が記載されていたので調べてみました。貸金業番号はデタラメで登録実態がありませんので無登録で営業している悪徳金融と断定出来ます。

所在地については該当する住所が存在しておらず業者の存在がそこにないことを立証しています。さらに株式会社と表記されておりますが存在しない住所で登記はできませんのでこれも虚偽であることがわかります。総合すると書かれている情報がすべてデタラメであり存在があやふやな金融ということになります、違法ですから闇金と断定出来ます。

スポンサーリンク

違法金融ですから書かれている融資詳細においても信憑性は無くこの条件での融資は行っていないとかんがえなければなりません。そもそも融資自体を行っていない可能性が高いため注意が必要です。申し込み前の方はこのサイトが東京都に金融業の許可を出さず所在地もあやふやで株式会社登記していないにも関わらず株式会社を名乗っている点を考慮して判断をしてください。

申込をしてしまっている方には確認事項があります。このサイトは勤務先名を必須としておりますから会社を記入しているかと思います。お勤めの会社は会社名と都道府県を入力するとインターネットで検索出来るのでしょうか?もし会社がホームページを持っているのならば100%の確率で業者は被害者さんの会社を割り出してきます。たとえ電話番号を教えていなくても突然電話が掛かってきます。

申し込み後に電話がかかり勤務先電話番号等を伝えている場合も同様です。

申込をして相手とやり取りをしている方はすでに被害が発生しているものとして対応する必要があります。不意なキャンセルはキャンセル費の請求につながる可能性がありますし、電話を無視していると会社にいきなり電話をかけてきて恫喝するような発言をしてくるようになります。

また信用情報機関の話をしそのままでは融資が出来ないが携帯電話を買うことで履歴がクリアされる、更新されるので融資が可能になるとか、預け入れ融資という独自の方法で融資をしているからキャッシュカードを送ってもらいたいと言われた場合も同様に詐欺ですから決して相手の言いなりにならないでください。

沈黙しても電話に出なくても、キャンセルを伝えても今の業者は応対話法を確立しているので逃がしてくれません。対応方法としては警察に相談をすること、そして早期解決を望むのであれば法律事務所の介入も視野に入れることが大切です。

闇金問題を扱っている法律事務所は総じて無料相談窓口を持っておりますので電話をかけて現況を報告ししかるべきアドバイスをもらうことが大切です。介入するか否かはその電話などでしっかりとサポートしてもらえますので気がね無く電話することが大切なのです。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

低収入があれば誰でもご融資可能です。2.9%~の低金利

【サイト名】CHUOUファイナンス株式会社

【記載住所】東京都豊島区東池袋3-25-27-3階

【貸金業番号】東京都知事(2)第07483号

【電話番号】

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います。