カテゴリー: ツイッター闇金

【猛威・被害甚大】個人融資、通称ツイッター闇金に気をつけろ

個人融資、通称ツイッター闇金に気をつけろ

TwitterとLine@を使った闇金の被害者多数

WEB闇金が下火になり新しい集客方法としてツイッターとLINE@をつかった新闇金が登場しているとは訊いていましたが実際にかなりの猛威となっていることが分かってきたので危険である旨を告知しておくべき記事おこしをしてみました。
現在でも特殊詐欺グループである携帯電話契約詐欺や銀行のキャッシュカードだまし取り詐欺はWEBを使って集客を行っております。

しかしながらこれら特殊詐欺と別のグループであるソフト闇金や高利貸を中心とした個人闇金グループの動きが少し変わってきました。それまでのWEBサイトや迷惑メールでの宣伝からツイッターとLINE@を使っての宣伝に変化してきたのです。困ったことにこの新しい宣伝スタイルが若いユーザーからの借入につながってしまっており被害が雪だるま式に膨らんでいることが分かってきました。

そこで今回は「個人闇金」もしくは「個人間融資」と呼称される新しい手口のソフト闇金について危険告知と個人融資の罠について書いてまいります。

スポンサーリンク

ツイッターでほぼ100%闇金の危険なハッシュタグ

お金に困った人が闇金に手を出すことは以前からありました。しかしココに来て闇金と名のらないサイレント闇金が登場し猛威をふるっています。これらのサイレント闇金は自分たちを単なる個人でちょっとした利息をもらえればお金を貸しますと言い副業であるかのようなスタンスで迫ってきます。

しかし実態は頭の先からつま先まで闇金業者です。

トバシの携帯電話を使って100以上のツイッターアカウントを作り毎日、同じようなハッシュタグに同じメッセージを投稿しているのです。これらををツイッター闇金と呼びます。社会的な問題になるまでもうそれほど時間が無いと思われます。すでにマスコミもこのSNS闇金の存在には気づいており当サイトのツイッターアカウントに取材の依頼が入ったほどです。

そこで私たちは個人融資、個人間融資の実態について調べました。まずはこうした個人闇金が投稿を続けているハッシュタグの解析に着手しました。これはすぐに分かってきました。なぜなら同じ名義人であろうアカウントが複数ありすべてが同じハッシュタグを使っているからです。それを下記します。

闇金が潜む危険なハッシュタグの一覧

これまでに当サイトで把握できた危険なハッシュタグの一覧です。これ意外にもあるとおもいますので気付いた方は下記の投稿もしくは専用の掲示板までご連絡ください。当サイトへの投稿はすべて秘密厳守、匿名OKとなっております。

#個人融資
#個人間融資
#お金貸します
#お金欲しい
#お金借りたい
#お金貸して
#融資案件
#借金
#金欠
#主婦
#ブラック
#大学生
#生活費
#おまとめローン
#対面
#小額融資
#風俗
#月1回払い
#レンタル
#スピード審査
#約束厳守
#闇金
#ソフト闇金

こうしたハッシュタグとくにお金に関するハッシュタグは全て闇金業者が自分たちで作っているツイッターアカウントになりますから気を付けてください。参考までにどのようなアカウントがあるか画像を貼りつけておきます。

スポンサーリンク

・アドレスをそのまま貼りつけているタイプ

ツイッターにGメールアドレスをつけている闇金 ツイッターにYahooアドレスをつけている闇金

Gmailアドレスがそのまま貼りつけてあります。やっていることはソフト闇金などと変わらず1週間で3割から4割の利息+手数料として3000円をひくなどソフト闇金と代わらないです。そもそも個人融資など存在しません。利息を目的としている個人のお金の貸し付けは貸金業登録を取得しビジネスとして行わなければならないのです。

・DM型で完全に身分を隠しているタイプ

ツイッターのDMに連絡をよこせという闇金

個人的に融資をしていると言っている割には専門用語や他の闇金アカウントと同じような言葉回しをしていることに違和感がある。実態はソフト闇金である。高利貸を目的としていますから借りてしまうと返済できなくなり警察に駆け込んでも積極的に話を訊いてくれない場合もあります。なぜなら個人融資などという言葉やビジネスは存在せず犯罪の温床であると知っていながら犯罪者からお金を借りて犯罪に協力したのはアナタと言うことになるからです。

DMでのやり取りでは相手の実態が全く分からず警察に駆け込んでも相手を特定することはほぼ出来ないと言われることもあります。

ちなみに「先振込み」とは先にいくらかお金を振り込めば融資するという意味で融資保証詐欺が積極的に行っていた違法手口の変化形です。

融資保証詐欺はオレオレ詐欺の分派でもっとも警察が摘発を狙っている犯罪の1つです。そのような犯罪にどのような理由があるにせよ付き合いをして相手の利益になることに協力をすれば犯罪ほう助に問われます。これは驚かしているのではなく本当にそのようになります。

事実、闇金業者にキャッシュカードを送ってしまった被害者は警察に逮捕された経緯があります。犯罪資金防止法違反だからです。高利貸においても犯罪者と分かっていてお金を借りているのであれば犯罪協力になりますから同様に逮捕される可能性があることを理解しなければなりません。

・女性を語った個人融資

ツイッターに女性とウソをついて発言している闇金

これも最近多くなっているタイプです。女性というだけで何か甘いとか簡単に借りられる、何かあったら逃げられるなどと考えている方が多いようですが実際に動いているのは屈強の闇金業者です。プレイヤーと呼ばれる闇金の男性担当者が後ろで手ぐすね引いて被害者を生みだしているのです。

他にもLINE@に誘導してそこでやり取りをするタイプの個人融資もありますが実態はソフト闇金となんら変わりませんでした。

こうした新しい宣伝窓口を持った闇金業者はそれまでの情報弱者ではなく大学生やSNSを使いこなしている若者をターゲットにしています。

「なんとかなる」

と勘違いしたSNS世代、ネットの闇金業者対策などを読んで闇金が甘い存在だとか、いざとなったら警察が助けてくれるなどと軽く考えた結果、引き返せない被害に遭ってしまっているのです。ソフト闇金や闇金業者はそれまでにもたくさんの被害者を生みだし、完璧なマニュアルを作って被害者を追い詰めてきているのです。何よりもお金に対して貪欲な彼らがそんな抜け道を用意することなどあり得ないのです。

入口がツイッターという誰でも簡単に匿名で居場所もばれない秘密性の強いSNSだからこそ犯罪者が利用しないはずはないのです。自分はその辺は理解している、とか、自己責任で何とかするので大丈夫です、などと言っている人に限ってすぐに警察に駆け込み自己責任の重さを知ることになるのです。

SNS闇金には近づかない、触らない

ハッキリと断言します。

個人融資でお金を貸す等と言っているアカウントは100%闇金であり闇金業者のアカウントです。

やっていることは闇金行為であり特殊詐欺行為でしか無いのです。自分は大丈夫とか相手はとても真摯に対応してくれているのでその人だけは違うと思って騙されてしまう人ばかりなのです。どうしても信じられないというのであれば相手に下記を質問してみてください。

住所、電話番号、本名、貸金業登録番号

特に最初に訊くのであれば、

「個人融資はプライベートであっても貸金業登録番号が必要なのでアナタの持っている貸金業番号を教えてください。」

と質問して下さい。それで言い訳をして貸金業登録番号を教えてこなければその時点で闇金です。

また本名等はいくらでも詐称出来ますので本名と併せて免許証や保険証の写メを送ってもらうように質問をします。それで写メが届くのであれば信用するのではなくそのやり取りをもって警察に相談してください。警察から闇金の可能性があるからこれ以上かかわるなと言われるでしょう。

電話番号を知り得たと喜んで連絡してくる相談者もいましたがあまり参考にはならないかもしれません。例えばライン@でやり取りをしていると相手はライン電話で連絡してきますがこれは特殊性が強く本人特定には至りません。そもそもトバシの携帯電話で犯罪行為を行うためのアカウントを作ってますから本人とは異なり実質的な犯罪者のあぶり出しにはならないのです。

トバシの携帯電話の番号を教えられてしまっては意味がありません、おそらくほとんどの闇金はトバシの電話番号を教えてきますから意味がないのです。

闇金がWEBサイトなど広告代理店が介入する宣伝方法を使うのであれば警察も広告代理店から駆け上がることが出来るかもしれません。しかしトバシの携帯電話で自分たちでアカウントを乱発してツイッター上で特定のハッシュタグで宣伝してしまえば犯人特定は難しくなってしまうのです。

それを犯罪者も理解していますから徹底した追い込みをかけてきます。これがSNS闇金で一番厄介な点なのです。
WEB闇金よりもハードな追い込みにほとんどの人は参ってしまいます。

自分たちが絶対に安全なポジションで仕事が出来るとなれば徹底的に相手を追い込み、脅迫し金を搾り取るのがSNS闇金の本質なのです。

アナタは自分が犯罪者になる可能性があり徹底的に追い込まれることがわかっているSNS闇金からそれでも借りますか?

すでに個人闇金で被害に遭っていたり、被害に合いそうだと思っている方は個人融資専門の掲示板を作りましたのでこちらをご確認ください。

【危険】個人間融資の掲示板について