カテゴリー: 闇金解決相談員NEWS

【平成の闇金、ハウス業者】

闇金解決相談員です。今回はハウス業者についてです。

ハウス業者はなぜでてきたの?

私はハウス業者が闇金の実質的な管理者であると思っております。

彼らは初期の雑誌やティッシュ配布を中心とした広告をおこなっていた世代で第一世代とか第二世代と呼ばれ、今では50代後半になっている人たちが中心であると言われております。

 

こうした世代で頭の良い人たちは、かなり早い段階で組織作りを行っておりました。

まず、彼ら自体が現場と呼ばれる闇金の事務所に出入りしなくなり、ナンバー2と呼ばれる現場を取り仕切れるような古株を店長にして現場を任せます。

店長制度の導入

売上報告などは時間単位のところもあったりとかなり厳しく統制されていたようです。

スポンサーリンク

次に、現場を複数つくって1現場当たりの人数を多くしないように複雑化させます。

これは闇金に対して警察の取り締まりが厳しくなることを想定した対応で違法スレスレや違法と認識した商売をする場合、こうしたやり方をするのが闇の世界の常套手段のようです。

 現場の分散化

 

自分の存在が現場に無い状態を作りあげるといよいよハウス業者の登場です。

まず、宣伝するためのサイトを作ってくれるウェブサイト制作会社にサイトの発注をします。この時に手数料を上乗せして利益としますがこれ自体は仲介手数料ですから企業として問題に無いという考え方です。

 

出来上がったサイトを広告代理店に連絡して人が入るように宣伝してもらいます。この際も広告仲介手数料を取りますが、やはり仲介手数料ですから企業として問題ないという考え方です。

 

どの広告が当たり広告なのかがわからない場合は、それぞれの現場に別々の広告を仲介することで細かなデータを採取し、どうやって宣伝すれば人が入るか、どういう宣伝方法であればお金になる申込者がくるのかといったこまかな作業をするのがハウス業者です。

 

こうしたハウス業者が出てきたことで闇金業界は複雑化していくことになり、問題が表面化しずらくなったことが挙げられます。

また徐々に浸透してきてきたアフィリエイト広告なる宣伝技法をうまく取り入れたことにより宣伝効果は爆発しました。

 

しかし、それは同時に、

 

より多くの被害者を生みだす

 

ことでもあるです。

 

さて結論として、なぜハウス業者ができたのか?ということですが、私自身はこう考えております。

 

逮捕されるリスクの軽減

 

すべてはそこに集約されるのではないかと思っております。

先ほども書きましたが、広告やサイトの仲介手数料をもらって仕事をするという行為は法律に違反していないだろう!という理屈です。現実問題としては片棒を担いでるわけですからそんなに簡単な話ではないと思いますが、それでも理屈としては通りそうです。

人並み以上のお金を稼ぎ出したので、お金については執着はしていないが引退するには早すぎるが逮捕されるリスクは減らしたいといった年齢の方々が考え出し、こういう動きになったのだろうと予測します。

 

今もハウス業者はあるの?

ハウスを面と向かって名乗る会社は1つも無いと思われます。しかし、それに近い業態の会社は存在しているのではないでしょうか。

今の闇金は第3世代とも第4世代とも言われているらしいのですが、どこが区切りなのかはまったくわかりませんし、構成なども複雑化してパターンが読みづらくなっております。

 

なぜか?

それは、当時猛威をふるっていたオレオレ詐欺(後の、振込め詐欺)と併せて闇金の新手法である融資保証詐欺が登場し、警察が保証金詐欺を振込め詐欺の分派として認識したことに関係があると言えるでしょう。

この変化はいまの最新型の闇金に通じる最新系だと思われます。

 次回はこの変化について書きたいと思います。

【平成の闇金、紹介屋とは】

闇金解決相談員です。

前回は昭和の闇金について書かせていただきました。

今回は平成、つまり今の現実について書きます。

今の闇金は電話で被害を生み出す

 今の闇金は昔の業者のようにピンポン鳴らして家に来たり、会社に押しかけたりすることはありません。

そんなことをすればその場で警察を呼ばれてしまうからです。

 

捕まれば長期の刑期になる可能性があり、リスクが高く、割にも合わないので昭和テイストなやり方はすたれてしまいました。

そのかわりに登場したアイテムが

 

電話

この便利なアイテムを使いこなすことで、まさに変幻自在に悪質行為を行いはじめたのです。おどくことにこのころの業者は固定電話で営業をかけていたのです。

事務所もあって、そこへ出社するという今では考えられないような時代だったのです。

 

そしてもう1つが、

 

インターネット

IT革命などと呼ばれ、ネットビジネスは個人でも簡単に広告収益がもらえる魔法のツールとして爆発的に広まっていきました。鼻のきく人たちはこぞって自分たちのホームページを作って広告バナーを貼り付けて収益をあげておりました。

ネット長者などと呼ばれるようになるのはもっと後の事です。

 

そして私はその時、もっとも恩恵を受けた業界が2つあると思っています。

その2つとは、

 

アダルト業者と闇金業者

です。

それまで彼らは集客と言えば雑誌かティッシュ配布などしかなく、ポストにDMを投函したりするしかなかったと記憶しております。

そこへ、ネットという新しい媒体が登場し、こぞって広告費を投下しました。

スポンサーリンク

業者自体が気づいていたのかは分かりませんが、結果的にネット広告を普及させるスターターになったことは間違いありません。

 

事実、当時の広告代理店はどこもかしこも、アダルト広告、出会い系広告、金融広告などを当たり前のように取扱いしておりました。

今では有名なあの会社だって、最初のころは・・・という時代だったのです。

 

そういた背景をもとに新興の闇金業者が台頭してきたのはもう15年以上前だと思います。

ホームページを作ってネットで集客する方を中心にした新興系業者はおもに以下の手口をつかっておりました。

 

紹介業

 

紹介業とは、相談者が申し込みをすると、

「ウチでは融資出来ないが知っているところに口利きすることはできる。

ただ、そこの店長と私たちの関係だから特別にあなたに融資できるという話なので、融資をうけた際には謝礼金として融資額の3割をこちらに支払ってもらいたい。」

このように持ちかけ、最寄りのキャッシング会社に行かせて審査を受けさせるというものでした。

 

実際に、闇金との付き合いがあったのか?

これには諸説あるようですが、大抵の場合はキャッシング会社の店長と面識などはなく、申込者を行かせてみて借りられればラッキーといったようなカラクリとしては簡単なものだったようです。キャッシング会社は紹介屋と接点を持つことを嫌っていたので、店長とヤミキンが関係を持つという構図は一般的ではなかったようです。

 

折りしもこの時代、姫様をキャラしたCMやかわいいワンコのCMや不思議なダンスを踊っていたCMなど女性にも受け入れられるようなファッショナブルなCMを打ち出すことでそれまでの、

 

サラキン

というイメージを払しょくし、新規顧客層の開拓を行いたいキャッシング会社側と、自分たちで広告費を支払って集客した客を無駄にすることなく、キャッシング会社に流し込み売上にしようとした紹介屋の動きがが一致し、消費者金融業界全体が空前のバブルになったことも紹介業が爆発的にはやった理由の1つと言えます。

 

しかし、増えすぎた紹介業者はお互いで喰い争いになってしまい、生き残るため大きなグループに属すようになっていきます。

このころから闇金はグループを作るようになってきたと言われます。

 

複雑化してきた闇金組織

紹介業でこの世を謳歌していた闇金組織ですが、時代の流れと共にその手法が問題になってくるようになったり、ライバルが増えすぎてパイの取り合いになってくると、組織に新しい位置づけの存在が登場し始めました。

それがハウスと呼ばれる広告をまとめて扱う業者です。

 

ハウス業者とは広告代理店と闇金業者の間に入って手数料ビジネスで儲ける会社で、元闇金店長や元広告代理店と組んだ闇金オーナーなどが作っている組織でした。

 

ハウスの役割はこうです。

————————————————

闇金業者は横のつながりが無い、でもいい広告が欲しい

ハウス業者が仲介!

広告代理店はクライアントが欲しい、でも荒っぽい業者とお金でもめたくない

————————————————

業者のジレンマと広告代理店のジレンマ、そのどちらもハウス業者が介入することで、業界全体の売り上げが底上げされてみんなハッピーという図式です。

 

ではハウス業者はなぜでてきたの?

についてですが、長くなってしまったのでページを改めて書きたいと思います。

【昭和の闇金、取立行為と高利貸し】

解決相談員です。相談員として感じるところがあるのでそれを書いてみたいと思います。

 

私が気になっているのは、世間でいう闇金と相談を頂いた方から受ける闇金業者との間に大きなイメージのギャップがあると言うことなのです。

理由は漫画とか映画の影響が大きいと思います。

たしかにあのマンガに書かれていることはとてもリアルで現実にも起こりえることだとは思います。

しかし、それは闇金という大きなパイで考えたときに少数派だと思うのです。

皆さんは闇金というと何を想像しますか?

 

家のドアをガンガンたたいて、

「金返せゴラァ!」

ってのを想像しますか?

 

それとも、ガラスが反射して瞳が見えないようなメガネをした、髭の生えてる20代半ばのニイチャンが家にきて、

「今日返済日だろ?」

ってドアの隙間に足をねじ込まれてお説教されているのを想像しますか?

 

私が言えるのはどちらも今では一般的ではないと言うことなのです。

 

昭和の闇金融は家まで来て「返せコノヤロー!」を連発したり、会社まで乗り込んできて、「金を返すまで帰らない」と言っていたようです。

 

しかし、今は昭和が終わってから25年も経過してます。

その間、違法行為の線引きがとても厳しくなってるのです。

したがって、昭和ではOKだった事も、このご時世では違法行為になっていることがたくさんあります。

 

その中の1つが

 取立行為

 

今の法律では、取立行為は厳しく制限されていて、夜の●時以降は催促電話をしてはいけないといったことなどがきめられているのです。

また、非合法組織の名前を出して何かを要求するような行為も違法になってしまう可能性が高いのです。

スポンサーリンク

脅迫行為や恐喝行為は立派な犯罪で、闇金行為も出資法と言う法律に違反するといったケースから、悪質になってくると詐欺として扱われるようになってきたのです。

 

これはどういうことを意味しているのでしょうか?

 

平成は昭和に比べて闇金業者が警察に逮捕されるリスクが格段に高いということなのです。

 

「オイ!コラ!家行くぞ!」

 

は今や犯罪なのです。

 そして、もう1つ昭和闇金を象徴するのが

 

高利貸し

 

です。

トイチとか、闇金だから利息が高くて返済がツライという表現を見かけますがこれはまさに昭和ヤミキンの手口です。

この高利貸しは法律の改正に伴い減少傾向になりましたが、言葉を替えていまでも使われている手口です。

しかし、現代版の高利貸しは見え方は高利貸しでもやってることは全く異なっており、言葉も押し貸しという詐欺の位置づけになっております。

 

おそらく、私が思うに世間で言う闇金のイメージはここで止まってしまってると言えるのではないでしょうか?

 

闇金=オイコラ家行くぞ+高利貸し

 

これは昭和の方程式です。

漫画・映画と現実の一番のギャップがココなのです。

 

時代を読むのが長けている闇金業者は今はこのようなやり方はしておりません。

もしそんな業者がいるとしてもそれは多数派ではなく特定少数をターゲットにしたニッチな業者だと言えます。

 

では今の闇金はどんな手口をつかってるのか?

についてですが、長くなってしまったのでページを改めて書きたいと思います。

※2017年現在、ソフト闇金などと名前をかえてはおりますが昭和型の高利貸がまた猛威をふるってきております。激しい取り立て電話は会社や緊急連絡先と言われ教えてしまった親族、友人、上司などにも及んでおり到底看過できないような有り様です。

業者から連絡が来ている方は一刻も早く関係を断ち切るためにすべきことを最短で行う必要があります。状況を知り何をすべきかについては無料相談をご活用ください。

無料相談ダイヤル:ウイズユー司法書士事務所

闇金解決相談員NEWSとは

闇金解決相談員が日々の活動の中で知り得た情報、実体験などを細かく書いていくコラム型のNEWSである。

時には闇金の本質、時には関連した話など内容は書き手により異なってくるとは思うが骨子である闇金にはかならず関係のあるトピックにはなるようにします。

 

聞きたい事などがある場合はこちら、もしくはそれぞれのトピックのコメント欄まで

「闇金」という言葉が一人歩きをしているように思える。

 

当サイトに掲載されている記事や闇金リストについて

闇金解決相談から表題の件について

 

当サイトに記載されている記事、文章、闇金リストは全て当サイト、スタッフが収集し闇金被害者にとって有益であると判断し掲載しているものであります。

闇金リストについては相談者さんから頂いた貴重な情報を加筆して告知しております。したがって、闇金サイトを見ただけではわからない情報なども数多く含まれておりますが表面上では区別出来ないように加筆しております。これは当サイトが収集した他では掲載されていない情報を勝手に流用することを避けるための措置である事をご理解ください。当サイトでは加筆された箇所がすぐにわかるよう情報を区別化しております。これにより当サイトの許可なしに当コンテンツをコピーしたか否かを判別することが可能になっております。

アフィリエイト収益や広告宣伝費目的でデータを勝手に使用しているサイトを見かけますが当サイトの情報を使用する場合は必ず事前に許可を得るか、「引用」としてオリジナルコンテンツである当サイトへのリンクをお願いします。

許可申請はこのページのコメント欄までご連絡をお願いします。当サイトで許可をせずに勝手に使用したことが分かりましたら、法的な措置も検討した対応に入ることをご理解願います。

 

 

 

1 7 8 9