カテゴリー: 闇金紹介サイト

プラチナプランは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
昨日、危険であると告知したサイトと同様の一括申し込みサイトです。システムが同じなことから同じ会社が運営している可能性が示唆されます。ドメインはやはり管理会社留めになっており弁護士を介入させて開示要求しなければその先へはたどり着けないようになっておりました。

さてこのサイトで問題なのは企業概要が一切なく、どこのだれが運営しているのかがわからないこと、そして個人情報の連絡先です。相談者さんからの報告では先の相互サービスと同様におおよそまともとは言えないような業者や自分たちの業者名すらも聞き取りにくいように早口でしゃべる業者ばかりから連絡が来るようです。

貸金業登録番号を取得していないような業者ならばそれは違法であり犯罪です。そのような人物に個人情報を売ってしまっているとしたら残念ながらこのサイトの管理者も犯罪に対して加担した人物となるでしょう。

仮に知らなかったとしても、こうした闇金に対して危険告知をしているブログなどで取り上げられた時点で調べる義務はあると考えます。利用規約にはまるで自分たちは悪くないかのような責任免除をうたった記述がありますが刑事罰に処される可能性もあるこうした行為は一筆かいてあるくらいでどうにかなるものではありません。

ご利用者と金融業者との間に生じる直接又は、間接的損害に関し当サイトは一切責任を負わないものとさせて頂きます。

ある程度の過失は申し込みをした本人にも発生してくることは否めないとしても、あきらかに犯罪であると知った上で情報を利益目的で転売していたのであればこのサイト管理者にも責任は発生してきますので責任を負わないなどということはありません。それを判断するのは裁判所というところまで発展する可能性のある話なのです。

さらに問題なのはこのサイトは一括申し込みで1人の個人情報を複数転売して利益を上げていると判断されるサイトにもかかわらずまるで自社で審査をしているかのような記述があることです。金融の審査については貸金業登録を行っている業者が行うことでありこの業者がその番号を持っているのであれば開示しなければなりません。開示していないと言うことは番号をもっていないかもしくは、特商法違反ということになります。

お金が必要な方が、消費者金融業者へ申込む前にご融資可能な業者があるかどうかを事前に審査するサイトです。 

トップページに書かれているこの記述が何よりの証拠になります。しかも大切な箇所は赤い文字で強調されていることからスタッフが間違って書いた等ということも通用しないでしょう。魚拓しておくことが大切です。

誇大表現により勘違いをして申し込みをしてしまった結果、怪しげなサイトから連絡が入ってしまっている方は直ぐに警察まで被害相談をおこなってください。生活安全課という部署がこうした問題について取扱いをしております。

それでも埒があかないと思われた場合は法律事務所が被害者向けに行っている無料相談ダイヤルまでお電話することをお勧めします。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

銀行や大手金融業者、親兄弟に頼れないそんなお困りの方に当サイトでは、あなたにピッタリの金融業者をご紹介

【サイト名】PlatinumPlan/プラチナプラン

【サイトURL】http://plarinumc.com/?guid=ON&AF=**************

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

マネークリニックは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
やはり先の危険告知したサイトと同じくドメインは管理会社留めになっており詳細を伺い知ることはできませんでした。

個人情報の保護について方針が記述されておりますが読んでみると本人の同意なくして個人情報を第三者に提供することは無いと記載されておりました。しかし同意を取るチェックボックスも無ければそのような記述についてもありません。いったいどのようにして同意を取っているのでしょうか?

また法令については関係省庁ガイドラインに沿うとありますが情報の転売先がヤミ金業者や特殊詐欺業者だあれば当然ながらガイドラインに違反するわけです。そのようなところまでしっかりと確認を取ってから営業しているのでしょうか?

個人情報を転売し利益を上げているサイトであればサイト上に会社概要なりを記載しなければなりませんがそのようなページは存在しておらずこの点だけを考えても法律に違反している可能性があります。さらに、勘違いを誘発するような記述も同様に誇大表現とみなされます。

個人情報はかなり細かく記載することになっておりますので一度、こうしたサイトに出してしまった情報はどこまでも転売される可能性があります。闇金に限らず、悪質な出会い系業者、競馬予想、ロト6等の業者にまで転売される可能性があります。

おかしな電話がかかってきたらすぐに警察に相談をしてください。それが解決の早道になるのです。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

審査項目を入力して頂くだけで、あなたにマッチした業者を事前審査するサイトです

【サイト名】マネークリニック

【サイトURL】http://okanesodan.com/?guid=ON&AF=******

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

フクトク相互サービスは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
ドメイン情報は管理会社宛てになっており業者を特定する材料にはなりませんでした。相互サービスという保険会社が使うようなことばまわしで安心感を演出しているようですが相談者さんからの報告ではおよそまっとうではない金融サイトにも個人情報を流しているようです。

担当者鳴る人物から融資の枠がどうのこうのといった電話がなることは事実のようですが貸金業番号を訪ねるとごまかしたり態度が変わったりして最終的に教えないような業者や、おまえだれ?といったような攻撃的な発言をする業者などにも個人情報を転売しているようです。

問題なのはこの業者が広告収益目的で知り得た個人情報を犯罪グループと分かって転売している場合、詐欺のほう助になってくる可能性があると言うことです。仮に知らなかったとしても継続的に販売を行っていればそれはやはり問題になってくると思われます。

こうした比較サイト、情報の転売サイトは個人情報保護の点からいえば保管体制などについて報告する義務があります。また、利用規約には現代では通らないような記述が当たり前のように記載されておりましたので抜粋致します。

コンテンツ及び、ページ内での情報のご利用はご利用者ご自身の判断により行って頂くものとさせて頂きます。
サイト内の情報はその正確性に万全を期すよう努力しておりますが、その内容を保証するものではありません。
ご利用者と金融業者との間に生じる直接又は、間接的損害に関し当サイトは一切責任を負わないものとさせて頂きます。
当サイトでのサービス及び、コンテンツは、ご利用者に予告なく変更又は、中止される場合がございます。 

自分たちで金融業者を紹介するサイトであると言っておきながらその相手先のことについては知りません、というのは管理責任の点から考慮すればおおよそ通る話しではありません。仮に広告費用を受け取っての運営であれば仲介者の位置づけになりますから知らぬ存ぜぬは通じないのです。闇金業者から広告代理店を経て自分たちのサイトで集まった閲覧者の個人情報を転売しているとなれば刑事事件の捜査対象になり得ます。

申し込みをした後に明らかに闇金もしくはそれに該当するような可能性があるとおもったらすぐに警察に連絡をしてしかるべき対応について協議してください。それでも相手がひかない場合は弁護士事務所が行っている被害者向けの無料相談ダイヤルに連絡をすることが解決への糸口になります。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

すぐにお金が必要な方ピッタリの店舗がきっと見つかる!!

【サイト名】フクトク相互サービス

【サイトURL】http://fuku-toku.com/?guid=ON&AF**********

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

プレミアキャッシュは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
同じ名前の別サイトが存在しますがどちらも違法な金融サイトを宣伝するためにつくられたアフィリエイトサイトでした。このサイトが違法金融と知りながら宣伝をしているのであれば犯罪を手助けしているとしてほう助罪に問われる可能性があります。

また申込フォームの情報を閲覧しているのであれば個人情報の観点からも問題があると言わざるを得ません。利用規約にはこのサイトが内容を保証しないなど無責任なことが当たり前のように記載されておりますが闇金を紹介していることが立証されてくるとその規約自体にもメスが入る可能性が出てきます。

「2.本サービスが提供する情報は正確性に万全を期すよう努力しておりますが、その内容を保証するものではありません。」

「2.ユーザと金融業者とのトラブルが生じても、当社の責任は問われないものとさせていただきます。」

「3.当社は本サービスに加盟する消費者金融業者の詳細情報についてお答えすることはできません。」

最後の3については広告先の情報を持っていたとしてもそれについては教えませんと解釈するならばこのサイト運営者は少なくとも広告宣伝している先がどのようなところなのかを知っていると考えることができます。

また会社概要等が存在せず連絡先にはメールアドレスのみが記載されておりました。これではこの業者がどこで営業しているのか、どのような企業なのかを知るすべがありません。問題のあるサイトを宣伝していたとしてその責任の一端はこのサイトにもあると主張したくてもそのままでは出来ません。

そこでこのサイトから申込をしてヤミ金から電話があった場合は、まず警察でこのサイトについて話をすることが必要になります。警察が刑事罰に問える可能性がると判断したり緊急性があると判断するとサーバ会社に連絡をして被害が拡散することを防いでくれる場合があります。その際、サーバ会社からこの業者の詳細を取り寄せることもあるわけでです。

もちろんこうしたアフィリエイト業者もそうなることを熟知しているためまともな情報で登録はしてきませんがIPアドレス、端末情報等は記録されていますから居場所の特定はできる可能性があるということです。

まるで自分たちが金融会社かのようにみせるサイトの作り方も景品法により禁止されておりこのサイトは法律に抵触する可能性があります。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

対応実績では他社に負けません!女性向け対応枠強化中!他社でお断りされた方でもOK!

【サイト名】プレミアキャッシュ

【サイトURL】http://premch.spflickr.info/4FcN4v/?id=********

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】mail_pc@spflickr.info

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

借入一発検索!ランキングは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
ドメインは以前から闇金ばかりを紹介している広告代理店もしくはアフィリエイターが所有しているものでサイトのデザインを変更し検索エンジンで危険告知サイトなどと併用で出てしまうことを嫌ったのだと思います。

ランキングということですが、ランダムで各所にオススメが表示されますなど不可解な記述があり違和感を覚えます。そこですべてのリンクをクリックして宣伝されている広告を確認したところ、同じような闇金紹介サイトもしくは無登録の違法サイトへのりんくしか確認が出来ませんでした。

問題なのはこのサイトが事実誤認を意図的に発生させるかのように記載した文章です。最短5分で対応、10万円のスピードキャッシングなどと書かれておりますが、リンクをクリックするとそのたびごとに異なるサイトが出てきます。説明文の意味を為しておりません。その矛盾をつつかれると面倒なので冒頭に、ランダム~という表記を入れているのでしょう。

誇大表現と呼ばれる手法は景品法に抵触する可能性が否定できません。例えば、

「金融審査に落ちたらココ!柔軟&独自の審査で満足のいく融資が可能です。」

この文章よんだらどんな状況の人でも借りられると勝手に想像してしまいませんか?そしてこのような記述をしているサイトが金融比較サイトだと思いますか?さもこのサイトが融資を行っているような事実誤認をしてしまうような表現はやはりどのような解釈をしたとしても問題があると言わざるを得ません。

さらには合法なキャッシングサイトを紹介するならまだしも、紹介している広告の全てが違法サイトというのであれば別の問題(ほう助罪)なども該当するのではないでしょうか。犯罪者に携帯電話や銀行口座を提供したり集金代行をする仕事を道具屋と呼び、今年の警察はこうした道具屋の摘発に力を入れております。それならば、こうして誇大広告を使って集客宣伝するサイト運営社などもやはり道具屋として摘発されるべきではないでしょうか。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

借りたいユーザーが選んだランキングベスト5!※ランダムで各箇所のオススメが表示されます。 最新情報に更新!!1~5位すべて必見!

【サイト名】借入一発検索!ランキング/融資ランキング

【サイトURL】http://kintre.com/clrank/?***********

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

マネーチャンネルは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
こちらも先ほどのサイトと同様に自分たちは金融会社ではないと主張した上で違法サイトばかりを紹介している闇金紹介サイトです。

利用規約に同意させることで反論できないようにしていますが、そもそも犯罪サイトを紹介している時点でそれと知らずに行っていたとしてもサイト運営者に過失は問われる可能性があるため決して相手の主張をうのみにしないことです。利用規約を熟読してみたのですがやはりおかしな点がいくつかあります。

■第3条 当社の役割
2.当社は本サービスにおけるユーザーと金融業者、その他の第三者との間で発生した一切のトラブルについて、責任を負いません

実質的な紹介行為を行っておいてその先のことは知りませんというのはいささか虫が良すぎます。ましてや紹介先が違法性が強く刑事罰に問われかねない悪質な業者ならばなおのこと管理者責任が問われるため免責が適用される可能性は極めて低いです。

■第7条 サービスの提供条件
2.本サービスが提供する情報は正確性に万全を期すよう努力しておりますが、その内容を保証するものではありません。

多くのインターネットサイトがこのような記述を行っておりますがそれはあくまでも合法的なサービスの提供が前提としてある場合です。このサイトのように無登録の金融サイトを紹介している場合、犯罪者への利益誘導が指摘されますので保証以前の問題としてこの業者自体も罪に問われる可能性があります。

このサイトを利用した結果、闇金業者から連絡が掛かってきた場合はすぐに警察に相談をするとともに入口を提供したこのサイトのアドレスやわかる範囲の情報も一緒に相談しなければなりません。

そうすることで警察への被害届が入る確率が高くなり捜査対象として悪質なアフィリエイトサイトも対象内になってくるのです。

【サイトキャッチ】

新しいバージョンが登場しているようです。2017/9/8

【キャッチコピー】

積極サポート中!Webからなら24時間受付中です。最適なご提案をさせていただきます!下記が守れる方ならサポート可能♪

・約束を守れる方
・お電話に出られる方
・計画を確実に立てられる方

【サイト名】マネーチャンネル

【サイトURL】http://moneych.spflickr.info/cC5xKK7p/?id=_mg_tei_c*********

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】mc@spflickr.info

この業者は会社概要を載せておりませんので特商法に抵触する可能性があることを理解しましょう。そして紹介されている業者のほとんどすべてが高利貸ではなく携帯電話をだまし取ったり、銀行口座をだまし取る特殊詐欺を手口としている業者であることを付記しておきます。

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

借りる情報サイトまとめBKKは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
アフィリエイト広告収益目的で闇金を紹介しているサイトです。このサイト自体も広告主となりアクセスを集めているような節があります。おそらくは広告代理店などが自社の粗利率を上げるために自社で作っている広告サイトではないかと思われます。

免責事項が記載されており情報の信頼性を担保しないかのような発言が出ておりますが違法サイトをそれと知り配信しているのであれば免責事項は機能しない可能性が強くなります。法律上の契約とは当然ながら犯罪行為においては機能しません。つまりは闇金業者を紹介しているサイトとの契約は成立しない可能性がある訳です。

もしこのサイトが自分たちの配信しているアフィリエイト広告がヤミ金としらずに配信していたというのであれば、当サイトを見て自社が配信しているのが違法性のあるサイトだと認識した段階で広告配信を停止しなければ「知っていて」対応しなかったことになるため犯罪ほう助の罪に問われる可能性もあります。

このように視聴者の心に響くようなサイトを作れるのであれば違法サイトの宣伝ではなく有意義なクライアントの宣伝をすればよいと思うのですが皆さんはいかがでしょうか?

ただ残念なのがこのサイトは闇金だけではなく、ウチコと呼ばれるパチンコのサクラを騙った詐欺サイトの宣伝や競馬予想詐欺のサイト等も同時に張り出していることが確認されております。所在地は表記されておりますが枝番が記載されていないため内容証明郵便を送りつけてもあて先不明で戻ってきてしまいます。

この点においては特商法違反と言わざるを得ないのではないでしょうか。違法サイトは許されるべき存在ではありませんが、それを助ける道具屋と呼ばれる仕事師同様、こうした集客を行っている代理店やアフィリエイターも道具屋として警察の摘発リストに登録されることを切に願います。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

全ての利用者満足度no1を目指します!借入情報をお探しの方必見!365日24時間常に最新情報公開☆最短15分解決!

【サイト名】借りる情報サイトまとめBKK

【サイトURL】http://bkkinfo.xyz/?id=*****

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【運営者】

BKK運営事務局

【住所】

 〒334-0015
 埼玉県 川口市鳩ヶ谷緑町 2

【電話番号】

050-3635-2190

【メールアドレス】

bkkofficial@yahoo.co.jp

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

キャッシュnaviは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
一括査定タイプの金融紹介サイトですがそのほぼすべてがヤミ金である点が問題です。闇金と知らずに紹介していたと言い訳したとしても事実として紹介しているサイトの1つでも闇金が混じっていればそれはこのサイトの過失となります。

また知っていて売上の為に行っているのであれば犯罪ほう助に抵触する可能性もあります。昨今少なくなってきたはいえまだこのような犯罪サイトの手助けをするアフィリエイターがいることは残念でなりません。

危険告知をみて違法サイトの紹介を取りやめてもらえれば幸いです。

尚、このサイトを利用して聞いたことも無い金融会社から電話がかかってきた場合はその内容をメモし相手の電話番号と担当者名、会社名を書き出して警察に相談してください。被害が発生していないから被害届が受理出来ないと言われてしまった時には今後の嫌がらせ等を考慮し法律事務所の無料相談を受けておくと後々の被害がぐっと抑えられる可能性があります。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

即日審査可能!簡単で安心!金欠問題催促解決

【サイト名】キャッシュnavi/キャッシュナビ

【サイトURL】http://cashnv.spflickr.info/HdZlY59r/?id=********

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】mail_cn@spflickr.info

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

1 2 3 4 8