カテゴリー: 闇金紹介サイト

キャッシングクリニックは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
紹介されているキャッシング会社すべてが違法性の強い闇金サイトばかりでした。こうしたサイトに登録をしてもまともな融資は受けられないばかりか後々、銀行口座が凍結されてしまったり、携帯電話会社に要注意人物としてスコアリングされてしまう可能性がありますので気を付けてください。

すでにこうした業者に申し込みをしてしまっている場合はすぐに警察に相談をして下さい。実害が発生していないと被害届が受理されませんがそれでも相談した履歴が残りますので後で役に立つことがあるのです。

そしてもう1つが実害が無くても電話口で怒鳴られたり会社に電話されている時点で被害は発生しているのです。こうした問題には弁護士などが対応してくれます。闇金問題を中心に取扱いをしている弁護士事務所等では大抵の場合、無料で相談できる被害相談窓口を設置してありますからまずそこに電話をかけてください。

時間が経てばそれだけ状況は不安定になり自分に不利になります。こうなると会社を退社せざるを得なくなったりしますからそうなる前にしっかりと対応しなければなりません。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

クレジットカードの現金化のようにその日のうちに現金が手に入るキャッシング会社をご紹介。

【サイト名】キャッシングクリニック

【サイトURL】http://cshcli.black-cashing.net/?id=

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

マネフレは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
本日、危険であると告知するこちらのサイトですが先の2件と同様に同じドメインを使っていることがわかりました。
またこのサイトについても外国人を排斥するかのような記述があることからアフィリエイト収益を目的としたサイトである可能性が否定できない。

こうしたサイトは総じて自分たちはヤミ金とは異なると主張してくるが紹介しているサイトの1つがヤミ金だとこちらが教えてもまだ配信を続けている時点で確信犯であると考えることができる。つまり闇金であるという確たる情報を提供したにもかかわらず検証することなく配信を続けている時点で闇金が逮捕された場合、教唆になることを覚悟でやっているということである。

注意事項にはユーザー承諾を得て情報を他社に提供していると書かれているがその情報がお金の対価であるというのであれば会社概要を書くことが義務である。しかしこのサイトは誰が運営しているかすらわからないようにしていることからその義務を果たしていない。

問題なのは紹介された先の闇金業者がすでにあなたに連絡をしてきてる場合と犯罪行為を申し出ている場合である。

預入融資だからなどの理由でキャッシュカードを送るように指示してきたり、信用情報をキレイにするため携帯電話を購入して高価買取業者に郵送しろなどと言われている場合は詐欺になるため決して付き合わないこと。

すでに送ってしまっている方はすぐにも弁護士など闇金問題の解決対応に当たっている事務所に連絡をして自分の個人情報が汚れないようにしっかりと対応してもらってください。

大抵は無料での被害相談ダイヤルを持っておりますからまずそちらに電話することから始めて自分の置かれている状況がどのようなものかを確認するいこと。まね

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

仮られなくてお困りの方、柔軟に対応致します。簡単・安心・即日対応!法人でお申込みも可能

【サイト名】マネフレ

【サイトURL】http://mf.act-light.xyz/

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

ファンネルは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
昨日告知したヤミ金を中心に紹介している危険なサイトとドメインが同じである。サブドメインでサイトを分けているだけであることがわかりました。

つまり同じ運営者が運営しているということです。貸金業では無いとサイトの下部に書かれておりますが実態はわかりません。昨今では闇金業者がハウスと呼ばれる自前の広告代理店を持ち参加の犯罪グループに広告を売る等の行為も確認されております。

掲載可否が厳しくなり犯罪に協力的な広告代理店も警察の操作対象になってきていることからこのサイトが広告収益を目的としたサイトでは無く闇金自体であると考えて行動することが大切です。

申込をするとその個人情報がいくつかの闇金組織に転売されてしまいますので申込をしている場合は直ぐに対応すること。相手からの電話を取ってしまっている場合はすぐに警察へ相談。
さらに相手からキャッシュカードを送れと指示されたり携帯電話を購入して信用情報を上書きするなどと言われている場合は実害が発生してしまいますので弁護士など闇金問題の取扱いをしている事務所の無料相談電話まで電話をして今後の対策をしっかりすることが大切です。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

すぐ直近でまとまった資金が必要など個人の方はもちろん法人様、経営者様からのお申し込み大歓迎。多重債務や、失業中など、お金い困っている方は一度、ご相談ください

【サイト名】ファンネル

【サイトURL】http://fn.act-light.xyz/

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

ライフプランは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
個人情報を収集している以上、特商法の対象として所在地をしっかりと記載する義務があるにもかかわらず会社概要を出していないサイトです。アフィリエイトと呼ばれる広告収益を目当てに作られていると思われるが紹介してくるサイトは全て闇金であったことを付記しておく。

また通常のサイトや一般常識として差別的な意味合いを持つような記載があることにも違和感を覚える。

外国籍の方、通話停止中の方、折り返しの電話連絡が困難な方は
申込をご遠慮ください

外国人を明らかに差別排除するかのような発言は消費者ビジネスをする企業としては致命的であり考えられない。また折り返しの電話連絡が困難とはまったくもって都合のよいいいわけである。折り返しが無いのは自分たちのビジネスに何らかの不具合があると考えるのがサービス業の基本である。

さらに言えば折り返しが無ければ何度もかければよいのである。それが出来ないのは相手の電話番号が一定では無い、携帯電話であるなどの理由があるからである。

申込をしてしまいすでに相手から連絡が入っている場合は個人情報がヤミ金業者に転売されていると判断し早急に対策を立てる必要があります。

こうした業者は一度仕入れたリスト(個人情報)を徹底的に活用してくるため執拗な電話に悩まされたり、強い言葉をつかった脅迫的な発言をしてくることで心理的に追い詰めてくることがあります。

すでに相手から電話がかかっている方はまず法律事務所が開設している無料の闇金被害相談ダイヤルまで電話して今後の対策等をしっかりと立てること。その上で長引くことが予想されるのならば早い段階で法律事務所を介入することも早期解決のポイントである。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

最適なご融資先を一発紹介ネットで簡単即日OK

【サイト名】ライフプラン

【サイトURL】http://lp.act-light.xyz/6vvY3IYS/?id=***

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

即ナビは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
紹介されているサイト全てがヤミ金サイトでした。もしくは同じような違法な金融サイトを紹介している比較サイトであることもわかりました。こうしたサイトはアフィリエイトと呼ばれる広告を違法業者でも引き受ける広告代理店から仕入れてお金目的で配信をしておりますのでランキングのように見えたとしてもそれはウソの情報であることを理解しなければなりません。

過激に書かれているキャッチコピー等も全てはアフィリエイト広告で収益を上げるためだけに記載されているテキストですから信憑性は全くありません。

どんなにお金に厳しくてもこのようなサイトで紹介されている広告に申し込みをすることは危険であると認識して下さい。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

お金借りれてますか?? 有力情報GET!!! 本日限定、残り2名様のみ先着受付! ブラックでお金が借りれない…と諦める前にお申込みを。

【サイト名】パニッシュ

【サイトURL】http://soku.black-cashing.net/index2.php?id=*****

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

パニッシュは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
経営者をも巻き込むような紹介文の書き方はこの紹介サイトが流しこんでいる闇金の中に融資保証詐欺タイプが存在していることを示唆します。

結論から申し上げればこのサイトに申し込みをすると闇金グループに情報が転売されてしまいどこまでも個人情報が拡散する恐れがあると言えます。聞いたことも無いような金融会社から連絡があったり、携帯電話で連絡をしてくる金融担当マンなどおよそまっとうな金融会社ではあり得ないことが発生する可能性が否定出来ませんでした。

そもそも個人情報をこのような形でWEBサイト側が収集することに違法性が無いのかに疑問が残ります。いずれにせよ貸金業を取得せずに高度な個人情報を本人のあずかり知らぬところで勝手にアフィリエイト名目で売買する可能性があるようなサイトに申し込みをすることについて当サイトでは疑問を呈します。

申込をしてしまいよくわからない業者から電話がかかってきている場合は、独りで悩まずにすぐに法律事務所等が緊急相談として設置している無料相談などにご連絡をしてください。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

個人の方はもちろん法人様、経営者様からのお申し込み大歓迎!多重債務や、失業中などお金に困っている方は一度ご相談ください。もちろん秘密厳守です。

【サイト名】パニッシュ

【サイトURL】http://punish-ment.site/DqpB5KhB/?id=ura_navi_txt***

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

マネーブッキングは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
闇金業者よりもたちが悪いと言われる闇金ばかりを紹介しているサイトの1つです。申込をしてしまうといったいいくつの闇金業者に個人情報を転売しているのか分からないほどに情報拡散される可能性があるため気を付けてください。

サイト管理者は金融業者では無いと主張しているようだが金融サイトのように見せかけた作りなどは誇大表現として考えることもできるため法律に違反していないなどと声高に言えるわけではない。申込をした後、掛かってくる電話はすべて闇金業者であることから電話に出ないだけではなく、警察は無料の相談窓口などで今後の対策をしっかりと教えてもらうこと。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

厳選、最適なご融資先を一発紹介、ネットで簡単♪即日OK!収入証明不要、お急ぎ・初めてでも安心

【サイト名】マネーブッキング

【サイトURL】http://pcainn.info/9nB00AT9/?id=****

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】mail@pcainn.info

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

プリマキャッシュは闇金紹介サイト

=闇金融公開情報=

【宣伝タイプ】比較サイト
水商売や風俗など基本的に審査が通りづらいと言われている職業についている人をターゲットにしたサイトです。残念ながらまともな金融には情報を流していません。すべての業者が闇金であり携帯電話を買えば融資するとか、キャッシュカードを預けてもらえれば即日融資だなどといって銀行口座をだまし取っては犯罪業者に転売している闇金ばかりです。

気をつけなければならないのは勤務先まで電話をかけてきてあることないこと騒ぎ立てる業者が多いと言うことです。申込をしてしまった方は上司などに詐欺グループから電話がかかるかもしれないと事前にしっかりと話をしておくとよいでしょう。同時に警察への相談、あまりにしつこいようであれば弁護士が開設している無料相談ダイヤルなどに電話をして今後の対策についてアドバイスを受けておくとよいと思います。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

夜のお仕事でキャッシング申し込みが困難な女性にオススメ

【サイト名】プレミアキャッシュ

【サイトURL】http://primacash.spflickr.info/6VEuibq/?id=******

※リンク出来ないように末尾を**表記にしております。

【連絡先】primacash_m@spflickr.info

一括申し込みサイトや比較サイトで見たことがないサイトばかりの時は最大の注意を払って下さい

1 2 3 8