カテゴリー: 闇金一覧表

GKフィナンスは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

結果からすれば闇金です。会社概要をしっかりと記載してはいますが要所がデタラメでした。まず住所について確認を行ったのですが枝番が記載されていないため住所が特定出来ませんでした。この時点で特商法違反です。

次にサイト名ですが法人名ではなく単なる呼称(屋号)なので好き勝手に書くことが出来るような代物でアテになりません。

決定的に闇金であるとわかるのは、貸金業登録番号が無い、固定電話番号が無い、責任者名が無いなど必要であるはずの記載が全てないことです。

これだけで闇金であると断定出来ます。さらに言えばサイトのデザインですがこれは過去に多くの闇金サイトが使ってきたサイトデザインですからまっとうであるとはとても言えません。

まだ申し込みをしていない方はこのサイトが闇金であることを理解した上で慎重は判断をするべきであるとアドバイスします。

次に申し込みフォームについての見解を示します。

一見するとまともなフォームに見えますが、勤務先名と勤務先電話番号が必須担っていることがわかります。闇金サイトですからその個人情報はろくな使われ方をしません。さらにはその人物の勤務先情報まで相手にバレてしまっているわけですから申込=脅迫が成り立ってしまうほどに危険なフォームなのです。

そしてもう1つが、

同時エントリーしますか?

です。これは何を意図しているかと言うと一括申し込みサイトによくある個人情報の複数転売です。

このデザインをつかっているサイトはすべて共通の広告代理店が介在しております。そこで取扱いをしている闇金業者に個人情報がバラまかれて転売されることに同意しますか?という意味なのです。

1つの闇金でさえ関係を絶ち切れなくて四苦八苦しているのに申込段階で複数の闇金業者に連絡が廻される等危険極まりないです。これは大変に危険であり闇金業者ではなく闇の広告代理店が売り上げを挙げるためにやっていることです。

アナタの個人情報をいろんな犯罪グループに転売することでお金儲けをしているということなのです。

申込をしてしまってる場合は最大の注意を払ってください。

このサイトは勤務先名と勤務先電話番号を必須として最初に情報を集めています。つまり他の闇金サイトに比べて申込のハードルが高いのです。これはいったい何をいみするのか?

1つの申し込みに対して粘着する比率が他の闇金よりも高い、ということを意味するのです。

勤務先までしっかりと書いてくるような人間は律義でまじめだからとことん追い詰めればいいなりに出来る。というコンセプトが裏に隠れている可能性が高いということなのです。アフィリエイト広告でも勤務先を必須にしていると単価が高くなり闇金業者の支払いが高くなると言われています。

つまり他の闇金よりもたくさんのお金を支払ってより精度の高い情報を手に入れてお金に帰ることを目的としているのです。

これは危険です。高いお金を支払っているのだからきっちりお金にしろと言われるわけですね。
現場でプレイヤーと呼ばれている電話をかける人たちも精度が高いネタなのでやる気満々で詐欺をしかけてきます。

申込をしてしまっている方はこのような状況を理解した上で対策を練らなければなりません。勤務先を伝えてしまった時点でもう被害は発生しており自分で何とかできるレベルを超えていることを理解しなければなりません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

来店不要、拡大決定、ご新規優遇キャンペーン中

【サイト名】GKフィナンス/ジーケーファイナンス

【サイトURL】http://fine-spice.com/N1cHs/index2.php?s=

【記載住所】東京都品川区大井4丁目4 3F

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

グランドローは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

すぐに逃げることを前提とした闇金サイトであるグランドローは闇金サイトです。通常の消費者金融は自社の商品が他社と比較して以下に優れているかを説明するページが存在します。

それは貸付利率を記載したページであったりキャッチーな言葉でいかにも借りやすくって思えるようなコピーが並んでいるのです。しかしこのサイトにはそのような自社の商品を宣伝するような記述が一切ありません。これはどういう意味を持っているのか?

まずページが1枚しかないということは作ることが簡単で撤収するのもの簡単であるということです。次に最小限の申込フォームだけがあるというのはネットで完結せずに電話で不足した情報を付記してリスト化することを意味します。勤務先情報を記載させると申しみ件数が下がるためアタック出来る数が少なくなります。先のクオリティなどは数が減ってもアフィリエイト広告の経費を少なくして精度を挙げて詐欺を行うことを重視している作りですがこのグランドローは間逆であることが分かるのです。

どれだけたくさんの情報を手に入れてアタック出来るかということを考えたサイト作りなのです。これは自分たちの電話担当者が優秀であるということの裏返しなのです。

優秀というのは闇金として優秀ということですが被害者を量産するということで最悪の犯罪であると言えます。

そのため申込ページの一番上には

・携帯電話番号が繋がらない方
・メールでの連絡希望の方
希望連絡時間にお電話致しますので必ずお電話対応お願いいたします

などと書かれているわけです。つまりは、

徹底的に電話で落としてくる闇金

という結論になるわけです。必要とあれば聞き出した会社まで電話をしてくることもあると考えなければなりません。電話に出なければそれなりの行動を起こしてくる確率が他の闇金よりも高いということを理解し無ければなりません。

申込をしてしまっている方は安易に申込をしたのかもしれませんが闇金サイトと言うのはこのように全てが理論的になっておりサイト上に書かれている意味等もしっかりと裏読みする必要があるのです。

この手の闇金はいつまでも掘り起こし作業をしますので長い年月にわたって電話がかかって来ます。そして最後には集めてリスト化した情報を他の犯罪グループに転売するなどして逃げてしまいます。

甘く考えているとどこまでも状況が悪化してしまいますので闇金業者との関係を完全に断ち切る必要があるのです。何をどうすればよいかわからない方はまず法律事務所に連絡をして今の現状の確認とどのようにして闇金との関係を断ち切るかをしっかりとレクチャーしてください。

当サイトの見解では勤務先や金融連絡先として親族の連絡先を伝えている場合は法律事務所に依頼してもよいほどの被害であると考えています。

0120-629-022
事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

他社に負けません!初めてのお客さまでも安心してご利用いただけます。

【サイト名】グランドロー

【サイトURL】http://currentz.xyz/WSgnz9if/entry.php?id=

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022
事務所名:ウイズユー司法書士事務所

クオリティーは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

新しく登場して被害者を生みだしている闇金サイトのクオリティに関して危険告知を致します。こちらのサイトですがデザインは5年も前から同じデザインをつかい回している広告代理店が受託したものであることが分かっております。

サイトの画像と会社概要だけを変更しとくに申し込みフォームの項目を多くしたり少なくしたりして対応しているため全てが同じデザインになっている。

闇金業者の集客を受ける広告代理店が逮捕される事例も少なくないことからこのサイトに申込をするのはリスクがあると認識なければならない。

大事なことをいくつか記載するのでこのクオリティ以外でも怪しいと思ったら気をつけること。

こちらの闇金サイトだがまず会社の住所に業者が存在していないことがわかっている。
住所事態は存在しているがこのあたりは溜池山王にちかくビルが立ち並んでいる土地であることからこの住所で郵便物が届くことが無いのです。
つまり住所がニセモノで郵便物等を届けさせたくない意図があるということです。

そのようなサイトなのでまっとうであるはずもありません。つぎに貸金業登録番号が存在しておりません。消費者金融という業種は国からの許可を得て初めて成立する職種です。従って何よりも大切な貸金業登録番号が存在しないことなど無いのです。

一番目立つ所に登録番号を書いて安心感をださなければならない番号なのです。番号が無いということはモグリ金融、つまりは闇金と言うことになるわけです。

申込フォームをご確認してみてください。

勤務先名と勤務先電話番号が必須として扱われております。この闇金の申し込みフォームは申込者が少なくなっても申し込んできた人を金に換えるという意思が見えます。集客方法はアフィリエイトと呼ばれる被害者を1人紹介するとお金がもらえるタイプの広告です。
無職や適当に申込をしてくる被害者を嫌っていることが分かるのです。そのため、申込をしてしまった被害者には他の闇金よりもしつこく連絡をしてくるという意味なのです。

実際には相手が何を言おうが融資は一切行ってませんので付き合っても何らメリットはありません。また闇金は犯罪です。犯罪サイトと分かって付き合いをすればあなたも犯罪者を助けたとして被害者扱いをしてもらえない可能性があるのです。

現在の詐欺は詐欺師が知識を蓄えているため警察も対応に苦慮しているのです。闇金でもお金を貸してくれるならすがりたい、などという甘えは一切許されません。闇金と分かって付き合いをしたんなら自業自得だし、最悪の場合犯罪者を助けたとみなされることすらもあることを忘れないでください。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】クオリティー

【サイトURL】http://fine-spice.com/M717T/index2.php?s=

【記載住所】東京都港区赤坂3-16-5

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。相手の業者の声が少しでも変わったと思ったらその場ですぐに弁護士の無料相談に連絡をして対策を立てることです。何もされていないから大丈夫と思っていると後々大変なことになってしまいます。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

RODは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

昨日の違法サイトと同じく迷惑メールで宣伝しているサイトになります。住所と貸金業番号が記載されておりましたので調べてみました。

住所ですがこの住所にRODなるキャッシングサイトは存在しておりませんでした。この時点でこのホームページに書かれている情報がニセモノであることがわかります。

貸金業登録番号についても同様に登録されている正規の番号ではありません。つまり、貸金業を取らずに営業している悪質な違法金融であることが判明したわけです。

こうした違法サイトは昨今では高利貸ですらもなく、銀行口座をだまし取るためのフックサイトだったり、携帯電話を転売するために存在している詐欺を目的としたサイトであるのです。

ほぼ全ての闇金が言っていることがありますので同様のことを言われたら絶対に従ってはいけません。

1.通常の融資は出来ないけれども預入融資というウチ独自の融資システムならお金を貸せる。そのためには銀行のキャッシュカードをウチで預からせてもらいたい

2.信用情報機関でブラックになっているのでそのままでは貸付が出来ない。携帯電話を購入して更新履歴を作ることで融資が出来るので指示された端末を買って下さい。履歴が大切なので電話は高値で買ってくれる業者を紹介します。

これどちらも詐欺ですから絶対に引っ掛かってはいけません。またこのような発言をするところまで話が進んでしまっている場合は相手も容易に引き下がらなくなります。そのため自身で解決しようとなどとは思わず闇金被害にノウハウを持っている法律事務所の無料被害解決相談などに電話をしてください。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

他社で断られた方でもお力になれます!無職・生活保護・年金受給者の方もご相談に乗れます!

【サイト名】ROD/株式会社ROD

【サイトURL】http://plans-good.com/index.php?AC=

【記載住所】東京都中央区日本橋茅場町2-5-6 日本橋大江戸ビル

【貸金業番号】都(1)31860

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

NAVERは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

{被害報告募集します!}こちらのサイトですが迷惑メールで日々宣伝活動を行っていることが確認されております。皆さまからの被害情報をお待ちしております。

大手の企業のようなサイト名ですが正規に貸金業を行っているという情報は入ってきておりませんので「なりすまし」を目的とした闇金サイトであると考えられます。

誰にでも貸付をしているかのような書き方をしているため多重債務の方でもお金が借りられるとおもい申し込みをしてしまう事態が発生しています。

残念ながらこのサイトは融資行為を行っておりませんので申し込みをしても借りることはできません。そればかりか融資をするためには!という担当者を名乗る人物からクレジットカードを送るように指示されたり、キャッシュカードや携帯電話を送るように指示されると被害者自身の今後に多大なる影響が出てしまいます。

詳しくは携帯電話が新規購入出来なくなったり、銀行でキャッシュカードを作ることができなくなります。また今保有している銀行口座も凍結される恐れすらもありますから決して安易な申し込みをしてはいけません。

すでに申し込みをして相手に個人情報を送ってしまっている方は迅速な対応が必要になります。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】NAVER

【サイトURL】http://aon2h.com/?ad=

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

ネピアは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

新しく登場した可能性が強い「ネピア」ですが調べていくと法律に違反している無許可金融サイトであることが分かってきました。結論から言えば闇金です。

問題になるのは会社概要にしっかりとした記載がないこと。まず所在地は記載されているのですがその場所にこの業者が存在しておりません。つまりは虚偽の住所を勝手に書いているということになります。

次に責任者名や固定の電話番号がありませんでした。貸金業に限らず特定商取引法なる法律では運営会社にコンタクトできる情報を載せることを義務つけております。固定の電話番号も無ければメールアドレスも無い、責任者名の名前も無いのであればこのサイトに連絡をするには申し込みをするしかなくそれは認められておりません。

さらに申し込みページの上にずらっと並んでいるおかしな記述にも目を配る必要があります。これらの記述は通常の貸金会社では決してホームページでは言いません。それこそ差別になってしまうからです。

クレジットカードや携帯電話などは別ジャンルのサービスである以上、キャッシング会社が別会社のビジネスに連動するようなことはないのです。

申し込みをしている場合は相手からの嫌がらせ行為や実害が発生する可能性が飛躍的に高まりますので迅速に解決していくことが大切です。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

※キャッチコピーではなくこのような記述がある場合は闇金と判断できるように闇金特有のコメントを記載しておきます。

下記に該当される方はお申込みできません。

・信販会社への未納がある方
(クレジットカード、携帯電話料金)
・申し込みされた携帯電話番号が繋がらない方
・メールでの返答及び回答はいたしかねますので
必ずお電話対応お願いいたします

【サイト名】ネピア

【サイトURL】http://skt.freedstar.site/nv5n7lU7/entry.php?id=

【記載住所】東京都新宿区新宿4-3-17

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

宝船ファイナンスは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

以前にも似通った名前の闇金サイトが存在しておりデザインもほぼ同じであることから系列グループが名前を変更して再集客を行っていると予想出来ます。

結論から申し上げればこのサイトは闇金です。

理由を下記いたします。

【住所がデタラメ】
ホームページに記載されている住所を確認したところ住所事態は存在しているのですが肝心の業者がそこに存在していないのです。さらにこの住所は以前、このサイトで危険な違法サイトとして告知している「プライベートバンク」と同じ住所なのです。

プライベートバンクに関する過去記事はこちら→プライベートバンク

【貸金業登録番号が無い】
被害者からの報告によるとこの点を指摘すると、番号の更新だからいま新しい番号をもらっている最中だ、などといった言い訳をしてくることが分かってきました。
貸金業番号は3年で()の中身の数字が上がるのですがそれは更新などというものではなく官公庁側で把握しているだけのものなのです。つまり業者が何かをして新しい番号の発見を待つようなことはないのです。

たとえ業者が何を言ったとしてもサイト上に貸金業登録番号が記載されていない時点で闇金と疑っても全く間違いではありません。これだけを覚えてけば詐欺、犯罪に巻き込まれる確率は劇的に下がります。

そしてもう申し込みをしてしまっている方は対応に慎重にならなければなりません。やるべきことは限られておりますので説明をしてまいります。

まず、相手に電話することはやめましょう。相手が何を言い時間を区切って連絡するように言われたとしても電話することはありません。相手の言いなりになるということは何をされても従う人だと相手に認識されてしまうからです。

次に会社の電話番号を教えている場合は会社に電話される危険性を考慮して対応しなければ会社をクビになってしまう可能性があります。会社の電話番号を知られている方は、警察に相談するのと同時に法律事務所の無料相談で今後の対応方法などについてレクチャーを受けておくことが大切です。

レクチャーを受けないで自分の考えて行動した結果、及びもしない最悪のケースになってしまうケースが後を絶ちません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】宝船ファイナンス

【サイトURL】http://fine-spice.com/J2cPr/index2.php?s=

【記載住所】東京都中央区日本橋横山町6-15

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

ビーストは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】携帯電話契約/キャンセル詐欺

過去に当サイトで告知をしている闇金のデザインと全く同じサイトが登場しました。いずれも金融サイトのようにみえておりますが違法に営業をしている闇金サイトであることが分かっておりました。気になる方はこのサイトの過去のサイトを確認してください。

タカライフ

アールサポート

いずれのサイトも融資をするためには携帯電話を買うことを指示してくる違法サイトでした。

今回のこちらのサイトも同様で申し込みをするページに携帯電話の料金が未納になっている方はお申し込みが出来ないといった旨の記載が確認出来ます。

これはアフィリエイト広告と呼ばれる成果報酬型の広告を出しており自分たちに利益の無いユーザーからの申し込みを少なくするために書かれた一文であると思われます。通常の金融会社は携帯電話を買えば融資するなどとは絶対に言いませんのでこの一文を確認するだけでこのサイトが違法サイトであることがわかります。

さらに所在地を確認してみましたがこちらもデタラメであることがわかりました。この住所は完全な住所ではなく枝番と呼ばれる住所の末尾番号がありません。従って業者がどこで何をしているかはこの住所から把握することはできません。

申し込みをしている方は最大限の注意と問題にせずに相手の担当者から逃げるかを考えて行動しなければなりません。まず1つは相手が何を言ってきたとしても相手の申し入れに従わないこと。

そして自分あての携帯電話を無視しないことです。

自分の携帯電話を無視していると会社に電話をかけてくる可能性が飛躍的に高まるからです。これは最悪のケースになってしまいます。

キャンセルを申し入れてそのまま相手が逆ギレしても電話を切ってその後に何もなければよいのですが、キャンセル費用を要求してきたり裁判がどうのと荒唐無稽な脅迫をしてきている場合は次の対策を講じておく必要があります。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

他社様NGの方もご相談ください

【サイト名】ビースト

【サイトURL】http://fine-spice.com/M5jHA/index2.php?s=

【記載住所】東京都千代田区外神田1-1

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

1 2 3 99