カテゴリー: 携帯電話契約

おまとめサービスは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

一見すると金融の紹介サイトのようにも見えますが実態は代理店が作った闇金向けのサイトであると言えそうです。会社概要に書かれていたのは業者が存在していない架空の住所表記と誰でも匿名で取得することができるメールアドレス「imka42159856@yahoo.co.jp」でした。

固定電話の番号は書かれておらず貸金業登録番号もありませんでした。これは明確に闇金もしくは違法な金融サイトと言い切るに足りるだけの条件を満たしております。

また文中に携帯電話の未払いが1ヵ月以上ある方への融資を断る等の記載があることから手口が携帯電話のだまし取り詐欺と銀行のキャッシュカードをだまし取るタイプの詐欺であることが伺えます。

申込をした後、与信が芳しくないので携帯電話を買って下さいと言われたり、預け入れ融資だから銀行口座を預からせてもらいたいといった持ちかけをしてこられても絶対に相手の指示に従ってはいけません。
さらに相手との関係を断ち切らなければ情報は何処までも拡散されてしまい080金融など個人闇金からも電話がかかってしまいますのでしっかりと対策をとらなければなりません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

大口・乗り換えの方は優遇致します!最短で5分、申し込み簡単!あなたのお悩み解決いたします。

【サイト名】おまとめサービス

【サイトURL】http://afr.freedstar.site/Vu3b7ms/?id=***

【記載住所】東京都渋谷区神宮前1-13-14

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

おまとめ本舗は闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺/携帯電話契約
昨日のラクナビと同様に金融サイトであるかのような見せ方をしていますが実態は携帯電話やアイパッドをだまし取るタイプの詐欺サイトです。

会社概要には貸金業の登録時に発行される番号が記載されておりません。この番号を取得していないまま貸金業もしきはそのような行為を行うことは違法です。

貸金業法に違反します。そして高利貸であれば法定金利を超えた利率で貸し出せば出資法違反にも問われますがこのサイトは高利貸ではなく商品をだまし取るサイトであるため「詐欺」に問われます。

申し込み時にラクナビと同様、電話の未納、クレジットカードの未納について記載されておりますがこのような情報は金融会社であればCICの登録をしているのでユーザーに訊く必要もなく与信で把握できるのです。それをあえて申し込み時に確認すると言うことはこのサイトが加盟していないことを自分たちで言っているようなものです。

どのような解釈をしてもこのサイトが違法であることを覆す材料はありません、違法です。

相手が信用情報会社のことを口に出して携帯電話を買えば融資ができるなどともちかけきたらばその場では適当に話を合わせ、すぐに警察に相談してください。特に勤務先を伝えている場合はその後、相手の執拗な嫌がらせが始まる可能性があります。

会社に電話がかかってきている方は弁護士など法律のプロ、代理交渉権を持って交渉ごとに当たってくれる事務所に相談をしてください。闇金業者だけではなく、勤務先の方に対してもしっかりとフォローアップしてくれます。

何処に電話して何を訊けばよいのか分からない方でも安心して相談出来るように専門スタッフが多数在籍している闇金被害の無料救済ダイヤルを記しておきます。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

あなたのお悩み解決いたします。申し込み簡単!最短で5分!大口・借り換えの方は優遇いたします。

【サイト名】おまとめ本舗

【サイトURL】http://afr.3-a.net/OMTMHP/entry.php?id=***

【記載住所】大田区蒲田5-20-5

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】omatome1919@yahoo.co.jp

携帯電話を買わされてしまったりお金が振り込まれている方、相手との関係を断ち切りたいと思っている方は無料相談できる闇金被害救済ダイヤルまでお電話ください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

ラクナビは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺/携帯電話契約
すがすがしいまでにデタラメを書いているサイトであることがわかりました。トップページには初心者マークで自分たちは闇金ではない、などと書いていますが実態は闇金です。

貸金業登録番号や日金協の会員番号など必要とされる情報が一切記載されていないことがその立証になります。さらは申し込み画面前に差別とも言えるような記述が確認できます。

信販会社への未払いがある方や携帯電話料金の未納がある人物の申し込みを拒否しています。しかしこういった情報は貸金業番号を取得し、会員になっていれば端末によってすぐにわかるのです。信販情報などは各社がデータを集めてデータベースとして金融会社にオンデマンドで提供しているからです。

申し込み画面でこのような記述をする必要が無いのです。

それを記述しているということはこのサイトが信用情報会社の会員では無いと言うころになるわけです。つまり闇金です。

本人以外の名義電話について執拗に記述されていることが申し込みページでも確認出来ますがこれは相手が非合法組織であったり、自分で電話が買えない状況にある人からの申し込みを断るためです。理由の1つとして彼らのやっている詐欺行為が高利貸付けではなく携帯電話のだまし取りであるからです。

他人名義の携帯電話をだましとり転売することで利益を挙げているこうした業者は闇金ですらもなく特殊詐欺として警察に逮捕される事態にもなってきています。そしてこうした詐欺の被害者の負債はどんどんと膨らんでおり現在では被害額は1人あたり60万円近くにも上っていると言われます。

何処に電話して何を訊けばよいのか分からない方でも安心して相談出来るように専門スタッフが多数在籍している闇金被害の無料救済ダイヤルを記しておきます。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

弊社はヤミ金では御座いません。ヤミ金への申し込みは十分にお気を付け下さい

【サイト名】ラクナビ

【サイトURL】http://hhstar.4dq.com/RKNB2/index.php

【記載住所】港区海岸1-2-20

【貸金業番号】

【電話番号】

【アドレス】rakunabi7822@yahoo.co.jp

携帯電話を買わされてしまったりお金が振り込まれている方、相手との関係を断ち切りたいと思っている方は無料相談できる闇金被害救済ダイヤルまでお電話ください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

ビートルは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺/携帯電話契約
被害相談から明らかになった闇金業者です。手口がハッキリとしているためこちらにて告知することで危険を先に察知できるようにしておきます。

複数の相談より相手が使っている担当者名の1つが「吉田」であることがわかりましたがそれ以外の人物の場合もあると認識して下さい。業者が使っている名前は全て偽名ですから実在する人物が該当してもその人物ではありません。

手口については携帯電話をだまし取るタイプの詐欺サイトです。信用情報がブラックになっているなどあり得ない言い訳をしてきた挙げ句、携帯電話を契約しSIMカードを抜いて東京の住所にゆうぱっくで送らせています。

このサイトの悪質なところは携帯電話やアイパッドのだまし取りだけではなくその先にもう1つ詐欺を仕掛けてくることにあります。

携帯電話を受け取ってもそこで融資されることはなく、次にdocomoカードを契約しそのカードも送れと要求してきます。その間は携帯電話を解約せず誰にもこの話をしないように口止めをしてきています。

断ると逆ギレのような発言をし融資がもらえなくてもいいのか?といった発言などが確認されております。

かけてくる電話番号は登場の03-発信ですが複数回線持っている模様で被害者ごとに異なっています。

申し込みをしてしまっている方は自分名義の携帯電話が闇組織に渡ってしまった事を理解し、しかるべき法的な処理をすることを考えます。まず携帯電話が解約できるなら解約しますが手数料が高額のため、他の方法で当座をしのぎます。

そして送られた自分名義の携帯電話が悪用された場合、被害者さんは一番最初に警察から疑われる存在になるわけですからこの点についてしっかりと「被害者」であることを立証できるかしなければなりません。

携帯電話やクレジットカード、キャッシュカードのだまし取りは立派な刑事事案でありほおっておくことが最良の解決策ではありません。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているDuelパートナー法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】ビートル

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-682-006

事務所名:Duelパートナー法律事務所

株式会社クリエーションは闇金┃03-6759-2553

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】携帯電話契約
視聴者の被害相談により発覚した詐欺サイトです。手口から相手の使っている電話番号、が判明致しましたので危険告知致します。

業者は携帯電話をだまし取ることを目的としており融資行為は一切ないことが判明しております。申込をしてきた人物の状況により発言内容を変えており例えば主婦であれば信用情報会社に確認をしたところロックが掛かっていて融資が出来ない状態になっている、と行ってみたり社会人であれば、過去に借りた履歴などから融資NGと出ているためそのままでは融資が出来ない、などと発言している模様。

その後の流れは共通でロックを解除するためには携帯電話やアイパッドを購入して信用情報の更新をすればよいので協力してもらいたいと持ちかけてきている。さらに、買った端末は高額で買い取りをしている業者を紹介するのでそこで売却すればリスクは全くないので安心だ、とも言ってきている。しかし実際には前述したように端末をだまし取ることが目的の為、買取業者とこの業者はがっちりとセットで動いていることが分かってきています。

クリエーション側の人物の1人は坂本をなのっておりサカモトコウスケと認識されているがおそらく偽名であるためネット上で調べてヒットした人物とは異なります。そして買取業者は実在する業者に送りつけておりますが住所が異なっており成り済ましている可能性が否定出来ませんでした。

いずれにしても携帯電話を送れば融資ができるということはありませんので相手のトークが自然だったとしても信用することは危険です。
もしもすでに携帯電話やアイパッドを送ってしまっている場合は、その端末が犯罪に利用されると被害者自身にも責任が及ぶことになりますのでできるだけ早く法律事務所の力を借りて解決のための対策をしなければなりません。

何処に電話して何を訊けばよいのか分からない方でも安心して相談出来るように専門スタッフが多数在籍している闇金被害の無料救済ダイヤルを記しておきます。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】株式会社クリエーション

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】03-6759-2553

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

携帯電話を買わされてしまったりお金が振り込まれている方、相手との関係を断ち切りたいと思っている方は無料相談できる闇金被害救済ダイヤルまでお電話ください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

UCSは闇金┃03-4214-3978

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】携帯電話契約
注意!同名のキャッシング会社が存在しておりますが今回この紙面で告知しているのは企業になりすましをしている闇金サイトであり正規企業のことではありません。なりすまし業者についての手口と電話番号を記載しておきますのでくれぐれも混同されないようにお願いいたします。

正規金融会社の情報を勝手に使っている違法サイト業者の手口が判明致しましたので見極め方法と手口を書いていきます。まず電話番号に注目してください。今回当サイトで入手した違法業者の電話番号です。この番号は本日現在で業者が使っていることが確認できている番号となりますが今後、番号変更される可能性がありますのでそのような場合に対処できるよう、業者の手口をしっかりと把握して詐欺に引っ掛からないようにしてください。

手口;このなりすましサイトが行っているのは携帯電話買取詐欺です。

申込をするとそのままでは融資できないとか、信用情報会社からNGが出ているなど通常融資はできないと言った発言をしております。その後、信用情報の記録を更新するとか信用をつけるなどといった理由付けをした後、携帯電話やアイパッドを購入させてきます。この時点で闇金と判断できます。

業者が行っているのは他人名義の携帯電話をだまし取りそれを犯罪グループに転売して利益を上げる詐欺行為です。つまりお金を貸し付けて利息を取る高利貸ではないと言うことなのです。従って、業者が融資をすることは無くその人物が購入できる端末のギリギリまで購入させるとあちら側から勝手に連絡を絶ってきます。

問題なのは送ってしまった携帯電話の負債は全て被害者がかぶらなければならないという点、名義人が被害者であるため犯罪に使われると一番最初に疑われるのが被害者であるという点です。詐欺は刑事事件ですから刑事事件の容疑者になる可能性があると言うことです。

相手から連絡が来なくなり安心するのは間違っているのです。転売出来ない携帯電話を勝手に転売してしまった時点で携帯会社との利用規約に違反しており、その端末が犯罪に使われたり海外に流出した事が分かればこれもまた大きな問題になってしまうためしっかりと対策をしておく必要があるのです。

正規のキャッシング会社は決して携帯電話を買えば融資するとか、信用情報会社の名前を出すことはありません。そして、信用というのは過去の履歴であり急ごしらえで作るものではないのです。そのことだけを覚えておけば詐欺被害を防ぐことができます。

この業者が携帯電話を送らせているのは下記の住所になります。この住所は多くの詐欺グループ、携帯電話詐欺業者が端末を送らせている住所で名義人は都度、変更となっています。なぜこんなにも長期間にわたりこのスペースを維持できているのか不思議でなりません。

名義人:ヨシタニヒロシ
住所:東京都豊島区東池袋1-31-16トウショウビル2F

送ってしまった方は弁護士や司法書士など法律に精通している事務所の無料相談に電話をして自分が被害者であることを立証出来るようにしなければ危険は排除出来ません。

何処に電話して何を訊けばよいのか分からない方でも安心して相談出来るように専門スタッフが多数在籍している闇金被害の無料救済ダイヤルを記しておきます。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】UCS(ユーシーエス)

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】03-4214-3978

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

携帯電話を買わされてしまったりお金が振り込まれている方、相手との関係を断ち切りたいと思っている方は無料相談できる闇金被害救済ダイヤルまでお電話ください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

プラチナキャッシングは闇金┃03-5656-9151

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】申し込みキャンセル/携帯電話契約
無料相談ダイヤル宛ての相談で発覚した極めて悪質な詐欺業者の情報公開です。業者は法人登記、貸金業登録などを行わずまた、キャッシング業者のように振舞いながら特殊詐欺を働いております。

把握している対手の名前は「ミズノ」ですがこれも偽名であると思われますから告知が入ることで名前がわかることが予想出来ます。手口はまず電話をかけてくると信用情報会社からブラックと言われているとか、融資NGになっているなど全く事実とことなる発言をしネガティブな話をしてきます。これによりほかに申込をしても融資は受けられないと印象操作し他社へ申し込んでしまう可能性をつぶし込みます。

次に、自分たちなら独自審査があるといったり融資ができると言って融資の可能性があることを示唆する発言をした後、具体的な詐欺誘導として携帯電話を購入することで信用情報機関の記録が上書きされる、更新されるなどと説明をしてきますがそのような事実はありません。

買った携帯電話はこれ以上ない高価格で買い取りをしてくれる、「買取業者ゴールド」で売ればよいなどと言ってきますがこれもグルです。携帯電話契約詐欺は買取業者と詐欺業者が裏でガっつり手を組んでます。彼らは他人名義の携帯電話をだまし取ることが仕事の内容になるからです。

だまし取った携帯電話は別のsimカードをセットにして犯罪グループに高値でレンタルしたり、在庫の少ない諸外国に転売するなどして利益を挙げます。そのため融資をするという概念が全くないのです。彼らからすれば携帯電話やアイパッドをだまし取った時点で利益が確定するため返済してくれるかもわからないような「高利貸」業をする理由が無いのです。

この詐欺の一番の問題点は買った人物に全額の負債が降りかかる点、自身名義の携帯電話が犯罪に利用されたとなるとその名義では以後、携帯電話などが購入できなくなる可能性がある点(犯罪に使われると分かってサービスを提供すれば携帯会社も責任を問われる可能性があるからです。)、一度でも商品を送ると業者が粘着し嫌がらせが激化するといった事態に陥ります。

解決をするためには早期に警察への相談をすることと同時に弁護士事務所などこうした闇金問題に精通している民間業者により過失責任を問われかねない自身の身をしっかりと守ることが大切です。無料相談窓口で被害者の置かれている立場を確認しベストな選択肢をせつめいしていくのが今の法律事務所の一般的な対応になります。

被害に遭われている方はまず法律事務所の無料相談窓口にて被害状況とおかれている立場を明確にすることから解決策を練ってください。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】プラチナキャッシング

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】03-5656-9151

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル

ALLXは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】申し込みキャンセル
迷惑メールで送られてくる文章をクリックするとこのサイトに誘導されます。会社概要や固定電話の番号、貸金業登録番号など必要な情報が一切記載されていないことから特商法と呼ばれる法律に抵触している可能性が強まります。

さらに貸金業登録を行っておりませんので出資法、貸金業法違反になり複数の法律に違反しながら営業している無登録業者=闇金との判断となります。

こうした違法サイトの多くは年月の経過により手口を変化させてきております。昨今では複数の手口を併用しているケースが多く、申込をしてきた融資希望者の状況を聞きながら柔軟に詐欺の手口を変えてきているマルチ型が対応しております。

例えば、信用情報会社の記録がブラックになっているからそのままでは融資が出来ないので携帯電話を購入して記録の上書きをすることで融資が出来ると持ちかけてくる携帯電話だまし取り詐欺。

そして、携帯電話が購入できない申込者に対しては、預け入れ融資専門なのでキャッシュカードを預からせてもらいそこに預入としてお金を振り込むので通帳と印鑑を使っておろして下さい。と持ちかける銀行口座だまし取り詐欺。

どちらも警察での分類は闇金ではなく特殊詐欺、つまり詐欺として捜査対象になっていると考えられます。特殊詐欺とは振り込め詐欺、オレオレ詐欺のことです。このことから社会問題になっている振り込め詐欺の手口の一種がこの闇金風のサイトを持つ詐欺サイトの主旨であると言えます。

高利貸との違いは暴利な金利で荒稼ぎするのではなく他人名義の商品をだまし取って転売することで利益を挙げているため融資行為自体が存在しない点です。そして悪質ないやがらせもお金を貸していないわけですから、商品をだまし取るまでが激しいという特徴を持っております。

申込をしてすぐから嫌がらせ行為が発生するというのが最大のデメリットです。

現在、こうした闇金を装った詐欺サイトが大量に存在し、毎日のように市場に出てきております。申し込みをした瞬間から被害が発生していると考え対応しなければ危険が伴います。

会社情報や自宅住所を相手に伝えている場合は嫌がらせ行為が激化する可能性が高まりますので迅速なる対応が必要になります。

無料相談窓口を設けておりますのでお手すきの際にご連絡いただければれば一般的な対応についてアドバイスを行います。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

他社で断られた方でもお力になれます。無職・生活保護・年金受給者の方でも相談に乗れます。
他店で何度も融資を子取られている、定職についていない、年金で生活している、連帯保証人なしでもお金を借りたい。ご融資の各種プランをご用意いたしました!!

【サイト名】株式会社ALLX

【記載住所】東京都新宿区西新宿7-11-3 西新宿ファインビル7F

【貸金業番号】

【電話番号】

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル

1 2 3 19