カテゴリー: 2019年7月

ABローンは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

ツイッター闇金が増加している中でもWEB型の闇金がなりを潜めているわけではありませんでした。今回、当サイトに情報が入り発覚した新しい金融サイトについて調査する必要がありましたのでその結果をこちらで書いてまいります。

サイト名は「ABローン」で会社概要をみても株式会社表記等がありませんでした。サイトのデザインなどを考えれば過去に多くの闇金サイトがこのデザインを使っていることから限りなく闇金であると思われますが色眼鏡で見ることは危険です。

どれだけ類似しているか以下の闇金サイトを確認してください。いずれのサイトも当サイトでは闇金と判断した悪質なキャッシングサイトです。被害も相当数よせられていた悪質な違法性金融サイトです。現在はすべて閉鎖されております。

ミント

キャッシングのタカラ

そのような過去の経緯もありますので会社概要を念入りにチェックいたしました、すると様々なことが分かってきました。

まず会社概要が無いことがわかります、さらに貸金業登録番号が記載されておりませんでした。この時点で99%闇金と判断しても問題ありません。
さらに住所表記に至っては枝番号が記載されておりませんので郵便物が届くことはありません。つまり住所については完全に虚偽記載であると言えます。

結論を申し上げるのであればこのABローンなるサイトは当サイトにおいては限りなく闇金であると判断致します。ちなみに他の闇金告発サイトをみてもこのABローンが闇金であると断定しているサイトが複数確認出来ました。

現在の闇金は融資行為を一切行っておりません、このサイトも例外ではなく融資をするかのような発言をしていますが実態は詐欺である可能性が高いと考えられます。手口はまだ情報が集まりきっておりませんが以下が濃厚であると思われます。

・携帯電話契約詐欺

融資をしたいけれども信用情報が芳しくないためこのままでは融資が出来ません、といったお決まりのセリフで被害者に対して融資が不可能であるかのような発言をしてきます。そこで諦めようとすると次の一手つまりは詐欺の説明を始めるのが直近数年、闇金業者が行っている詐欺手口です。

携帯電話を購入してローンの履歴を作ると信用情報が更新され結果として融資が出来るようになるといった理論なのですがそのような事実は全く確認出来ませんでした。事実、当サイトがこの理論が正しいのかをCICなど信用情報機関に直接連絡をして確認を取りましたが、担当者曰く、

「そのようなことは一切ありません、悪質商法の可能性があります」

との回答を得ました。同様に国民生活センターにも同じように問合せを行いましたが結果は変わらず担当者曰く、

「闇金の可能性があるので気を付けてください」

という回答でした。携帯電話に限らず銀行口座についても同様です。キャッシュカードを渡してくれれば預入で融資をします。アナタは通帳を使ってお金をおろして下さいなどと言ってきますがそのような行為は銀行法に違反しておりますので絶対にやらないでください。

最悪のケース、警察に逮捕されるのは闇金業者よりも先にアナタになることを知って下さい。

すでに携帯電話を購入して相手に渡してしまったりキャッシュカードを送ってしまっている場合は被害が深刻になります。

何をすればよいかわからないわからない方はキャンセル費要求等のケースを多数手がけているウイズユー司法書士事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の事を相談してください。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

ABローン

【キャッチコピー】

【サイト名】ABローン

【サイトURL】http://fine-spice.com/B8a1S/annai2.php?

【記載住所】東京都千代田区東神田1-10

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022

事務所名:ウイズユー司法書士事務所