カテゴリー: 2018年11月

グランドローは闇金

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】キャンセル詐欺

すぐに逃げることを前提とした闇金サイトであるグランドローは闇金サイトです。通常の消費者金融は自社の商品が他社と比較して以下に優れているかを説明するページが存在します。

それは貸付利率を記載したページであったりキャッチーな言葉でいかにも借りやすくって思えるようなコピーが並んでいるのです。しかしこのサイトにはそのような自社の商品を宣伝するような記述が一切ありません。これはどういう意味を持っているのか?

まずページが1枚しかないということは作ることが簡単で撤収するのもの簡単であるということです。次に最小限の申込フォームだけがあるというのはネットで完結せずに電話で不足した情報を付記してリスト化することを意味します。勤務先情報を記載させると申しみ件数が下がるためアタック出来る数が少なくなります。先のクオリティなどは数が減ってもアフィリエイト広告の経費を少なくして精度を挙げて詐欺を行うことを重視している作りですがこのグランドローは間逆であることが分かるのです。

どれだけたくさんの情報を手に入れてアタック出来るかということを考えたサイト作りなのです。これは自分たちの電話担当者が優秀であるということの裏返しなのです。

優秀というのは闇金として優秀ということですが被害者を量産するということで最悪の犯罪であると言えます。

そのため申込ページの一番上には

・携帯電話番号が繋がらない方
・メールでの連絡希望の方
希望連絡時間にお電話致しますので必ずお電話対応お願いいたします

などと書かれているわけです。つまりは、

徹底的に電話で落としてくる闇金

という結論になるわけです。必要とあれば聞き出した会社まで電話をしてくることもあると考えなければなりません。電話に出なければそれなりの行動を起こしてくる確率が他の闇金よりも高いということを理解し無ければなりません。

申込をしてしまっている方は安易に申込をしたのかもしれませんが闇金サイトと言うのはこのように全てが理論的になっておりサイト上に書かれている意味等もしっかりと裏読みする必要があるのです。

この手の闇金はいつまでも掘り起こし作業をしますので長い年月にわたって電話がかかって来ます。そして最後には集めてリスト化した情報を他の犯罪グループに転売するなどして逃げてしまいます。

甘く考えているとどこまでも状況が悪化してしまいますので闇金業者との関係を完全に断ち切る必要があるのです。何をどうすればよいかわからない方はまず法律事務所に連絡をして今の現状の確認とどのようにして闇金との関係を断ち切るかをしっかりとレクチャーしてください。

当サイトの見解では勤務先や金融連絡先として親族の連絡先を伝えている場合は法律事務所に依頼してもよいほどの被害であると考えています。

0120-629-022
事務所名:ウイズユー司法書士事務所

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

他社に負けません!初めてのお客さまでも安心してご利用いただけます。

【サイト名】グランドロー

【サイトURL】http://currentz.xyz/WSgnz9if/entry.php?id=

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】

金銭的被害や物的被害が無くても相手に個人情報、とくに勤務先や緊急連絡先と称した知人の連絡先を伝えている場合は深刻な被害に発展しております。

0120-629-022
事務所名:ウイズユー司法書士事務所