=闇金融公開情報=

【金融タイプ】申し込みキャンセル/携帯電話契約
闇金ばかりを紹介している仮審査申込サイト等を中心に被害が広がっているようです。しかしそれだけにとどまらず申込すらしていない被害者宛てにも電話がかかっていることが報告されました。

手口は携帯電話を購入させてくるタイプで信用情報でブラックとでているから他で借入れすることはできないが自社なら独自審査があるから問題無いなどとあり得ないような発言をしてきます。

闇金業者は貸金業番号を取得していないため信用情報会社に加盟する権利をもっておらずデータを参照することはできません。発言はすべて申込者の心理を考えてのことでありそのたくみな話術に騙されないようにする必要があります。

携帯電話を購入して相手に送っても融資されるどころか反映に時間がかかっているから別の会社でも契約をして欲しいとおかわり要求をされるだけです。現在、アップル社の製品はのきなみ10万円ちかい値段のため騙されると購入した台数分だけ負債を抱え込むことになります。

こうした業者の手口は特殊詐欺に分類される最悪の詐欺の1つと言われております。オレオレ詐欺、振り込め詐欺の分派の扱いです。もっとも厄介なことは被害者が生活を送る上でおおきなデメリットをしょいこむ可能性があることです。犯罪に利用された携帯電話の名義人に対して携帯電話会社が今後、商品の販売を拒否する可能性が出てきております。クーリングオフ対象外商品に指定されている携帯電話ですから自浄努力が求められているため銀行口座と同じく厳しい管理体制となってきているのはもはやだれの目にも明らかです。

警察はここ数年、詐欺業者と同時に詐欺に加担する道具屋の摘発も積極的に行ってきております。道具屋とは犯罪グループに犯罪に使っても名義がばれないようにアシストをするための業者です。昨今ではレンタル携帯電話屋、受け子を抱え込んでいるバイク便業者、銀行口座を提供する口座買取屋などがその中心的な存在でありますがのきなみ逮捕されております。

相手からコンタクトされている場合はすぐに対処する必要があります。無料相談ダイヤル等を設置しておりますので気になる方や今後の流れを知りたい方はお電話ください。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

【サイト名】フレンズファイナンス

【記載住所】

【貸金業番号】

【電話番号】03-6384-4256

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル