┃最終更新日:

ハドソン・ジャパンは闇金┃03-4329-2264/03-6757-8550

=闇金融公開情報=

【金融タイプ】申し込みキャンセル/銀行口座詐欺

このページで告知しているのは正規会社の貸金業番号と商号を勝手に使っているなりすましの闇金サイトであり、正規会社のことではないことをご理解ください。

会社概要ページには全く別の会社の情報が記載されていることから以前は別の名前で営業していたのだと思われる。

複数の広告展開をしているらしくスパムメール以外にも数多くの広告媒体から誘導されてきている悪質な闇金です。

手口も明らかになってきたのでこのスペースを使ってしっかりと危険告知をしていきたいと思います。

この闇金サイトが行っているのはいわゆる「銀行口座のだまし取り」詐欺です。具体的には申し込み後に連絡が入り、信用調査をした、与信を取ったがこのままでは貸すことは出来ないとさも信用情報機関にアクセスしたかのような発言をしてきております。

そして、そのままの融資では出来ないが銀行口座を担保にすれば融資は可能ですと持ちかけてくるとキャッシュカードを送るように要求してきます。1枚の時もあれば複数枚の時もあるようです。

そしてその後は電話をしても担当者がおざなりの対応になったり、担当者不在、電話をかけても相手が出ないといったことが頻発し最終的に逃げるようになってしまいます。

早い方だとすでにこのサイトにキャッシュカードをだまし取られた後、警察主導により口座凍結されてきており、銀行から連絡があり出向くとその場で警察を呼ばれたなど、犯罪にかかわったとして事情聴取される方も出てきました。

銀行口座は担保にはなりませんし貸し出しもできません。それは銀行法という法律でしっかりと定められており銀行のサービスはこうした法律の上に成り立っているのです。一般的には知られておりませんので甘いトークに騙されて「担保」にすれば借りられると勘違いし犯罪に協力してしまう被害者がでてきております。

口座のだまし取りは携帯電話の買取詐欺と同じで商品を送るまでは業者がとてもしつこく電話をかけてきます。また会社に電話をかけて嫌がらせをすることもありますから申し込み後にキャンセルをしたら態度が変わってしまった、会社に電話されたと言う方はもちろん、申し込み後に担当者を名乗る人物と連絡を取ってしまった場合でも早めに対応することが必要です。

警察に届け出を出しても民事不介入といわれてしまうこともあるようなので警察への相談と同時に法律事務所へ相談をしておくことでより早期に問題を解決することができると考えます。

また当サイトでも無料相談ダイヤルを設置しておりますので気になる方はこちらまでお電話下さい。

【サイトキャッチ】

【キャッチコピー】

来店不要カードローン24時間265日

【サイト名】ハドソン・ジャパン

【記載住所】東京都文京区関口1-10-8

【貸金業番号】(2)31462

【電話番号】03-4329-2264/03-6757-8550

新規に登場したサイトなので情報が不足しております、ご存じの情報をご投稿願います

【会社に電話すると脅された、携帯や銀行口座を渡してしまったという方は法律事務所の無料被害相談ダイヤルで今後の対応についてレクチャーを受けてください。】

闇金被害に関する無料被害相談ダイヤル